FC2ブログ

    針穴人【 harianabito 】

皆さん!こんにちは。 '06年からの 針穴人【 harianabito 】 の活動をブログに綴って参ります。

ALWAYS・・・

新潟のシアターで「ロボジー」を見ました 新潟のシアター・ロビー
今年 1/14(土)に旅先の新潟市内で封切映画の「ロボジー」を見て以来、シアターで邦画を見るのにハマっています(笑)



実は、私の住んでいる仙台市内の「最近のスタイル」のシアターで映画を見るというのは、初めてのことだと思います。以前から映画館で映画を見るというのは、苦手で余りなく、「昔のスタイル」での映画館でも最後に見た映画は、「阿修羅のごとく」だった様に思います。

出演 八千草薫・いしだあゆみ・加藤治子 という古い映画で、かなり小さい映画館でした。それ以来、私にとっての映画はテレビで見るモノとなってしまって、封切映画であろうと人気作品であろうと映画館やシアターに行ってまで映画を見るということはありませんでした。

ハリーポッター・シリーズだって、DVDが発売されてから購入して、家で見る形でした。家の子供達はその点、母親や友達のお母さんとしか映画館に行って流行の映画を見るしかなく、子供達にとって不幸だったかも知れません(苦笑)

ドラえもん映画を子供と一度だけ見た様な、かすかな記憶があります。その時は「昔のスタイル」の映画館でした。

そんな映画館(シアターを含む)嫌いの人が、何故最近になって、ハマってしまったのか。・・・たぶん、最近の生活に余裕が出て来たのでしょう。 しかし、金銭的余裕ではありません(笑)

「気持ちのゆとり」 とか 「日常の自由体・自然体」 辺りではないかと思われます。このまま、同じ感覚を持ち続けて今の生活が継続出来れば、質素ながらも素敵なのでは?と思います。



話を元に戻して・・・新潟市内で封切日に見た「ロボジー」は、まあ、ほどほどに面白い作品でした。私なりに気に入っています。しかし、封切初日だと云うのに、何んと、300席シアターで私と後方にカップル一組だけしか居ませんでした(笑)

「Always 三丁目の夕日'64」を2回見ました ネット座席指定出来るというシステムが各シアター系列にあることが分かったので、仙台市内で最もポピュラーなシアター( MOVIX )の会員登録(入会金500円)をしました。

会員特典を生かして、かなりデカいサイズのポップコーンとコーラの無料交換券が機械から発券されて入会金分はチャラになった様に思います。MOVIX仙台で 2D/3D の違いはあるにせよ、同じ映画を二度も見てしまいました。

「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」は、一作目から登場人物が同じで映画での過去のエピソードが関連付けられているところにその面白さがあると思います。時代背景も、ちょうど私が中学生だった東京オリンピック開催の東京を舞台としている所も親しみ易い様に感じます。

今年 1/12~15の旅行中に小学館文庫から発刊されている涌井学著作のノベライズ作品も一気に読み終えていましたので、映画の流れや登場人物のセリフも自然と耳に入って来る作品となりました。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

スポンサーサイト



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/01/31(火) 23:00:00|
  2. 最近見たシアター映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年ハリアナはじめ

「2012年ハリアナはじめ」は、東京タワー・特別展望台 からの眺望写真でした。東京タワーに登ったのは、何年ぶりなんでしょうか、記憶がありません。恐らく35年は経過しているのではないでしょうか。

10年くらい前に一度展望台へ登ろうとして、待ち時間が相当あると知り、諦めて帰ったことがあります。

今回は、平日の木曜日ということもあって、待ち時間なし。行列もなく地上150mの大展望台へ。そのまま、すぐに乗り換えて、250mの特別展望台(60階以上に相当らしいですね)へ直行しました。ここには、生まれて初めて上がりました。私が住んでいる仙台には 30階くらいのビルしかないので、もの凄い高さです(笑)

The view from Tokyo Tower

撮影には、自作の百均 6x10カメラ PRO160NC を使用し一応三脚に固定して窓にカメラを貼り付けて撮りました。口で 10数えて撮影終了。

見物人は既に スカイ・ツリー 周辺へ流れてしまったのでしょうか?ガラガラでした。タワーの下から眺めるのも久しぶりなので、ハリアナしようかなぁ~とも思ったのですが、先ずは展望台からの眺望だろうと思って、エレベータ料金 1,420円を払いに窓口へ向かったのでした。

フィルム上には記録されていますが、横方向中心から 1/3 左へズレた辺りに 東京スカイツリー が見えます。

次に、晴海埠頭 にあるモニュメントをハリアナしに行きました。都バスの東京駅八重洲口のバス停がよく分からないので、途中の 勝どき駅のバス停 を探して、そこから 晴海埠頭行きに乗車し、終点まで行きます。都バスに乗ったのもかなり久しぶりでした。

Tokyo Harumi Monument

モニュメントに辿り着いた時は、まだ明るかったのですが、三脚やらハリアナ・カメラの水平を調整している間に太陽が沈み加減で、ちょっとヤバイです。撮影時間は、6分でした。

Tokyo Harumi Monument ORIGINAL(6x10) 上の写真は、私のフリッカーサイトから貼り付けてあります。このブログを見て下さった方へのささやかなプレゼントです。←左の小さな写真をクリックしてください。オリジナル 6x10 サイズがご覧いただけます。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
東京タワー スカイ・ツリー モニュメント

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2012/01/20(金) 21:00:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬咲く花をハリアナ

昨年(2011年)12月26日(土)に東北大学片平キャンパス正門近くで咲いていた冬の花です。何という樹木でしょうか?

冬咲く花をハリアナ。何んという樹木なんでしょうか?

午後 3時すぎに撮影。針穴開放時間は 4分です。少し風が樹木を揺らしています。撮影場所は こちら です。

2012年 1月11日(水・この記事掲載日)でも咲き続けています。

東北大学片平キャンパス正門近くで咲いていました

風が少し強そうなので、樹木の途中に三脚を抱かせて樹木とカメラを一体化させて、5分で撮ったのが上です。こういう苦肉の策も考えていると楽しいです。

このブローニ 120 をヨドバシへ現像出し直前に撮ったのが、JR仙台駅から青葉通りに向かっての 下↓ です。撮影の開放時間は、20分でした。REALA ACE 100 にて。

JR仙台駅から青葉通りを眺めての夜景です

スマートフォンでのこのBLOG表示を変更しました。iPhoneもかな?私はスマートフォンだけなので、分りません。iPhone でも「パンダと白熊と熊のアニメ調の表示」にBLOGが変更されていたら、どなたかコメントに残してください。

明日の朝は早いので、・・・これまで。おやすみなさい。なお、駅での撮影場所は こちら でした。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2012/01/11(水) 23:55:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012辰年明けましておめでとうございます

辰年、明けましておめでとうございます

大黒様

2011年10月 1日(土)山形市での 杜の都針穴写真部・移動撮影会でハリアナした「大黒さま」です。カメラは、HOLGA改造カメラ6x6(F=195)で小雨の中、三脚接写したものです。

少し角度を変えてもう一枚撮りました。同じ被写体なのに違う感じに撮れました。不思議ですね。

大黒様
撮影場所は、→ こちら ← です。「こちら」をクリックすると、Yahoo! 地図が別窓で開きます。( 住所: 山形市七日町2丁目 )




話をガラリと変えて・・・。 またもや、今月 1月12日~24日まで JR東日本大人の休日倶楽部 会員向けのパス期間となります。

いや~待ってましたよ。連続する 4日間・JR東日本全線+金沢・福井のエリアで特急新幹線指定 6回まで、15,000円という切符です。私は、12~15日の 4日間で購入しました。


初日、    仙台→(はやて指定席)→東京・・・・三ヶ月ぶりの新幹線乗車です。
            都内ハリアナ、さて何処に行きましょうか?
二日目、 上野→(あさま指定席)→長野・・・・「信州そば」を昼食に食べるつもり。
            ネット検索済みです(笑)
            長野→(信越本線)→妙高高原 ~ ローカル・バスをネット検索
            ~ 赤倉温泉(泊)二食付 5,000円を発見!! しかも温泉掛け流し
三日目、 赤倉銀座~バス370円~妙高高原 直江津経由~新潟・12時過ぎ着
            新潟交通市内バスを利用してハリアナ
            東横イン会員Web割引で、3,781円で朝食付は安い・禁煙室指定
四日目、 新潟→(とき座席指定)→大宮  大宮エキュートで夕食してから
            大宮→(はやて座席指定)→仙台  ヨドバシカメラ現像依頼して帰宅


ざっと、こんな計画です。新潟市でのハリアナ被写体をネット検索していますが、果たしてどうなることやら・・・(笑)
新潟市内および近郊での被写体は、三日目 3ヵ所・四日目 1ヵ所です。

四日目の場所は、レンタカー利用なら簡単に行けるところですが、雪道事情も分からないので、いろいろ調べた結果、新潟交通ホームページ の「県内高速バス」で行けることを見つけました。ネット検索は楽しいですね。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2012/01/08(日) 23:30:00|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

針穴人【 harianabito 】

Author: 針穴人【 harianabito 】
仙台市青葉区 在住
male ・ wife, 2-sons, 1-daughter


針穴写真暦 9 年
日本針穴写真協会 会員
杜の都針穴写真部 所属

harianabito[@]infoseek.jp まで[ ] を外してお便り下さい

☆...その他にこんな事も...☆
水中写真暦 21 年
ダイビング暦 780 本
( 水中滞在 653 時間 )
Digital一眼レフ・水中世界(Flickr)

【 '13/06/15 針穴と水中写真 】Joint-Site
  針穴写真・掲載中
  水中写真・掲載中
http://www.adoberevel.com/

FC2カウンター

〔 作者 : きゃぴ堂

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

携帯電話でもご覧になれます!

QR

最新記事

BLOG特集記事のご案内

写真額装の考え方 1 2 3 4 5
写真額装の全作業 1 2 3 4
マットパネル加工 1 2
針穴写真機の製作 1 2 3
針穴の撮影方法 1 2 3 4
Omniscope製作 1 2 3 4 5 6
ふたつの栄螺堂 1 2 3 4 5 6
はまぎん作品紹介 1 2

カテゴリ

ぴあ映画生活ページ紹介 (14)
最近見たシアター映画 (13)
2015年 針穴写真 (9)
宮城県 (7)
山形県 (1)
2014年 針穴写真 (2)
2013年 針穴写真 (13)
宮城県 (1)
埼玉県 (1)
東京都 (3)
群馬県 (4)
2012年 針穴写真 (31)
宮城県 (4)
東京都 (11)
神奈川県 (3)
群馬県 (2)
新潟県 (3)
長野県 (1)
2011年 針穴写真 (29)
青森県 (2)
岩手県 (1)
宮城県 (7)
山形県 (1)
東京都 (4)
神奈川県 (1)
群馬県 (1)
長野県 (2)
富山県 (1)
大阪府 (2)
2010年 針穴写真 (46)
秋田県 (2)
宮城県 (13)
山形県 (1)
東京都 (5)
神奈川県 (1)
富山県 (4)
大韓民国(SEOUL) (4)
2009年 針穴写真 (25)
青森県 (5)
宮城県 (3)
福島県 (3)
2008年 針穴写真 (8)
水中写真 (13)
未分類 (5)

BLOG内検索で即JUMP!

リンク

日本針穴写真協会

針穴友の会  針穴友の会

このブログをリンクに追加する

問合せ入力ページへ

下記URLをクリック下さい。針穴人【 harianabito 】への問い合わせ入力ページに移動します。

http://form1.fc2.com/form/?id=512228

針穴のこと、自作カメラのこと、水中写真のこと、ダイビングのこと、何でもお問い合わせ下さい。日本針穴写真協会への加入方法、杜の都針穴写真部の活動についてもご案内します。

月別アーカイブ

最新トラックバック

<< 今日のハリアナ写真 >>

<< 東北の風景 >>
Powered by BlogPeople

ユーザータグ ( 2010/1/8~ )

PRO160NC ハリアナ ブローニ トリミング カメラ 針穴写真 harianabito ダイビング 慶良間 写真展 百均カメラ フィルム 仙台市 撮影 三脚 額装 針穴人 WPPD ソウル 仙台 針穴 パーマセルテープ ピンホールカメラ 広角 裏打ち JPPS 自作カメラ 新宿 写真 デジカメ BLOG 木製パネル ブログ 撮影時間 モニュメント 全紙 富山地方鉄道 スーパーファイン フリフリ バックシート 富士フィルム 天然ゴム ラテックス 杜の都針穴写真部 額縁 マット切り カッター 東大門 撮影ポイント シャッター時間  世界ピンホール写真デー 浅草 露出 ACROS 都内 クレーム 半切 太陽 フードコート FUJI 大韓民国 スキャンニング 富山 スキャナ ネット予約 VANHOUTENCOCOA クリスピア ケラマ JCT フリフリ棒 プリント せんだいメディアテーク Omniscope 透明感 有楽町 沖縄 裏打ちシート テスト撮影 水中写真 水張りテープ ネガフィルム たまや桜 4x5 合成写真 マイ桜 ブレンド写真 さくら COCOA 開花 銀塩 VAN 桜プロジェクト 弘前城 青森県 携帯電話 世界ピンホールデー サンゴ 慶留間 ゲルマ 久場 教育資料館 珊瑚 箱庭 愛好者 旧登米高等尋常小学校 水中カメラ 登米 ハウジング Nikon 産卵 デジタル カメラ・ライフ 全世界的イベント スライドシャッター ポジフィルム 玄光社 ガイドナンバー GENKOSHA ワイド写真 仙台一番町ぶらんどーむ ウェスティンホテル仙台 満開 PRO160NS 定禅寺通 商店街 東北大学片平 HOUTEN 針穴のバイブル タイトル 6x6 針穴撮影 プロ仕様 Velbon ビル影 6x10 遮光板 断食 外交官の家 MAT-45P モルディブ 装てん 水上飛行機 220フィルム 立体感 吹雪 撮影方法 Flickr 気軽 玩具 パクリ 有楽町マリオン  フリッカー 宮城県 横浜市 洋光台 手袋 白手袋 シート 剥離 ダンボール  企画展 リバーサルフィルム シワ 露光 photo はりあな ピンホール写真 仙台空港 オムニ写真 photograph はりあなびと Diving 宮城県女川町 ダイビング・ステージ・アリエル 空港 弘前市 どんと祭 火祭り 風習  Dog ワンコ 青森犬 ハリアナ写真 バリ 定規 山形 建築物 高層ビル 自作 ブローニーフィルム PROVIA ホーム 秋田新幹線 こまち 絞り JPEGファイル 距離 性能 オート 環境 解説 指標 実践編 話題 秋田駅 猛吹雪 画材屋 計測 会員 秋田市 ピンホール マミヤ 日本針穴写真協会 山手町 ダイレクトプリント 土崎  エレベータ  D300 夜間 夕日 西日 タワー 日没 フジフィルム 色の三原色 露出計 定義山 撮影地 適正露出 岩出山バルーンフェスティバル 大倉ダム 監視カメラ 東京国際フォーラム 警備員 地下街 伊勢丹 シャッター 青森市営バス パネル製作 F30サイズ 水刷毛 両面接着シート 内接ジャスト ホームセンタームサシ ピクセル 新青森駅 青森駅 141ビル ヨドバシカメラ ジェラシージェラート 理科室のオルガン ハングル 地下鉄5号線 永登浦市場 金浦空港 デミグラスソース 東大門歴史文化公園 T-money 韓国 特典旅行 青唐辛子 ウィキペディア Kodak 冷麺 醤油ベース 味噌ベース 針穴集合写真 フレーム 仙台駅東口 両替 換算 オブジェ ハングル語 地下鉄 ウォン 年賀状 ファンレター 百均 毛髪 F30 有明 大黒 不具合 若林区 震度 津波 大地震 HOLGA改造カメラ 上諏訪 信濃大町 東京タワー 花火 スカイ・ツリー 明善寺(山形市) 庄司屋 善光寺 長野市 黒部ダム 室堂 有明(長野) 松本市 揺れ 地震 ネット注文 マット切断 梱包材 マットパネル加工 落とし穴 機械加工 マット加工 伊豆市長 同姓同名 Yahoo!検索 Google検索 剥離紙 スプレーのり 共同浴場 霊湯大湯 弘南鉄道 大鰐線 中央弘前 大鰐温泉 ダークバック 大阪 阿波座ジャンクション 阿波座JCT スプール マイレージ 海外旅行 レベル補正 焼き増し 印刷用紙 濃淡見本 北陸本線 デジタル処理 時間計測 衝突 接触 接写 アングル 魚津 私鉄 富山駅 富山市 松川 塩倉橋 大和百貨店 ポイント切替 欅平 新魚津 宇奈月温泉 宇奈月 鐘釣 絞り値 シャッター速度 ヒストグラム 光の三原色 プリント依頼 帯域 板そば 自動レベル補正 演目 MC7 海底砂漠 ヤシャハゼ 噺家 DVD 渡嘉敷島 ヨドバシ ヨドバシ・カメラ 蔵王 リフト プログラム・モード アザハタ ニシバマ 阿嘉島 ダイバー BCD マンジュウヒトデ 中央通り シャッター通り 渋滞 シャッターチャンス 撮影意図 ビル 使用カメラ 東北自動車道 お盆 百円硬貨 駒形橋 東京スカイツリー 高速バス 表参道 代々木上原 120 加工 マスク 遮蔽 ホームセンター New百均カメラ 露出オーバー 施設 礼拝堂 画像処理ソフト 寺院  自己採点 モノクロ ハレーション 失敗 ゴム手袋 冷房 感性 現像 富山城址公園 県庁前公園 百円ショップ 筆箱缶 点呼 プリント裏打ちシート マット紙 薀蓄 記事 マット窓 45度 押上 剥離フィルム 引き抜き用紙 リスク 吾妻橋 105mmMacro 

BLOG全記事表示リンク

「全ての記事の表示」ページ・オープン