FC2ブログ

    針穴人【 harianabito 】

皆さん!こんにちは。 '06年からの 針穴人【 harianabito 】 の活動をブログに綴って参ります。

内接ジャスト

2010年の今年もあと僅か。21:15頃にこの記事を打ち込み始めています。NHK紅白を無音で見ながら・・・。HDD録画予約していますので、見たい場面は後から見ようかな、という感じです(笑)

さて、今日の記事「内接ジャスト」は、先日(2010/12/22)の記事で触れた内容にとても密接な関係があるので、取り上げてみました。その内容とは・・・

自作 Omniscope で撮った Air Port 写真2枚を全紙プリントした方の仕上がりが不満です。スキャナData をプリント依頼した時、操作端末の画面をよく確かめなかったのが、良くなかったのです。横方向の左右端が切れてしまっています。5x17.53 が 5x15.4 位に化けて縮んでしまいました(涙)・・・もったいない。実に勿体ないです。こんなパターンがあるなんて・・・。

まあ、仕方ありません諦めましょう。このプリントを使うことにします。「 また別の機会に注意しよう 」 と自分に云い聞かせる自分がいます・・・。

結局、諦め切れなかった私は、何故こういう結果になったのか原因を探るため、ヨドバシのData端末機へと向かいました。

いろいろありましたが、結局、クレームでの再プリントをしてもらいました(苦笑)
AirPort_再全紙プリント
デジカメプリント端末機で、写真Data を読み込んだサムネイル画像は、写真の全てを表示しているのに、次のプリント依頼選択画面では、拡大画像になっているのにも関わらず、横方向の両端が勝手に切られて表示されていました。これでは、最初のサムネイル表示の役割を果たしていないではないか?

これは何故か?よく解らないので、プリント受付の店員の方に聞いてみました。

デジタルカメラで撮った写真をプリントするユーザーの要望が多いため、プリントに余白を作らない様にすることが主流となったということです。外側に余白を付けない様に短い辺を拡大すれば、長い辺の両端は当然ながら切れるこになるワケです。

機械による自動処理を防ぐための手作業を「内接ジャスト」処理と云うんだそうです。別名ノートリ処理。ノートリという言葉は何度か聞いたことがありますが、デジタルプリントにも機械任せにしない手作業による処理がある云うことは知りませんでした。

そんな勝手な自動処理がされてプリントされていたなんて知らない私は、サムネイル表示のままプリントされるんだろうと思い込んで、端末機からのプリント注文としたので、前回の様な結果となってしまった・・・ということです。

いろいろあり、これはクレームには当らないと言われましたが、どうにも納得出来ず、デジタルDataプリント注文の際にも説明がありませんでしたので、多少無理を云ってクレームでの再プリントにしてもらいました。この「内接ジャスト」処理が必要なデーターでのプリントの場合は、外部メモリなどを添付して依頼することになります。

あと、1時間と少し、ブログを見て頂いて今年一年ありがとうございました。
皆さん良いお歳をお迎えください。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
内接ジャスト クレーム ブログ

スポンサーサイト



テーマ:∞写真関連情報∞ - ジャンル:写真

  1. 2010/12/31(金) 22:56:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展示パネルサイズと全紙プリントの組み合わせ

来月末と云うと凄く近い感じですが、年が変わってしまうとなると、とても遠い日の様に感じてしまうから不思議です(笑)歳も押し迫って来ました。一年って経つのが早いですね。

1月31日~2月6日の針穴写真展へ向けての準備をしています。今回新たに作品づくりをしている写真2点のプリントが仕上がって来ました。

AirPort_全紙プリントバルーン_全紙プリント 自作 Omniscope で撮った Air Port 写真2枚を全紙プリントした方の仕上がりが不満です。スキャナData をプリント依頼した時、操作端末の画面をよく確かめなかったのが、良くなかったのです。横方向の左右端が切れてしまっています。5x17.53 が 5x15.4 位に化けて縮んでしまいました(涙)・・・もったいない。実に勿体ないです。こんなパターンがあるなんて・・・。

まあ、仕方ありません諦めましょう。このプリントを使うことにします。「 また別の機会に注意しよう 」 と自分に云い聞かせる自分がいます・・・。

バルーンの方は、希望濃淡とトリミング・サイズに合っていました。どちらも未だ袋からも出していません。

展示パネルは、今回木製パネル使用を考えています。近くの ホームセンタームサシ(仙台泉店) の2階フロアーに ARC OASIS DESIGN(アーク オアシス デザイン) というショップがあり、大型パネルサイズまで販売しています。メジャー持参して大型パネルを計測して来ました。

それを画像ソフト上で貼り付け CRT で確認しました。それが、以下の通りです。

01_A1パネルにAirx2を配置した場合 02_B2パネルにAirx2を配置した場合 03_F20パネルにAirx2を配置した場合 04_F30パネルにAirx2を配置した場合 05_F30パネル縦にAirx2を配置した場合 先ずは、Air Port 写真です。どれも納まり具合は良いようです。マット・サイズは、木製パネル外寸よりも片側 6mm くらいずつ小さくなります。事前に FUJI製 マットパネルDX A4 サイズを購入して寸法計測しました。

11_A1パネルにバルーンを配置した場合 02_B2パネルにバルーンを配置した場合 13_F20パネルにバルーンを配置した場合 14_F30パネルにバルーンを配置した場合 15_F30パネル横にバルーンを配置した場合 B2パネル との組み合わせは、無理な様子です。但し、写真プリントのマット窓を小さくすれば、どのサイズでも組み合わせは可能みたいです。
これらのことを踏まえ、プリント・サイズ全紙 を最大表示し、マット部分のスペースにかなりの余裕がある、木製パネルを昨日購入して来ました。二作品とも F30サイズ としました。一度大きいパネル製作をしてみたかった、ということもあります。

水張りテープ の貼り付け方も B5パネル・サイズ を購入して、やってみました。実に簡単でした。
B5パネル・水張りテープ(38mmx35m)・水刷毛 パネルの側面一周分と重複余分 水張りテープの裏に刷毛で水をぬる格好だけ パネルの側面一周に貼り付け作業中 貼り付け完了の表側 貼り付け完了の裏側 極めて当たり前の事なのでしょうが、「 水張りテープは、紙テープに片側糊付けしたものを乾燥させたモノ 」 ということを理解しました。まだまだ、何らかの知り得ない技術が必要なのかも知れませんが、先ずはチャレンジ精神でトライして行きたいと考えています。

両面接着シートで写真プリントを貼り付けたもの ネット注文で購入の 両面接着シート を使って、写真プリントを貼り付けましたが、接着シートの凹凸がそのまま、写真表面の凹凸となってしまうので、よろしくないということが分りました。

別のネット注文での両面接着シートでも写真プリントを貼り付けて、写真表面の凹凸具合を見てみたいと思っています。あるいは、通常の裏打ちシートを貼り付けてから、両面接着シート木製パネルに固定することも検討してみようと思います。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
Omniscope 木製パネル ホームセンタームサシ F30サイズ パネル製作 水張りテープ 水刷毛 両面接着シート 裏打ちシート

テーマ:∞写真関連情報∞ - ジャンル:写真

  1. 2010/12/22(水) 06:00:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はりあな写真展

最近のハリアナでは、来年1月末からの 「第2回杜の都針穴写真展」( 主催:杜の都針穴写真部 ) に向けての準備で色々試行錯誤、現在進行形です(苦笑)

新たに出す作品 2点を決めました。額装内容もほぼ決めました。それらの作業は追々報告していくとして、今日の記事では、プリント依頼内容をお見せしましょう。先ず、1点目は、自作オムニ・カメラで以前撮っていた 6x17cm での写真 2枚を一枚のパネルに額装します。

Sendai Air Port

いつもプリントを頼んでいる、ヨドバシカメラ仙台店では、6x9 のフィルムまでしか、対応していないので、今回も自宅のスキャナで読み取った Data をプリントするスタイルです。これはもう、すでに針穴写真をプリント焼き増し依頼するというのではなく、デジカメで撮ったものを店内の端末から操作してプリント依頼するという感覚です(笑)

フィルム実寸は、2枚とも、5cm x 17.53cm です。プリントの Data は、JPEG 形式ですが、大きさに制限があるということが、昨日初めてわかりました。大き過ぎた Data を持って行って端末でハジカレてしまったというワケです。

最大ピクセルは、6,144pixel x 6,144pixel までなら OK ということです。今日、今から再度依頼しに行って来ます。いろいろなサイズに加工した Data を持ち込んで、試してみたいと思います。プリント依頼サイズは全紙です。



もう一方のプリントは、昨日すでに依頼済みです。最新ショットとなる、岩出山バルーンフェスティバル での写真です。前回 6x6 にトリミングしてアップしたものです。額装装着時にも 6x6 にカットできるように、オリジナルの 6x10 のパソコン画像を 6x7 にトリミング加工したものを濃淡見本としてプリント依頼しました。こちらの方も全紙プリントです。マット加工は今回ホームセンター店内で依頼する予定です。

Balloon

今回、いちばん時間が掛かってしまっているのは、プリント濃淡調整です。私が使っているプリンターは、エプソンの PM-A840 という購入時では一番安価な商品です。

印刷用紙は、EPSON スーパーファイン と EPSON クリスピア を使っています。光沢の違いもあり、印刷品質にもかなりの幅があって、濃淡調整は簡単に決められませんでした。

いまから、急ぎ足でヨドバシカメラに行ってきます。自宅から仙台駅近くまで徒歩で 25分というところでしょうか。ピクセル制限受付の報告は、この下に追加で綴ります。それでは行ってきます。(17:00)



先ほど(夕方)、ヨドバシに行ってきました。昨日ほどは、大きくないサイズですが、片側(横方向)が、6,144pixel をはるかに越えた 7,450pixel( x 5027pixel)のファイルでしたが、プリントOKと表示されてましたので、その Data でプリント頼んで来ました。

ナンかヨドバシ店員の方の勘違いか、操作違いかも知れません。あるいは、昨日からのピクセル制限情報は「ガセ」情報かも知れません。次回にでも 「 6,144pixel x 6,144pixel 」 を越える画像 Data を持参して再確認したいと思います。それによっては、ここの記事内容も修正もあり得ます。



写真展案内



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
写真展 杜の都針穴写真部 ヨドバシカメラ スキャナ スーパーファイン クリスピア ピクセル

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/12/11(土) 15:20:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルーンをハリアナ

先日(2010年11月20日)の岩出山バルーンフェスティバルでのネガ・フィルム現像が上がって来ましたのでアップします。

Iwadeyama Balloon Festival, Miyagi Japan

百均カメラ 6x10 ネガ・カラーで撮ったものを 6x6 サイズに切り取ったものです。画像の説明は要らない様にも思いますが・・・。

シャッターは 2回切っています。地上待機時と係留ロープで上空に止まった時です。手前も後方もどちらも係留機のバルーンです。シャッター時間は 2回とも 30秒間でした。

もっと寄りたいところですが、バルーンのガスは危険だということで、近寄りませんでした。シャッターはスライド・シャッターを使っていますので、シャッターブレはありません。フィルムは、フジ PRO160NS です。



さて、今月4日開通の新青森まで出張となりましたので、JR切符をお見せしましょう。

2010年12月4日開通の新青森まで出張です。

ポイントは、えきねっとネット予約すると購入区間によって異なりますが、仙台からは、平日20%割引・土日25%割引切符が限定数発売されているのです。

以前は仙台から青森往復切符という地域型の割引切符がありました。その時の購入価格は18,000円でした。今回は、16,560円で購入できました。何も知らずに正規の運賃(21,400円)で購入するより 4,840円安価となりました。



最後に、壁のハリアナ写真をアップします。

The Wall, Sendai 141-Building B2F

壁というよりは、波打つ残像という感じのところです。仙台141ビル地下 2階フロアのフードコートです。フィルムは先ほどと同じフジ PRO160NS、撮影時間は、75秒でした。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
岩出山バルーンフェスティバル シャッター ネット予約 青森市営バス 新青森駅 青森駅 141ビル

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/12/02(木) 23:50:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のハリアナ

今月は、かなりスカスカの針穴ブログとなってしまいました。

仕事で忙しかったワケでもなく、個人的にドウノコウノというワケもなく、ブローニをカメラに入れっぱなしにして少しずつコマ切れの様に撮ってました・・・などと言い訳ばかり。

1月末から2月にかけて 杜の都第2回針穴写真展 が仙台市内で開催されることとなりました。はっきりした日程が先日分りましたので、ここでお知らせします。

写真展案内

単発的に 4x5ネガ・カラー を珍しく撮ったりして、昨夕現像上がって来ましたので、それをアップします。

岩出山バルーンフェスティバル

完璧な失敗写真です。11月20日(土)岩出山バルーンフェスティバル に朝四時に起き(ようとして寝坊し)それでも現地に6時半に到着。

河川敷での開催にワクワクしつつも、どのようなシャッターチャンスがあるものか全く分らないことをイイことに、車の中で待機中にアッという間に20機以上が次々に飛び立って、残るは係留機だけとなってヤバ状態に。

しかも、係留機を撮ってたら、なんと一度撮ったフィルムを無意識のまま、交換せずに、そのまま二度撮りしてしまいました(涙・笑)

写真展に出す私の点数は、5点としました。内、3点は他の写真展で出した針穴作品です。新規製作は、2点と考えています。いつもの額装のタイプは、製作自体が、ちょっと飽きてきたので今回は、木製パネルのパネル購入から全て自作してみようと考えています。木製パネルでの外注先も見つけましたが、針穴人【 harianabito 】としては、試行錯誤的に自作の選択肢を選びました。

先ずは作品そのものをどれにするか?  お楽しみ、お楽しみ・・・。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
針穴 写真展 ハリアナ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/11/28(日) 01:16:27|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台でハリアナ

仙台市の水ガメの一つ、大倉ダムの奥にある「定義山(じょうげさん)」の五重塔をハリアナしました。6x10の百均カメラで撮ったものをトリミングしたものです。アップにすれば迫力抜群なのですが、6x10オリジナルは物足りなさを感じます。

Jyoge-san Gojyu-no-tou 定義山五重塔

撮影時間は、10秒でした。デジカメも持たず露出計もない快晴日に、感覚で撮りました。次に、6x10オリジナルをご覧ください。この日一枚しか撮らず同じカットのものです。

Jyoge-san Gojyu-no-tou 定義山五重塔

まあ、これはこれで、それなりに感じるものがあるのですが、撮った時のイメージが上のフンイキだったものでして、現像上がりを見て、アレマ!!と感じたわけです。

同じカメラ位置から、もう少し広角ではない(望遠とまでは云えない)4x5シートフィルム仕様となるハリアナで撮ってみましょう。

撮影地は、→ こちら[Yahoo! Map] ← をクリックしてください。



仙台市内を流れる広瀬川(ひろせがわ)に掛かる「愛宕橋(あたごばし)」の橋げたというか、裏側ですね、それをハリアナしました。かなり暗い場所なので、快晴日に狙いを定めて撮りに行きました。これも一枚きりの撮影です。

スキャナ読み込み後の画像ソフト上での適正露出にするには上端がどんどん暗くなってしまう為、適正露出にはならない状態に留めています。

Atago-oohashi 愛宕大橋

撮影地は、→ こちら[Yahoo! Map] ← をクリックしてください。


自動フリフリ機?みたいなのがあれば、挙動不審者にもならず、30分でも追加フリフリが出来るので、いいだろうなぁ・・・などと、馬鹿馬鹿しい事をマジになって考えています(笑)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
仙台 大倉ダム 定義山 トリミング 撮影時間 デジカメ 露出計 撮影地 適正露出 フリフリ

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/02(火) 20:45:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都内でハリアナ

今年(2010年)8月に都内へ出かけた時のハリアナです。
ご存知、有楽町駅からすぐ近くの東京国際フォーラムです。ここは私の長男の都内大学・入学式と卒業式でフォールに入ったことのある場所です。

いろんなピンフォーラーが、針穴写真を撮られている象徴的な場所でもあり、都内で時間が出来た隙間を狙って、私なりにハリアナしてみました。

かなり残念だったことは、1Fフロアから上のフロアには行けなかったことです。しかも、この写真撮影後に警備員に注意され、完全マーク状態となり自由に歩けなくなってしまったことでした(苦笑)

Tokyo International Forum 14:00

次に、新宿三丁目地下街でのハリアナです。

[MAP by YAHOO! JAPAN] ←こちらをクリックして見て下さい。別 Window で Yahoo! Map での撮影場所 が開きます。伊勢丹地下入口(地下 B3 出入口)近くです。天井に監視カメラがいろいろありましたので、その死角となる場所から撮影しています。暗くて撮影時間も長く、通行人は誰も写り込みません(当たり前か)

Shinjuku Sanchome Underground 19:45

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
有楽町 東京国際フォーラム 針穴写真 ハリアナ 警備員 新宿 地下街 伊勢丹 監視カメラ 撮影

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/31(日) 23:45:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芋煮会でハリアナ

先日の日曜日(2010年10月10日)、仙台・秋の恒例行事となっている 「芋煮会」 に 参加して来ました。ついでにその様子をハリアナしました。

SENDAI 芋煮会 IMONI-KAI

河川敷でやるのが正式な 「芋煮会」 なのですが、前日からの雨続きで、河原の草も湿り、不向きだということで、近くの作業室でおこないました。

「小学校・中学校の同期仲間」です。参加者は 20人を越えたんだとか。中学同期は、14クラスもあったマンモス校だったので、参加者は幾らでも増えてしまいます(笑)

サトイモ煮の味付けは、仙台は味噌ベース、山形は醤油ベースが主流なんだとか、どちらの味付けでも美味しいです。ワイワイ云いながら賑やかに野外でビールを飲み、焼肉やホルモンを焼いたりして過ごすのが楽しくて面白いです。

SENDAI 芋煮会 IMONI-KAI

会も盛り上がり、みんなで集合写真となったとき、友達の一人が 「 〇◇ちゃんがピンホールカメラで撮りますので・・・」 と云ってくれて、初めての針穴集合写真に挑戦(?)しました(笑)  トッチありがとう。

シャッター時間は、45秒と計測。果たして皆さんジッと動かず居てくれるか。ムリだと知りつつも、皆さん一つの余興として我慢してくれました。楽しかった。私も写っていますが、針穴を開けてから一番後ろに回ってしまい、中央一番奥に、かなり薄めに顔だけ写っています(悲)

デジカメでの写真もちゃんと撮りましたよ。デジカメは簡単だわ。タイマー10秒でカチャだものね。

SENDAI 芋煮会 IMONI-KAI

フレーム内に 90%くらいに撮ったつもりが、何んとこんな感じに撮れるなんて、という印象です。仕方ないので、最初のイメージサイズに合う位にトリミングしてみました。

SENDAI 芋煮会 IMONI-KAI

ティータイムということで、参加した同期生のご家族がオーナーとなって、仙台駅東口にあった 「理 科 室 の オ ル ガ ン」 へ車を相乗りして移動。かなりゆったりとした時が流れているカフェでした。

座ったテーブルのガラス花瓶と花と電球スタンドと壁と天井を20分ハリアナしました。新作メニュー「ジェラシージェラート」の新感覚デザートを美味しく頂きました。ご馳走様でした。

SENDAI 「理科室のオルガン」

【記事の訂正です】
残念ながら 「理 科 室 の オ ル ガ ン」 は、2011年12月28日に閉校されました。ブログ記事は → こちら ← をご覧ください。
2013年2月に仙台市太白区秋保町湯元字釜土1  「Pizza&Cafe 森のオーブン Dottore(ドットーレ)」 として、開店されました。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
味噌ベース 醤油ベース ピンホールカメラ 針穴集合写真 シャッター時間 フレーム トリミング 仙台駅東口

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/10/15(金) 23:45:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEOULでハリアナ(最終回)

2010年9月18日~22日に大韓民国(ソウル)に行ってきました。SEOULハリアナ旅行記の最終回です。

9月20日に撮った FUJI ACROS モノクロ・フィルムの現像が仕上がって来ましたので、先ずは、それをご紹介しましょう。

SEOUL Dongdaemun 東大門

ホテル近くの交差点です。「百均6x10カメラ」でやっと針穴写真らしさが出て来ました。何も写っていない道路では辛いだろうと思い、信号が赤で車が止まった頃を見計らってスライド・シャッターを開けました。

次に、63ビル 展望台からの眺めです。住宅群が箱庭風に撮れればイイナと思ったのですが、ほんのちょっとだけ「立体模型」風に見えなくもないのでは・・・?!(笑)

SEOUL 63 Building

モノクロ写真は以上の 2点だけでした。
SEOUL Times Square タイムズスクウェア

タイムズスクウェア前のオブジェを撮った「百均6x10カメラ」PRO160NC の現像も仕上がって来ましたので、お見せしましょう。

これは面白いと三脚を伸ばしカメラをセットし始めようとした時、スーツを来た警備員がこちらに向かって来ました。

ダメですか?という仕草をしたら、案の定、撮影ダメとのこと。タイムズスクウェアの敷地内だからかも知れませんが、野外設置のオブジェを自由に撮れないなんて・・・。

アマチュアだということは真っ先に伝えました。三脚をたたみながら、質問を投げかけました。周りでは携帯やデジカメでパチパチと撮っているのに・・・何故に私だけ?とデタラメ英語(苦笑) で反論しました。

片付けていると、同じ警備員が近づいて来たので、再び疑問をぶつけたところ、相手は韓国語が主体の様子で意思伝達も出来ないということもあって、あきらめ顔で「撮ってもいいよ」とのこと。やっと許可が下りました。

それでも警備員に監視されている様で落ち着かず、2枚だけ撮りました。撮影イメージはド・アップの広角写真だったのですが、余り近寄り過ぎると全体像を写すことが出来なくなるので、うまく撮れませんでした。下の写真は、オリジナルの 6x10サイズを 4.58x4.58サイズに切抜いたものです。何んとか見られる感じでしょうか。撮りたい写真が一発では撮れないハリアナです(笑)

このオブジェの路面に 「 DO HO SUH / KARMA 」 というプレートが埋め込まれていました。作家名と作品名と思われます。

後日、ネットで作家名を検索しましたところ、韓国アーティストで、「 DO HO SUH 」 さんという方でした。 このオブジェと同じような作品もネット上に掲載されてました。そのページは、→ こちら ← です。





SEOUL Times Square タイムズスクウェア



翌日の 9月21日は、ホテル近くの東大門歴史文化公園駅 から地下鉄5号線を金浦空港とは反対方向に 千戸(Cheonho)駅 まで行き、地下鉄8号線に乗り換えて 「 Seoul Olympic Park 」 や 「 ロッテワールド 」 などに行ってみることにしました。

最初に地下鉄乗車した頃は曇り空だったのが、江東区庁(Gangdong-gu Office)駅 で下車した頃には雨模様に変わっていました。折り畳み傘はバックに入れていましたので、極端に濡れることはありませんでしたが、これでは市内見物を兼ねたハリアナ撮影どころではありません。

近くにスーパー・マーケットらしき店を見つけたので、入ってみました。さすがに、店内でハリアナをやっても意味がないので、野菜、果物類などやお土産品となる商品をブラブラと見て回りました。むろん商品表示はすべてハングル語でした。

韓国の秋を代表する名節の 秋夕 の期間(2010年9月21日~23日)に旅行日程が重なり、秋夕 の初日ということもあって、店内は大賑わいでした。

「 ロッテワールド 」 方向に歩き出したら、赤いオブジェを見つけ、小雨になりかけた頃にハリアナしました。しかし、造形物が横に広がっているで、どの様に撮ったら良いか迷いました。オブジェ全体の 2/3 だけをクローズアップして撮ったが、下の写真となりました。

SEOUL objet 배성진,정국택

Seoul_Red_Objet_2 Seoul_Red_Objet_1 作品本体に作品名らしきものと 2名の作家名のシールが貼ってありました。デジカメ接写したものを(←左写真です。)載せます。   なお、右写真→は、ハリアナ撮影シーンです。

左上のデジカメ写真にハングル語で、배성진,정국택  とありました。 韓国語翻訳サイトで調べましたが、人名ではないかと思われます。あるいは作品名タイトルでしょうか。また、2名の作家をネット検索しましたが、人物を特定することは出来ませんでした。

再び、歩き出した頃から大雨に変わり出しました。行き先右側方向に高層マンション群を発見。ハリアナしました。慎重過ぎて空の部分が多くなり、迫力に欠ける写真となってしまいました。残念!!

SEOUL

駅間距離がこんなにも離れているなんて、雨天のためでしょうか、とても長く感じます。ホテルでもらったマップによれば、1mile(=1.61km)となっていました。地下鉄8号線の 夢村土城(Mongcheontoseong)駅 が遠く感じられました(笑)

1駅乗車して、蚕室(Jamsil)駅 で下車。いよいよ、今日の目玉?となる 「 ロッテワールド 」 です。延々地下連絡通路を歩いた後、まだ昼食を摂っておらず何処かで何か食べようと思い 「 LOTTE DEPARTMENT STORE 」 地下食品階へ地下フロアーから直接入りました。

LOTTE_store_1 Seafood_rice_soup_noodle LOTTE_store_2 仙台三越の地下食品階にも数店舗、食事を取れるところがありますが、ソウルの地下食品街では、小さな店舗にも 3人くらい座って食べることが出来るコーナーが、あちらこちらにあり、面白いというか驚きでした。その中で「麺ありご飯物あり」の店舗席に座り、「 Seafood rice soup noodle 」(左の店での ← 麺でした) を食べました。美味しいんだけど、やっぱり辛味ベースに辛いものが感じられました(苦笑)

昼食も終えて近くのインフォメーションセンターにでも聞けば良かったのですが、外は、雨・雨・雨なので地下階だけで、もうイイヤということにしました。後日、仙台に戻って検索したら、隣の建物が、「 ロッテワールド 」 の施設でした。笑ってしまいました。

先ほどの地下鉄駅に戻り、地下鉄2号線に乗り、 舎堂(Sadang)駅 で乗り換えて地下鉄4号線で ソ ウ ル(Seoul Station)駅 下車しました。今回初めてのソウル市内行きだったので、ソウル駅立ち寄りは何となく行って見たいエリアでした。地下鉄下車から駅構内へ移動中、外は雷を伴う土砂降り大雨でした。秋夕 期間に入り、帰省乗客でソウル駅構内は混雑していました。

SEOUL Station 3:40PM

ソウル駅 3:40PM での様子です。皆さん小走りに移動していて誰も写り込みません。

SEOUL Station 4:00PM

Seoul_station_16:00 こちらは、ソウル駅 4:00PM でのハリアナでした。ごちゃごちゃっと乗客が立ち止まっていましたが、15分撮影なので一人も写りません。この手の写真は幾らでも撮れてしまいます。




今回のマイレージ特典(消化)旅行でかかった費用をまとめてみました。
仙台駅~都内往復運賃( 高速バス 利用):6,600円、都内~成田空港往復運賃(JR・京成電鉄特急):2,290円、成田空港~韓国仁川空港運賃(航空会社への諸経費のみ):4,680円、成田空港と仁川空港とソウル市内の 3ヵ所で円をウォン両替:30,000円(=372,430ウォンとなりましたが、仁川空港内の市中銀行両替所が一番 お得なレート でした。)、帰国前に仁川空港でウォンを円に両替:2,000円戻り、仙台~成田空港往復での円使用:3,430円、合計金額は、45,000円でした。

Toyoko_inn_Seoul_Dongdaemun_single-A なお、ウォンとしての主な使用は、ホテル4泊支払い:193,600ウォン換算で14,000円・かなりの格安です。なんと予約の部屋は窓なしで違和感たっぷり(右写真→)でした(苦笑) このホテル は日本に営業本部がある会員制ホテルです。一般客も予約宿泊が出来ますが、会員特典として日曜と祝日が30%引き、月曜20%引きで計算されます。)、昼食・夕食・デザート類(朝食はホテル無料サービス):42,300ウォン(換算で3,400円)などでした。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ソウル ハリアナ ACROS PRO160NC オブジェ ハングル語 地下鉄 ウォン 換算 両替

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/10/09(土) 08:45:00|
  2. 大韓民国(SEOUL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEOULでハリアナ(3)

先月末に続く、SEOUL針穴のアップです。
2010年09月18日~22日に大韓民国ソウルに行ってきました。

マイレージ・バンクのマイル消化(特典)旅行で、成田~韓国仁川空港間の航空料金が無料です。手数料4,680円は請求されました。行きは、エコノミーでしたが、帰りの便はビジネスシートでした。

行きのディナーはちょっと辛い感じの弁当でしたが、帰りのランチはデミグラスソースをベースにしたビーフステーキでした。今回の旅行で焼肉系は食べなかったので、久しぶりの濃厚な味に参っちゃいました(笑)

SEOUL Kyungdong Presbyterian Church

ホテル近くに教会を見つけました。Kyungdong Presbyterian Church と書かれていました。門の外からハリアナしました。フィルムは、Kodak EKTAR 100 の 120 タイプです。撮影は、90秒でした。

SEOUL Kyungdong Presbyterian ChurchSEOUL Kyungdong Presbyterian Church

63_SKY_ART_Ticket 上左は Kodak の最後で、60秒。FUJI PRO160NC にフィルム交換したところで、急に太陽が出て 15秒でした。東大門で水冷麺を食べたあと、地下鉄で移動。63ビル を目指し Yeouinaru(汝矣ナル)駅下車で徒歩20分。

展望台チケット売場で、12,000Wを支払いエレベータ乗車。

百均カメラにモノクロフィルムが入っていたので、6x10を横にして撮ったり(現在現像中)、PRO160NC に交換して撮ったあと、再び別方角を New百均6x6カメラでハイウェイを撮ったら、6秒なので、やっぱり1台も写りませんでした(笑)

SEOUL 63 Building

12,000Wの元は取ったか?というところで、ようやく安心して、甘いコーヒー系を注文。レシートくれないから、4,300Wか 3,400Wか忘れてしまいました。

SEOUL 63 Building

次の移動先は、タイムズスクウェア です。また、20分歩いて地下鉄1号線の Yeongdeungpo(永登浦)駅へ移動し事前に調べていたガイドの指示の通り歩きましたが、目的地に辿り着かず、かなり迷いながら何んとか到着。

入口に店内撮影禁止と分るシールが貼ってありました。まあ、フロアだけでも見てみようと入ったところ、現地の人たちが、一眼レフデジカメでバチバチと店内のあちこちを撮りまくっているのには、驚きました。

そこで、2階に移動して三脚を立てずに撮影したのがこれです。

SEOUL Times Square

人が写り残らないのだから、フロアを中心にせずに上方向を向けて撮るべきでした。写している時はそれを忘れてしまうんですね(苦笑)

SEOUL Times Square

露天売りで巨峰3房を 3,000Wで購入して、地下鉄を乗換しながら東大門のホテルへ。再び Doota 7F のフードコートで自分を入れてのハリアナです。

SEOUL Doota 7F Food Court

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
大韓民国 ソウル デミグラスソース ハリアナ Kodak FUJI PRO160NC 冷麺 東大門 フードコート

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/10/02(土) 23:45:00|
  2. 大韓民国(SEOUL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEOULでハリアナ(2)

昨日に続き、大韓民国(SEOUL)でのハリアナです。

滞在ホテルは、ソウル東大門市場という繁華街近くにありましたので、その「市場」を探そうと東大門を歩き回りました。ネット上のフリー百科事典のウィキペディアによる 東大門市場解説写真の様な場所 は探し出すことは出来ず、ソウル市内の他の市場に行くことにしました。

先ずは、コンビニで地下鉄カード「T-money」を 3,500ウォンで買い求めました。
購入した「T-money」カード後から良く見たら市内バスにも利用できるタイプのものでした。Suicaの様な機能も持っています。詳細は →こちら← で確認ください。今回の旅行4泊5日の初日は除き毎日地下鉄利用でした。最終日の乗車では、ソウル市内から仁川空港まで利用して、600ウォン残で終わりました。

地下鉄乗車駅の「東大門歴史文化公園」駅で乗車前に「T-money」へ 10,000ウォンをチャージし、「永登浦市場」駅へ。地下鉄駅で「市場」と付く名前の駅を探したというワケです。東大門歴史文化公園から地下鉄5号線で12番目の駅で下車します。

ちょっと分かり辛いのが、今どの駅を通過しているのか良く分からないというところでしょうか。駅名がハングル表示と僅かな時間の英語表示しかないのです。

永登浦市場」駅に着いたら、急に雨が降り出し、持参の折り畳み傘の出番でした。市場を歩いていたら、衝撃的な売り方をしている鶏(にわとり)を見つけてしまいました。気の良さそうな韓国のおばチャンに絞めた鶏を指差しながら「Photograph OK?」と尋ね、まあ何とかOKだったので、さっそく三脚を取り出して撮影開始。なかなか旨いアングルから撮れません。それが下の写真です。針穴で撮っても、やっぱりかなりグロテスクですね。

SEOUL 金登浦市場

巨峰らしき葡萄1房を 2,000ウォンで値切ることもせずに買い求め、また、市場全体のハリアナも撮らずに次の移動先へ。

地下鉄5号線をさらに進み金浦空港へ向かいました。韓国は空港は撮影禁止らしいのですが、金浦空港に行くことが初めてなので、とりあえず行ってみることにしました。そして、空港トイレ内の壁タイルをハリアナして来ました。カメラ内でフィルムが湾曲していたらしく、波打った感じに撮れてしまいました。

SEOUL 金浦空港のとある場所

午後3時を回りホテルに戻る為、金浦空港から東大門歴史文化公園へ24駅およそ50分の乗車です。

地下鉄乗車していると、日本では見られない車内風景に出くわしました。いわゆる物品販売です(笑)  日本では、突然誰かが車内で大声で喋り始めると酔っ払いか喧嘩ですが、ソウルでは、不特定の乗客に向かって物売りの説明が始まります。口上を終えると次の車両へと移動して行きました。他の乗客は知らん顔をしていました。誰も買わない様です。

こういうヤカラもいました。先頭車両に乗っていましたら、途中駅で白い杖を持った初老の男性が乗り込んで来ました。自分のバックの中から取り出し左手に持ったのは、プラスチックの笊(ザル)でした。次にバックの中を探って何かのスイッチを入れて音楽を流し出します。なんと電車の中を流暢に真っ直ぐに歩き出しました。そして、立っている乗客にワザと(?)ぶつかりながら、それでも直進します。彼は、かなりの確率で、電車賃を払って活動している偽・盲人の物貰いです。

ホテルに戻り、暫し休憩後、ふたたび夕方の東大門の繁華街へと向かいました。今回はというか、今回も一人旅なので、賑やかなところで食事したいと願い、昼前に行った Doota(ドゥータ) へ向かいました。途中階にソファが置かれたエリアがあったので、そこのテーブルの上にカメラを置いて、撮影開始、15分間針穴開放でした。

SEOUL Doota 途中階でハリアナ

近くの子供がテーブルに乗りそうになり、あわてて阻止アピールしました(笑)

7階のフードコートで、(韓国漢字名:蛤蜊刀削面)「しじみカルグッス:しじみがたっぷり入った韓国を代表する麺」 5,000ウォン を食べながら、三脚を少し低く立てて撮ったのが、これ(  )です。

SEOUL Doota フードコート

次から次へと沢山エスカレータに乗っていましたが、8分間撮影では、まったく人影も残りません。賑やかなフードコートでした。カレーとかもありましたが、滞在中に和食は注文しませんでした。Doota(ドゥータ) のホームページにも掲載されていますが、翌日の朝5時まで営業しているとか。驚きです。

「眠らない街 Doota 朝5時まで」というタイトルを考えながら、降りしきる雨の中、時々カメラの針穴に息を吹きかけ水滴を飛ばして、10分間撮影したのが、これ(  )です。
(2010/09/19/21:20~21:30)

SEOUL Doota 眠らない街

Doota(ドゥータ)前のデザイン椅子 写真の下方に写っているものは、Dootaデザインの椅子です。
ハリアナはしませんでしたが、可愛いのでデジカメでパチリ。
日本なら、カワイイと即・盗難されてしまいそうです。




【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ウィキペディア T-money 東大門歴史文化公園 地下鉄5号線 ハングル 永登浦市場 金浦空港 フードコート 韓国 撮影

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/09/29(水) 23:50:00|
  2. 大韓民国(SEOUL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEOULでハリアナ

2010年9月18日(土)~22日(水)、久しぶりの海外旅行を満喫して来ました。

マイレージ特典というか消化を考えて、仙台からワザワザ成田経由でお隣の国・大韓民国に行ってきました。しかも、はじめてのソウル訪問という大胆な旅行でした。団体旅行でもなく観光と云うガラでもないので、結果的にハリアナ三昧となってしまいました(笑)

SEOUL Doota 10:30AM Open

8月初旬にマイレージバンクでの特典旅行を考え始め、同時に 東 横 イ ン ソ ウ ル 東 大 門 の空き状況も調べ、ほぼ同時にネット予約しました。

上の写真は、先日このBLOGでも紹介しました New百均6x6カメラ で撮影した針穴写真です。まあ、それなりに撮れていますが、意外にもかなり光漏れしていました。マスクの 5.8mmx5.8mmであるところを今回は、5.45x5.45くらいに切抜きして使用しています。

9月19日、撮影場所は、ソウル東大門Doota(ドゥータ) です。不足してきた韓国ウォンに両替するため開店時間10:30を待っている時にハリアナしたものです。1万円を129,000ウォンに両替し、さぁ~て、これで安心。

昼食は近くの食堂?で「スンデクッパ」というものを食しながら、突然、青唐辛子の強烈な辛味の洗礼を受けつつ、辛みベース料理との戦いの幕開けです。あ~ぁ(笑)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
海外旅行 マイレージ 大韓民国 ソウル ハリアナ 特典旅行 ネット予約 針穴写真 東大門 青唐辛子

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/09/28(火) 23:55:00|
  2. 大韓民国(SEOUL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

New百均6x6カメラの完成

半月ぶりのハリアナ記事アップです。

New百均カメラが、やっと完成しました(祝!!)  今日はカメラの全貌を公開しちゃいます。New百均カメラを自作し始めた時からの悩みが解決したんです。でも、試し撮りは未だしていません(笑)

試し撮りをしなくても、カメラの構造に自信があります。まあ、近々試し撮り兼用の写真をご覧頂けるかと思います。サイズは、6x6固定となります。

先ずは、カメラ針穴部の前面から拡大してお見せしましょう。カメラのベースは、ダ◯ソー販売中の105円フタ付き缶です。販売商品に 約7cmx10.5cmx2.5cmと表示されています。

New 100-Yen-Can Camera

このフタ付き缶は、一部のダ◯ソー店での商品で、仙台市内の 4店舗でも 1店舗だけにしかありません。下は、フタを開けて缶の底をお見せしたところです。缶の裏側からブローニ120フィルムの枚数を確認します。撮影時は裏窓にパーマセルテープを貼り付けています。

New 100-Yen-Can Camera

次にお見せするのが、かねてより懸案となっていたマスク固定枠となる部材を入れて、フィルムを巻き上げている状態のものです。公開写真用にわざと黒色に塗っていない部材を入れています。部材の大きな丸穴は加工後の状態です。

New 100-Yen-Can Camera

部材を黒色化する代わりにパーマセルテープを貼り付け遮蔽用のスポンジを付けた、実際の状態となるものが下です。

New 100-Yen-Can Camera

この最後の決め手となった部材もダ◯ソーの商品です。2個で105円でした。この部材を見つけるのに半年以上掛かった様な気がします(笑)

この部材で写真マスクは、5.8mmx5.8mmに固定されます。HOLGAでは、5.5mmx5.5mmを 6x6としている様なので、十分かな?と思います。

フィルム送りの部品も自作です。この部品は、ホームセンターのネジ売り場近くにねじスペーサーとして売られています。内径4mmx長さ20mmのものを加工しています。10個入りで100円でした。写真加工後の状態です。カメラ 1個に 1個使用します。

Handmade Parts

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
自作カメラ New百均カメラ 写真 加工 ブローニ 120 パーマセルテープ マスク 遮蔽 ホームセンター

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/09/16(木) 22:30:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ジャーミイでハリアナ

お盆中の2010年8月15日に都内・代々木上原東京ジャーミイ に行ってきました。目的は勿論ハリアナです。行くキッカケは、xiao_shan さんの 東京ジャーミイの針穴写真 をかなり前に見つけて覚えていたというワケです。

先日 JPPS 針穴写真展2010 会場内にて、xiao_shan さんと初めてお会いする事が出来て、この方があの方なんだ~!とか、意外と若い方なんだねぇとか、妙に感激に浸ってしまいました(笑)

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

どこかで見たことがある様な写真になってしまいました。ココは都内でも有名な撮影ポイントの様で、カメラを持った見学者が私以外にも結構ウロウロしてました。同じ施設なら、よほど違った目線でないと特徴のある写真は撮れそうもありません。

・・・などと、書いたのは、結構イイ写真が撮れたんですよ(笑) その写真はこの BLOG には載せていませんが、まぁ、当分の間、お蔵入りでしょうかね(笑)

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

礼拝堂に入って左側の側面です。3分撮りました。上の写真も同じです。

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

礼拝堂入り口の上部です。なかなか旨く撮れました。これも、3分でした。

堂内は見た目には相当明るく見えていますが、実は結構暗いので果たして、3分で絵が出ているものか疑問にも思います。そこで、長めに撮ったのが下のショットです。7分間で撮りました。画像処理ソフトを使って明るく表示していますので、フィルム端が明るくなる様に「フリフリ棒による露出改善の世界」が待っているというところでしょうか。

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

この日は、日曜日でしかも終戦記念日でした。正午はココにいました。寺院内では12:15~45に礼拝があり、その時間帯は外に出て炎天下の中、周囲を撮ってました。

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

上の写真は、6秒くらいでした。

このショットのあと、全体的に透明感が出るような「かなり露出オーバー」な写真を狙って、40秒くらいシャッターを開けてみたものの、ぜんぜん露出オーバーにならず仕舞い。いったい何分開けていたら全体が真っ白になるような写真が撮れるのでしょうか。

最後の一枚は、お蔵入りとなったショットでした。・・・不思議なことが起きたのです。私が色々考えて三脚セットした画角フレームの中に、カメラを持って外周りの天井を撮り始めた女性が、今まさに私がシャッターを切ろうとした瞬間に入ったのです。うしろ姿だったので、そのまま撮らせて頂きました(笑)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
代々木上原 撮影ポイント カメラ 施設 礼拝堂 画像処理ソフト フリフリ棒 寺院 透明感 露出オーバー

テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

  1. 2010/08/25(水) 22:50:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆中は都内でハリアナ

2010年8月14日に都内ハリアナした写真を数点アップします。

先ずは、仙台から乗車の高速バスが昼過ぎに新宿に着いて、目の前に見えたのが、東京モード学園ビルです。ここにあったのか~と驚き、すぐにハリアナしたいものの、高速バスからの持ち帰りゴミを新宿駅界隈に捨てることを考えて、ウロウロと。

そして、東京モード学園 の周りをほぼ一周して撮影ポイントを探しました。汗はボタボタと流れ落ちてきます。ヒー。

Mode_Gakuen_Cocoon_Tower 東京モード学園

使用カメラは「百均カメラ」で、フィルムサイズは、6cm x 10.6cm というもので撮影しています。シャッター時間は、12秒でした。書き残したメモに 「たぶん空は入っているだろう」 とありました。入ってて良かった良かった。三脚固定は出来ず、二脚を下の写真の手すりに絡ませていて、ちょっとブレ気味に撮っています。

Mode_Gakuen_Cocoon_Tower 東京モード学園

ヨコのは、手すりのずっと下、路上よりほんのちょっと上からの写真です。うまく手すりも入りましたね。構図としては、ほぼ目的通りです。東京モード学園ビルを少し大きめについでに西新宿ビル街も記念に撮って見ました。



次に表参道へ移動して、PRADA ブティック青山 の建物をハリアナしました。「敷地内での撮影はダメです」とはっきりと言われ、歩道エリアからの撮影をしましたが、撮影中じっとこちらを注視していました。フリフリ棒を出して撮影でもしたら、挙動不審者リストに載りそうです(笑)

PRADA, Boutique Aoyama, TOKYO

30秒撮りました。ターゲットの露出エリアは、店内の商品棚辺りに設定しました。秒数カウントは、いつもの万歩計が家の洗濯機で水没し不良となったので、口(くち)カウントをしています。 ( その後、同じ型番の万歩計を入手して現在は、正確な秒数カウントをしています。 )

PRADA, Boutique Aoyama, TOKYO

縦に撮った写真は、「空まで入らず残念写真」 となってしまいました。また、別の機会の夕方辺りにでも再度撮り直ししましょう。三脚場所は、歩道との境界に二脚セットでした。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
都内 ハリアナ 写真 新宿 ビル 撮影ポイント 使用カメラ 百均カメラ 露出 表参道

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/08/23(月) 23:55:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高速バスからのハリアナ

今日のハリアナは、高速バスからのハリアナです。 仙台から都内への移動手段として、高速バスは初めてです。いままでずっと新幹線利用でした。お盆期間中 JR では割引きっぷがなく、この際、高速バスを使おうかと思ったわけです。

3列席のリラックス車両ということもあったためか、極端には疲れませんでした。往路は昼間の乗車、都内からの復路は深夜バス利用でした。復路は車内が暑苦しくて眠ることは出来ず、ちょっと辛いものがありました。幸いにもお盆期間中での渋滞には巻き込まれませんでした。

High-Way bus 高速バスから針穴

東北自動車道でのハリアナです。最初にイメージを頭の中で膨らませてから、そっと三脚の足を伸ばしドライバーに気付かれない様に・・・。何の音かと突然振り向かれ事故でも起こされない様に・・・。

車線が白く残って絵が流れるといういつもの写真かな?と思いつつ、ここで撮らずして何の最前列かとフィルムを「百均カメラ」に装填開始。撮影露出データは、デジカメ P モード、ISO100設定で、1/80秒・f5.2 となったので、8秒というところを 10秒撮りました。一番暗いエリアを探して撮ったつもりが、なんと一番暗いエリアは、車内の影となる場所で、外ではありませんでした(笑)

High-Way bus 高速バスから針穴

首都高に入ってから、再び三脚の足を伸ばして、シャッターチャンスを狙う わたくし、針穴人【 harianabito 】 です。しかし、どの辺りで一般道に入るのか分らず、まあ一枚撮ってみようかなと思ったのが、この写真でした。

High-Way bus 高速バスから針穴

新宿到着のバスでしたので、次第に一般道への出口が分りはじめました。 トンネル手前で、混雑で止まり掛けた時に針穴(シャッター)開放を開始。もうちょっと、止まっていて欲しかったのですが、すぐに流れ始めてしまい、車両の残像が残る撮影意図とは違ってしまいました。残念。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
高速バス 仙台 都内 お盆 東北自動車道 三脚 シャッターチャンス 新宿 渋滞 撮影意図

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/08/18(水) 23:50:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴写真展2010 ・額装(5 ・額入り)

今日のハリアナは、写真展への出品の「額入り」作業です。過去の記事には、「マット切り」までしか書き残しませんでしたので、初めての記事となります。

今回の写真展に出す作品は、全紙 2点と50cm角の半切が 1点です。全紙を入れる額縁は、富士フィルムアルミ 額 縁 A29 です。この額縁が特に好きだというワケではなく、全紙の手持ち額縁がたまたま A29 だというだけです。以前にも書きましたが、私が所属しています、杜の都針穴写真部 での写真展で A29 に統一したという経緯があります。扱い易いという事も手伝って数が増えたのかと思います。

マット切りしたマット紙の裏側に写真を貼り付けたところ 額縁A29のマット紙の出し入れ部です マット切りしたマット紙に写真プリントを貼り付ける方法もそれぞれの考え方と共に個人差がある様です。私は、富士フィルム プリント裏打ちシートの説明書きに沿った処理としています。

説明書きには、次の様に書かれています。「額装の際は(天 2、3箇所、左か右に 1箇所程度)マット側にプリントをテープでとめてください。」セロテープではなく、写真用パーマセルテープを使っています。( 写真の鉛筆はピント合わせ用で意味ありません・笑 )

額縁A29 のマット紙の出し入れ部は、百円硬貨を使ってネジを 2箇所緩めて額縁の一辺を外します。額縁A29 には、透明ガラスが入っていますが、運搬時にガラスが割れることを考えて、ガラスは抜き取って写真展で展示しています。額装では、額縁自体の裏ボードとマット紙と写真プリントで隙間がありましたのでマット紙に付いてきた厚紙を入れるなどして調整します。

今回、額装完了した作品です 白いマット紙を今回初めて使ってみました。どうでしょうか。作品は、8月11日(水)~15日(日)に開催されます、日本針穴写真協会 主催の 針穴写真展2010 の会場でご覧下さい。





浅草駒形橋から見た東京スカイツリーを撮ってみましたが、遠くてゴチャゴチャしています。2010年 7月 4日(日)撮影。FUJI ACROS 100 使用、8秒でした。 東京スカイツリー , Tokyo Sky Tree

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
全紙 半切 額縁 富士フィルム パーマセルテープ 百円硬貨 浅草 駒形橋 東京スカイツリー ACROS

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/08/02(月) 23:10:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴写真展2010 ・額装(4 ・マット切り)

今日のハリアナは、写真展への出品の「マット切り」作業です。過去の記事で掲載した作業と重複する内容となっていますので、先ず過去の作業記事( 「プ リ ン ト の扱い方」  「裏打作業」  「マット切 り作業(1)」  「マット切 り作業(2)」 )を読んでください。

今日「マット切り」作業を行なって特に感じたことを中心に、かなり省略して綴りますので、ご注意ください。

MAT-45カッター MAT-45カッター MAT-45カッター MAT-45カッター,上部を下に押して刃を出したところ 先ず、今回のマット切りにも使いました MAT-45 カ ッ タ ー について紹介します。

  左の 3枚は外観です。右は上部を下方に押してを出しているところです。このカッターは、上部を下方に押し込んで、マット紙を斜め 45度 の角度で切るための道具です。私が使っている チクママット紙は 2mmと厚いです。しかし、実際の切断寸法は、2mm×√2=2.8mm となり、相当な力を要します。

MAT-45カッターの上部を外した裏側 MAT-45カッターの刃 MAT-45カッターの上部を外した下部のみ カッターは、一枚に四つのがあります。前に使ったは先の鋭さが消えてやや丸く磨り減っていました。替え刃も購入出来ますので、安心です。

 いよいよ、マット紙のマット切り作業です。最初に写真プリントの四辺の実寸を測ります。二辺だけでは不足です。写真プリントが正しい長方形や正方形に出力されているとは限らない為です。プリント面に傷が付かない様に定規の下に薄いビニールなど敷くことは当然の配慮です。

次に、写真プリントマット紙との重複寸法を決めます。これは、色々な考え方や薀蓄(うんちく)があり、一概に決められません。ご自分の判断で決めてください。私は、5mm以上 と考えていますが、これも間違っているのかも知れません。写真プリントが額から見える「マット窓」の寸法が、写真プリントとの重複寸法から、割り出されます。

マット紙の裏にカットラインを引いたところ マット切りの作業台 マット切りの作業台にマット紙をセットしたところ マット紙をマット切りした直後の裏側 マット切り完了した下に写真を置いたところ 一挙に作業の流れを写真に示します。左端は、マット紙の裏側に 2H 鉛筆でカットラインを引いたところです。このカットラインの通りにカッター刃が入れば綺麗な「マット窓」が出来上がります。2番目は、マット切りの作業台の状態です。3番目は、マット切りの作業台にマット紙をセットしたところです。

カットライン通りにカッターの刃をセットするのが、難しい作業の 1つです。けれども一番難しいのは、何回で切り抜くかということです。以前の私の記事では 3~ 4回かかると書いていました。今日の作業では 4回がやっとでした。右肩に痛みがあったも関係しています。

また、最初にカッター刃を入れる深さも、以前の私の記事には、2~ 3mm と書いていますが、今日の作業では、もっと深く刃を入れてしまい、カットラインから逸れ出した時、修正が全く効かなくなってしまいました。最初にカッター刃を入れる深さは、0.5mm ~ 1mm という感覚で良いということが改めて分かりました。その方がカットラインからのズレを予測して修正が効き易いというイメージでした。

四辺のカットが終わったのが、4番目です。そして右は、マット窓の下に写真プリントを置いたものです。今日のマット切りの自己採点は、ちょっとまけて 70点というところでしょうか(笑)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
45度 刃 カッター 写真 プリント マット紙 薀蓄 記事 マット窓 自己採点

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/08/01(日) 23:50:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴写真展2010 ・額装(3 ・裏打ち ・続き)

今日のハリアナは、「裏打ち作業」の昨日の続きです。失敗した箇所を見ましたら、何とか形を保っていました。しかし、貼り付けた糊が強力なんですね。慌てて「剥がそうとした痕跡」が残る結果となってしまいました。

けれども、何も云わなければ、気付かないかも知れません。この BLOG を見て写真展でモノクロ全紙作品を見た方は、どうぞ、気付かないフリをお願いします(苦笑)



過去にまとめた、☆写真額装は、下のページをクリックください。別Window で開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切 り作業(1)」  「マット切 り作業(2)



暑いので今日も冷房をかけて、作業開始です。残りの裏打ち 1枚の作業です。全紙カラーの作品です。ブローニ 6x10 で、今年の 針穴写真展DM にも採用された写真です。

剥離フィルムに引き抜き用紙を貼り付けたところ 剥離フィルムに引き抜き用紙を貼り付けたところ・拡大 引き抜き用紙を裏返したところ 富士フィルム製の「額装用 プリント裏打ちシート」の外装の説明書きにもありますが、裏打ちシートの糊面に貼り付いている「剥離フィルム」と添付されている「引き抜き用紙(薄い紙・茶色)」を紙テープで貼り付けたものと 拡大したものです。

右は、引き抜き用紙を裏返したところです。この上に写真プリントを乗せて、糊面が表れている箇所を貼り付けていくワケです。

説明書きを見ると、昨日書き残した 『写真内の左端のプリントを糊付けする時、一番初めに左端の中央部を糊付けして、上下の端方向に少しずつ糊付け範囲を「静かに・そっと」広げて上下端まで貼り付けて行く』 に間違いがありました。

正しくは、『写真内の左端のプリントを糊付けする時、一番初めに左端の上端部を糊付けして、下の端方向に少しずつ糊付け範囲を「静かに・そっと」広げて下端まで貼り付けて行く』 という説明が正確でした。

今日の残り 1枚は、私の説明の通りでも何もトラブルなく、数分くらいで作業を済ませました。次は「マット切り」かなと思ったら、またちょっとしたミスをやってしまい、こりゃ明日にした方がイイなと思い作業を終えました。

自分で「裏打ち」とか「マット切り」をやると、それなりにリスクも色々発生してしまいます。ご自分の判断でお金を掛けてプロ職人にやってもらうか、ご自分でリスクを背負い込むか考えてから、行動を決めて下さい。

私は、失敗も経験かなと思っていますので、しばらくはこの「自分でやってしまおうというスタイル」かなと考えています。



話題を変えて、今が話題の旬の「東京スカイツリー」のハリアナをご覧下さい。撮影は、2010年 7月 4日(日)でした。撮影に使った「New百均6x6カメラ」は広角カメラなので、当然ながらツリーは、ちっちゃくて、一応撮ったという雰囲気です。

東京スカイツリー , Tokyo Sky Tree

建設現場から浅草まで歩いて、吾妻橋の上から三脚固定で撮りました。撮影時間は 7秒、フィルムは FUJI ACROS 100 でした。当然ながら、建設中のタワーも数点ハリアナしました。地下鉄・押上駅の地上に出たところで、闇雲にバタバタと撮りましたが、さっぱり絵にならず、自主的にボツでした。

近くから、2枚撮りました。その内の 1枚が、昨日の裏打ち失敗の全紙です。いま外に出さないと記録写真に終わって、お蔵入りになるだけと思い、急きょ今年の写真展に出すことにしました。もちろん自信作です(笑)

東京スカイツリー を撮影した作品は、どうぞ 針穴写真展2010 の会場でご覧下さい。 私・針穴人【 harianabito 】 も 日本針穴写真協会 の一会員として、8月14日・午後と翌15日夕方・作品搬出作業のお手伝いに参加する予定となっています。よろしくお願いします。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ブローニ プリント裏打ちシート 剥離フィルム 引き抜き用紙 マット切り リスク 広角 浅草 吾妻橋 押上

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/31(土) 23:40:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴写真展2010 ・額装(2 ・裏打ち)

今日のハリアナは、「裏打ち作業」についてです。今日ちょっと難点と云うか、「初めての失敗らしい失敗をしてしまい」、出展作品 3点のうち 2点の裏打ちだけ終えました。残り 1点は、明日以降でしょうか。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)



久しぶりの「裏打ち」でした。忘れていることもあるかと思い、一通り上の額装作業の内容を読んで、作業に入りました。
手袋 ゴム手袋 重ねて着用 左の写真群は、作業を行うための準備です。布手袋は文具店でも売っている汎用性のあるもので構いません。  写真 2枚目の「ゴム手袋」については、私の BLOG 記事の「裏打作業」 でも解説しています。

私は、ゴム手袋は、家にあった使い捨ての「レックスグローブ」という100枚入りの天然ゴムラテックス極うす手袋のLサイズを使っています。500円くらいのものらしいです。粉付きは手に装着し易くするものです。

両手に写真の様にゴム手袋と手袋を重ねて装着すると、細かい作業のテープなどの切断や貼付に不自由さが出て、作業性が極端に落ちてしまいます。前準備などは素手で用意・準備してから、手袋等を装着ください。



2010年 7月30日、仙台は毎日雨が降ったり止んだり、暑い日が続いています。夏は、冷房を入れて部屋を乾燥させて作業に入りたいものです。

額から汗の滴(しずく)がポタリとプリント面に落ちたら、それで終わりです。それを防ぐ為の冷房です。どちらかと云うと、私は、冷房が好きなので快適に過ごせます。

今日は余りにも冷房が強いと思い、冷房を切って 2枚目の裏打ちをやり出した時、ついに、失敗してしまいました。気持ちが落ち着いていた中での失敗に放心状態。手順通りすればスムースに作業できるところを勘違いしてしまったのです。

裏打ち・引き抜きの様子 左の写真は、1枚目のプリント裏打ち作業で「引き抜き用紙」を今から正に引き抜き始めようとしている写真です。

写真内の左端のプリントを糊付けする時、一番初めに左端の中央部を糊付けして、上下の端方向に少しずつ糊付け範囲を「静かに・そっと」広げて上下端まで貼り付けて行くところを「何を勘違いしてしまったのでしょうか?」一番初めに上下端を糊付けしてしまったのです。

何んと言う、勘違いの単純ミスでしょうか。この結果、上下端の長さと裏打ち用紙の長さにズレが出て、反り上がってしまったのです。もう、ガックリです。今度からは、鉄道などでの発声点呼でね。指を指しながら・・・“センター貼付けセット・ヨ~シ!”と点検項目を声に出して確認するとか、困っちゃいますね(笑)

イヤになってしまいました。それで、3枚目の裏打作業には行けなかったというワケです。

失敗した直後に思い付きですぐに対策を講じるというのは、視野が狭くなっている時ですから、最終措置にならずに再び失敗に終わりそうな予感もするという中での対策処置。そこまでやってしまいました。よせばイイのにね。今は、書籍などの重しがそこに乗っています。マット装着で何とか誤魔化しが効かないだろうかと思っています。 この記事をご覧の方は、モノクロ作品の全紙です。写真展で注視ください(苦笑)



話しが突然変わり、富山での針穴写真です。

富山地方鉄道・特急

富山地方鉄道、新魚津から宇奈月温泉行きの特急電車・自由席での車内撮影です。電車(JRを含め私鉄など)の車内をハリアナしたことは殆んどなく、ある意味で新鮮でした。露出は電車の天井付近に合わせてシャッター時間は 15秒 でした。2両編成での運行。1両目の後方にいました。

富山地方鉄道・特急

うまく撮れたか分らず、同じアングルでまたも撮ってしまいました。たまたま、電車停車時に撮ったので、違う絵になりましたが、もうちょっと工夫が必要ですね。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
裏打ち 失敗 手袋 ゴム手袋 天然ゴム ラテックス 冷房 点呼 富山 富山地方鉄道

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/30(金) 23:20:00|
  2. 富山県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴写真展2010 ・額装(1)

今日のハリアナは、今年(2010年)も 8月11日(水)~15日(日)に開催されます、日本針穴写真協会 主催の 針穴写真展2010 へ出展する作品の額装作製について、話題にしようというものです。それだけでは、面白さも半減しますので、富山でのハリアナ写真も貼り付けることにしましょう。

今年の出展作品は、全紙サイズ 2点と半切サイズ 1点です。
自作の 「百均カメラ百均カメラ」「「New百均6x6カメラ」に「三脚固定板」を付けた撮影セットNew百均6x6カメラ」「ココア缶2針穴カメラ(フタ側と底に針穴があります)ココア缶2針穴カメラ」 で撮影しました。

昨日と今日、引き伸ばしプリントが出来上がって来ました。そのうち 1点は、久しぶりのモノクロでした。そのモノクロ、引き伸ばし依頼時の「濃淡見本」より少し濃く仕上がって来たので、本当ならクレーム対象でしょう。依頼時に「濃淡見本」を付けても「この部分の濃淡」とポイント指定することも必要だったかも知れません。

仙台から(再)モノクロ引き伸ばし依頼すると、中 7日掛かります。また土日祝日は除外されます。今日( 7/28 )クレームを出せば、中 7日( = 7/29・30・8/2・3・4・5・6 ) 引き伸ばし作業に取られ、仕上がりは 8/9 になり、写真展には間に合わなくなってしまいます。

クレームとすれば、特急工程となり早めに出来上がって来るかも知れませんが、作品の発送などもあり、心配しながら待つのも辛いので、若干不満の本日受領プリントを使うことにしました。高価( 全紙・¥5,290 )なので、ちょっとガッカリです。

ここで、富山でのハリアナを 1点。三脚で固定して前の車両が左右に揺れている場面などを撮影。途中駅で上り電車が来たので、三脚の首をそちらへ向け加えて数秒。どう撮れてこうなったのか、自分さえもわかりません(笑)

KUROBE GORGE(黒部峡谷鉄道・普通車両)

明日もしくは明後日から、出展作品を額装して行きます。先ずは、裏打ち作業ですね。「裏打ちシート」と「バックシート」は同じ意味です。要は「プリント写真の裏側に厚さ 1mm のプラスチック・シートを糊付けしてプリントを強化しシワを招かない様に、さらにはフィルムの収縮を抑えるように加工する」というものです。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ハリアナ 額装 富山 全紙 半切 モノクロ クレーム 三脚 裏打ち バックシート

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/28(水) 23:00:00|
  2. 富山県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜でハリアナ

今日のハリアナは、今年(2010年) 3月14日に横浜でハリアナした時のものです。実は、以前にもこの BLOG でも紹介した針穴画像があるのですが、今日のは、その他に撮った写真もあるので、一挙に紹介してしまおうというものです。
Yokohama's Monument
←この写真は、まもなく「日本針穴写真協会 針穴写真展2010」で一般公開されます。開催期間は、8月11日(水)~ 8月15日(日)で、都内 江東区文化センター の展示室と展示ロビーがその会場です。入場料無料でどなたでも入場できます。
Yokohama's Monument (More)
右の→写真は、フィルム撮り始めのショットです。いちおう最初のショットで 横浜ランドマークタワー に敬意を表して(?)写真の中央に配置しようかと思ったのですが、どうでしょうか。

使用したカメラは、百円ショップで購入の筆箱缶を改造したもので、フィルムは FUJI PRO160NC という今では販売されていないカラー・ネガフィルムで、撮影時間は 10秒でした。撮影したモニュメントは、横浜ランドマークタワー の東側にあります。

針穴は、現像上がりがどんな感じに写っているか、未知数の部分が多い様に思えます。逆にそれが面白い部分でもある訳で、自分の狙いの写真の通り撮れると言うのは、ちょっと難しいと思っています。

Yokohama's Monument (More) Yokohama's Monument (More) Yokohama's Monument (More) こういう風に写真に写したいんだけれど・・・と思っても、現像上がりのフィルムを見ると入れたい部分は入っているものの、こじんまりと写ってしまっていて、迫力に欠けてしまった、ということが良くあります(笑)

かと云って、同じアングルでさらに寄って撮り直して置くというのも、芸がない様な気がします。感性で一枚一枚を撮っていき偶然の結果を求めるというのがハリアナらしいと最近思うのです。

Yokohama's Monument (More)

今日のハリアナ写真は、全部 2010年 3月14日撮影で、モニュメントフィルム一本撮り切ってしまっています。あの頃は、そうだったのでしょうか(苦笑)

Yokohama's Monument (More)

横浜ランドマークタワーの建物で隠れていた太陽が、3枚目から急に現れて太陽光がモロに入ってしまい、ハレーションだらけの写真となってしまいました。太陽を直接フィルムに入れない様なアングルもあったと思うのですが、意識的に入れていることが、うかがい知れます。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ハリアナ BLOG 百円ショップ 筆箱缶 PRO160NC モニュメント フィルム 現像 感性 ハレーション

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/19(月) 23:50:00|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富山でハリアナ

今日のハリアナは、先週の平日 ( 2010年 7月 6日(火)) 初めて立ち寄ったというのに日帰りとなってしまった、富山市内での撮影です。前日の富山地方鉄道と黒部峡谷鉄道でモノクロ 1本と PRO160NC を途中まで撮ってしまっていて、残り 4枚というフィルム状態。何を撮ろうかと、市内を富山駅で無料レンタルした自転車に乗って闊歩しました。

ネットで事前に検索して行ったのに殆んど予備知識を持たない わたくし・針穴人【 harianabito 】 でした。JR北陸本線より富山駅で下車して駅併設のお土産店を物色するものの、現在、駅そのものが改装中らしく物足りなさを感じながら「富山市の繁華街に行ってみよう」と歩き出しましたが、繁華街は駅周辺には無さそうに思えました。

TOYAMA city(富山市役所・正面)

たまたま通った自転車の女性の方へ繁華街の場所をお尋ねしたところ、かなり遠くて離れているとのこと。「駅で無料レンタル自転車を借りたらどうですか」とアドバイスされました。曇り空で雨は降っていない様なので、自転車に乗ってみようと決め、富山駅構内の観光案内所に行って聞いてみました。まさにビンゴ!! そこが受付窓口でした。健康保険証を提示して、申込み書にも住所氏名年齢電話番号を書き込み、市内の観光マップを頂いて、ママ・チャリの鍵を渡され借りることが出来ました。

富 山 市 レンタルサイクル は、とても便利でした。(観光案内マップを見ながら) 駅から松川塩倉橋を横断、大和百貨店に向かいました。地階の食料品売り場へ。ずいぶん広くてゆったりとしたフロアのレイアウトだなぁと感心しつつ、お土産物を物色しました。結局、美味しそうな「白えび天婦羅」を100g足らず購入。確か 440円弱 でした。300gくらい買いたかったのですが、残り僅かで全部買い上げた形でした。他の売り場に「白えびの天婦羅」は見当たりませんでした。残念。

続いて、商店アーケード街と思われる「中央通り」を 450m くらい自転車に乗ったままさっと通りました。私が住んでいる仙台市内では、これは厳禁で即刻商店街の人に注意され下車を命じられます。あの日、たまたまだったのか、富山市の商店アーケード街はシャッター通り化が進んでいる様でした。

ちょっと離れた場所にあるネットで調べていた昼食店へも、そのまま自転車で移動。店内は平日で暇そうでした。白えび天丼と白えび刺身を食べました。

先ほどの商店アーケード街内の全国チェーンコーヒーの(ド)店へ。店内はそれなりに混んでいました。富山城址公園内は大規模に工事中でした。お城をハリアナしようかとも思いましたが、上手く撮れそうにない感じがして、止めました。次に市役所展望階に行きました。展望階を一周して、エレベータでまた 1階へ。外に出て撮ったのが先ほどの一枚でした。

市役所展望階から見つけた噴水の場所を探しました。市役所周辺を一周はしたと思います。自転車なのに車道に出て渋滞中の車の中に入ってしまったりしながら、やっと見つけました。富山県庁の隣りにある、花時計のある県庁前公園というところの噴水でした。ここで 2枚撮りました。背景に市役所展望塔を入れてなどと考えてカメラ位置を決めましたが(笑) 広角カメラの難点ですかねぇ、無駄に終わりました(苦笑)

A fountain in park(富山県庁前公園の噴水) 

飽きるほど食べた「白えび天丼」とか撮れば良かったかもしれませんね(笑)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
富山市 富山駅 松川 塩倉橋 大和百貨店 中央通り シャッター通り 仙台市 富山城址公園 県庁前公園

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/14(水) 23:55:00|
  2. 富山県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒部峡谷鉄道に乗車しました

JR北陸本線魚津駅で越後湯沢駅から乗車の金沢駅行きの「特急・はくたか号」を下車。私鉄富山地方鉄道新魚津駅に徒歩乗り換えて特急電車(乗車券900円・特急料金は100円)で宇奈月温泉駅へ向かいました。

到着後、そのまま、黒部峡谷鉄道宇奈月駅から鐘釣(かねつり)駅までの乗車予約を取り普通車両に乗車しました。7月は、やはりシーズン・オフですね。同じ車両には、一組のやや年配のご夫婦カップルと団体添乗員一人と私一人だけでした(笑)

終点の欅平(けやきだいら)駅までの乗車料金が割と高いということと本来の目的は、鐘釣駅での車両発車を駅周辺から観るという、鉄道マニア的な見物とハリアナということを考えていたからでした。鐘釣駅発の車両は、上下線とも必ず一度バックしてから出発するという風変わりなポイント切替が見られることを事前にネットから得ていました。

黒部峡谷鉄道・鐘釣駅発車(欅平行き)

上のハリアナは、発車を告げた車両が、一度100mほどバックしている様子を撮ったものなのですが、説明しても良くわからない写真ですね。しかも、二枚目に巻き上げの際慌てていい加減なセットで、二枚目と重なり、有効露光部分が少なくなったという絵です。

黒部峡谷鉄道・鐘釣駅発車(宇奈月行き)

こちらは、宇奈月方面への鐘釣駅発車風景です。電車ドアが開いている時から、ドアが閉まり、電車が100m後退した状態までを撮りましたが、こちらも何とも説得に欠ける内容となってしまいました。

最後に鐘釣駅からまた普通車両に乗り、宇奈月駅に着く間に普通車両の座席シートの間に三脚を立てて、何回かシャッターを開閉して沿線の様子をハリアナしたものを載せます。これは夕方18時頃だったので、シャッター時間を比較的長く取った様に覚えていますが、シャッター時間不明です。

KUROBE GORGE(黒部峡谷鉄道・普通車両)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
北陸本線 魚津 私鉄 新魚津 富山地方鉄道 宇奈月温泉 宇奈月 鐘釣 欅平 ポイント切替

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/12(月) 23:50:00|
  2. 富山県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴写真に画像編集ソフトを使う

今日のハリアナは、「 針穴写真に画像編集ソフトを使う 」 です。針穴写真に画像編集ソフトを使うということは、デジタル処理化させて自由に編集してしまうことと違うの??と、思われがちですが、正しくは 「 針穴写真に画像編集ソフトを活用する 」 というものです。

針穴写真を撮って現像したあと、あなたはどの様にプリントしていますか?現像所でプリントしない方もいるでしょう。そういう方の例は除外させて頂いて・・・、今日の話題は、現像所でプリント (焼き増し) 依頼する時の私の依頼方法をちょうど針穴写真の現像したものがありましたので、例を挙げて説明したいと思います。

なお、この話題は、この BLOG の 「画像編集ソフトを使っていますか?!」 の続編的内容となっています。

先ずは、フィルムをスキャンニングした直後を示します。

Rhododendron  白いツツジ

これだけでも綺麗な白いツツジです。微風の中での撮影でしたが、ブレずに写すことが出来ました。2010年 5月22日18:15 撮影でしたので暗くなりつつあります。このスキャン直後の画像をパソコン上の画像編集ソフトで手動レベル補正して、全体の濃淡を変化させたものが、次の写真です。

Rhododendron  白いツツジ

余り極端に変化するものではありませんが、画像の雰囲気が変化したと思います。このレベル補正して気に入ったものをプリントして現像所に依頼しています。せっかく調整したのですから、単なる普通紙に印刷しては勿体ありません。少なくともグレードの高い印刷用紙を使うべきです。私のプリンターは、EPSON の PM-A840 という、確か新品で 3万円弱で購入したと記憶しているものを使っています。

EPSON としては、低いクラスの機種ですが、専門印刷用紙を使うと、素晴らしいプリント仕上がりとなります。たまに光沢のクリスピアも使ったりしますが、普段はスーパーファイン紙 A4 を半分に切って A5 として使っています。

同じ様に白いツツジをスキャン直後とレベル補正したものを並べますので、ご覧下さい。

Rhododendron  白いツツジRhododendron  白いツツジ












通常は、現像依頼時に 「濃淡見本」 と 「トリミング指定」 として添付します。殆んどの場合、自動レベル補正と (手動) レベル補正のみを調整し、色の調整やバリエーションによる調整などは使わずにプリントしています。未だ色の出具合など指定したことはないので、その辺になると全くわかりません。



最後にもう一枚です。機内から撮ったものですが、これはヒドいです(苦笑)  まるで絵になりません。いくら画像編集ソフトを使っても、もはやどうにもなりません、という例です。

Mt. FUJI   富士上空 ← これだけ見ても何の写真か、よくわかりません。かなり想像して、富士山かな?という感じです。そう、機内からの富士山なんです。

Mt. FUJI (Digital Camera)













デジカメでの富士山は、上の右の通りです。さすがデジカメですね。 1/800 F5.6 ISO100 で撮っています。

機体は動く、富士山は動かない。・・・スローシャッターで、ブレたという次第です。シャッター時間記録ないのですが、1秒と云うところでしょうか。デジカメで撮ったのか、針穴で撮ったのか、見分けが付かない写真となってしまうかも知れませんが、ISO800 のフィルムを使って 1/8秒 くらいの高速シャッターで針穴すれば、富士山も少しのブレだけで納まるかな~?というところでしょうか。

スローでは撮れない被写体を無理に撮ったらこうなったという、良い失敗写真でした(笑)


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ハリアナ デジタル処理 焼き増し スキャンニング レベル補正 印刷用紙 クリスピア スーパーファイン 濃淡見本 トリミング

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/06/23(水) 22:57:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衝突!!

2010 FIFA ワールドカップ、日本 対 オランダ の中継を見ながら、後半先制され、イラつき、どうしようもないので、ハリアナ記事アップに気持ちが傾き始めました。TV はボリュームをかなり下げて、映像だけチラチラと見ています。何とか1点が欲しい。

さて、今日のハリアナは、衝突!!

A rear-end collision 1

街を歩いていましたら、普段見慣れない風景に視線が行きました。駐車している車同士が接触しているではありませんか。どちらも 「わ」 ナンバーなので、レンタカー同士です。停め方が煩雑なのか、意図的にブツケて停めたのか?判りませんが・・・さっそく、ハリアナです。

針穴カメラは、6x10 に撮れる 「百均カメラ」 でした。被写体の中心には光が回っていますが、周辺は暗くフリフリ棒の出番でしたが、持参して来なくて出番なし。2分という所を 3分半撮りましたが、やはり中心部しか出ていなかったので、見栄えのするところで 6x6 トリミングしました。

撮影状況は、下のデジカメの通りでした。

Recording conditions ボディを凹ませるほど、強烈にぶつかっているワケではないので、ちょっと見劣りしますが、この場面を如何に迫力ある写真に撮れないものかと考えた結果、まあ接写で撮って見ようということで、カメラ自体が車体に写り込まない様にと考えつつ、車両の低い位置からのセッティングとしました。

ここで、一応お断りして置きますが、実際の交通事故現場をハリアナしようとする意識は、私には全くありませんし、撮るべきではないと、考えています。

人的被災者が居ないと思われる、この種の車体接触は、ちょっと変わった街並み風景かなと思い撮影をしました。他の車両ナンバーも写らない様に配慮したつもりです。

実際、後日この近くで、別の車両が (こちらも 「わ」 ナンバー同士でした) 接触駐車してました。不思議な駐車の仕方です。

これをハリアナしていましたら、後方から視線を感じました。この駐車場に隣接する地方新聞社員証を首から下げた男性が、私のハリアナ撮影状況を 「なにやっているんだろう」 という眼差しで見ていましたので 「この接触車両の関係者ではありません」 「見慣れない珍しい風景なので撮っていました」 と伝えましたら、何も云わず立ち去りました。あ~驚いた(笑)

A rear-end collision 2

少し、アングルを変え、さらに寄ってみました。撮影時間は、2分間でした。よく晴れた日での 2分間は余計に長く感じます。以前は、タイマーなどを持参して時間計測していましたが、最近では、万歩計の表示時計を使うことが多くなりました。携帯電話も使ったことがありますが、カウントというか分単位の時計に設定しているので、秒カウント出来ません。15秒くらいまでなら、くち ( 口 ) カウントをして、かなりイイ加減な時もあります。



サッカー負けてしまいましたね。ここで引き分けて、日本もなかなかなチームだというところを見せて欲しかったです。残念です。


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
衝突 接触 百均カメラ フリフリ棒 トリミング デジカメ 接写 アングル 撮影時間 時間計測

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/06/19(土) 23:35:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FUJI PRO160NCでの針穴

時計の針が深夜零時を回った、深夜のハリアナは、フジ・フィルム PRO160NC の私の在庫リスト公開と針穴写真 2点のアップです。先ずは、エクセル2003 で作成して、JPEG フォーマットに変換してやっとアップ出来たという 「ブローニ・フィルム在庫リスト」 です。

2010_0601_Film在庫_List

ヨドバシ・カメラ仙台店とネット店から、続けざまに購入。PRO160NC 120 の在庫は、20本となりました。昨日夕方にヨドバシに寄りましたが、店頭には在庫はありませんでした。

続いて、針穴写真。先月(2010年)5月 5日に蔵王に行き、この時期には珍しくリフトに乗りましたので、下りで針穴しました。百均カメラでの 6x10.5 のオリジナル写真から。

ZAO DOWN LIFT

私のあとに乗った wife に向けて、2秒間でした。デジカメでのデータは取りをして撮影時間を決めました。P プログラム・モード ISO 100固定で、シャッター速度 1/500 絞り値 5.2 でした。針穴カメラ固有の F 値は 140 です。フィルムの感度 ISO は、160 ですが、いつも 100 で撮っています。それでも適正露出は、1秒少しだけなので、2秒としてオーバー目にしました。この辺りは、適当な読みです。

手前のグリーン・ジャケットは、ワタクシメで、リフトのロープの影が下に映っています。リフトからバックやら物やらを落下せずに無理な姿勢で撮りました(笑)この写真を 6x8 と 6x6 にトリミングしたのが、下の 2枚です。

ZAO DOWN LIFT

ZAO DOWN LIFT














どれが一番、見ごたえがありますか。インパクトを感じさせるモノは、いったい何なのでしょうか。


次のハリアナは、ビルに写った太陽と、本当の太陽と一緒に写し込んだら、「 二つの太陽 」 とタイトルを付けられるだろうか? などと考えつつ、先ずは撮ってみましょうと意気込んだものの、結果として、ハレーションが酷くてイメージした絵からはちょっと離れてしまったというものです。西日の処理というのは難しさを感じます。

THE SENDAI WESTIN

THE SENDAI WESTIN

これも 6x10.5 と 6x6 の 2つをアップしてみました。太陽のビル反射が面白いと思います。これを全紙とかにプリントすれば、また違った味わいが写真に生まれて来るような気配を感じます。撮影データも載せておきます。デジカメ・データは同条件で、ビル影面にズームして撮影し再生したところ、1/125秒 絞り値 4.7 となっていて、適正露出は 8秒でしたが、記録では、23秒撮影となっていました。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ヨドバシ・カメラ ヨドバシ ブローニ PRO160NC 針穴写真 蔵王 リフト プログラム・モード シャッター速度 絞り値

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/06/14(月) 00:30:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画像編集ソフトを使っていますか?!

先月 ( 2010年 5月 ) 末の沖縄・慶良間のダイビングから帰って来て、現像上がりのハリアナ写真をアップすることもせず、水中写真の整理をしていたわけでもなく、何となく、今日まで日にちだけが経ってしまいました。

その間、いったい何をしていたのか?と云うと、過去に録画した落語番組を DVD に保存していたもの ( 2007年 3月から現在までの、およそ 260 演目ありました ) リストをエクセル入力し、噺家単位でグループ化するなど整理していました。演目数単位で一番収録が多かった噺家は、柳家権太楼 で、16演目でした。収録番組名は、NHK の 「日本の話芸」 ・ 「笑いがいちばん」 ・ 「お好み寄席」 や BS-TBS の 「落語研究会」 などでした。 BS-J 「落語の極」 の収録もありました。

放送された全ての番組を DVD にダビングしているのではなく、私なりに 「これは保存に値する」 というものだけ残しています。ほかの噺家の悪たれを云って笑いを取ろうとするヤカラは、即座に削除対象となります(笑)

一番好きな噺家は、すでに故人の 3代目古今亭志ん朝 です。落語テレビ番組に魅せられたのは、 3代目古今亭志ん朝 が他界したず~っと後からで、それまでは、たまに都内の寄席に行ったりしてましたので、この目で高座を見た様な気もしますが、確かではありません。元々好きな落語家の一人ではありました。

若手の落語家の中では、柳家喬太郎 の「擬宝珠」などかなり面白く、将来とも有望な噺家と思えます。

・・・と、云いつつ・・・  いつもの様に、話題が大きくそれてしまいました(笑)


今日の話題は、【 画像編集ソフトを使っていますか?! 】 でしたね。

私は、針穴写真でも、水中写真でも、画像編集ソフトを愛用しています。・・・と、云っても、画像編集ソフトを一度も使ったことがない方には、何のことか分からないと思いますので、私が撮ったコンパクト・デジカメ写真を例にして 「その効果」 をイメージしてみましょう。

下の写真は、白いツツジを針穴した時のスナップです。左端は、コンパクト・デジカメで撮ったままの状態です。
白いツツジ(デジカメそのまま) 画像編集ソフトで「自動レベル補正」を実行した状態さらに、「手動レベル補正」を加えた結果の写真









5月末の明るい夕方 (18:15) に撮ったもので、ちょっと、暗めに写ってしまいました。比較的安価なコンパクト・デジカメ ( PENTAX Optio E50 ) なのでまあ、適当にしか写らなかったと云う訳です。撮影モードは、針穴撮影データ収集のために設定されていて、P ( プログラム ) モード、ISO 感度 100 固定です。この写真を画像編集ソフト編集の例題としましょう。私は、Adobe Photoshop Elements 初期バージョン を Windows XP で使っています。

確認したわけではありませんが、どのバージョンでも、「自動レベル補正」 的な機能は付いていると思います。中央の写真は、これを実行したものです。夕暮れ時の暗いカスミの様な色合いが、綺麗に取り去られているのがお判りでしょうか。そして、さらに 「手動レベル補正」 を加えて調整したものが、右端の写真です。一枚の写真を 「自分がその時に見た実際の写真へと近づけさせることが出来る」 のが、画像編集ソフトの効果です。つまり、言い換えれば、より自分が表わしたい写真画像へと変化させることが出来るというわけです。



最近の私は、針穴写真を撮る時には、リバーサル・フィルムよりもネガ・フィルムを多用する傾向にあります。ネガ・カラー・フィルム ( モノクロ・フィルムも同様だと考えています ) は、専門用語的にはどの様な表現となるか、私は知りませんが、撮影した 「濃淡の帯域幅」 が幅広く記録できるフィルムだと考えています。広い 「濃淡の帯域幅」 をうまく利用することを意識しながら、私は、撮影しようとする画の中で、光が十分に回っていない比較的暗い部分で計測して針穴撮影時の条件としています。これは感覚的なものなので、いつも一番暗い箇所というものでもありません。なお、【 針穴カメラの撮影方法 】 については、私の BLOG 内の → こちらのページ ← をチェックしてください。

ですから、太陽がモロに入っていても私は、10秒間撮ったりもします。適正露出より、オーバー目に撮っているというイメージです。フィルム現像が上がってフィルム・スキャンしたら、画像編集ソフトで自分が残したかった濃淡画像をパソコン画面上で探し見つけます。それをインクジェット・プリンタで写真用紙よりも少しグレードが高い用紙に印刷をして 「濃淡見本」 として、フィルムからのプリント依頼時に添付しています。

この 「濃淡見本」 を付けるやり方は、ラボからすればやって欲しくない手法な様です。「光の三原色と印刷色の三原色はまったく別なものである」 ということだそうですが、他に頼み様がないので私はこのやり方にさせてもらっています。 「濃淡見本と同じ色には出ませんよ」 と、プリント依頼受付時には云われ、毎回了解していますが、相手もプロですね、大きく色合いや濃淡が違ってプリントされて来たことは、今まで一度もありません。



水中写真での例も載せて置きますので、参考として下さい。先月 ( 2010年 5月 ) の沖縄・慶良間での撮影したものを使ってみました。

May 2010, Okinawa Kerama Diving

上の写真は、オリジナル写真をサイズのみ縮小したものです。これを画像編集ソフトの「自動レベル補正」のみ編集したものが、下のものとなります。

May 2010, Okinawa Kerama Diving

色の違いが判りますでしょうか。これは簡単に言って何が変わったのでしょうか、一言で云えば 「ヒストグラム」 の内容が変化したと言えるでしょう。私の画像編集ソフトのヘルプに、【 ヒストグラムは、画像の明るさのレベル別にピクセル数をグラフ化して画像内のピクセル分布を示したものです。 】 とありました。

何を云っているのか、とても理解は出来ませんが、最初のオリジナル画像の 「ヒストグラム」 と画像編集ソフトの 「自動レベル補正」 のみ実行した 「ヒストグラム」 の変化を比較すると、本来画像自体が持っている帯域幅が、全体に広がった様に感じます。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
慶良間 噺家 演目 DVD 自動レベル補正 光の三原色 色の三原色 ヒストグラム プリント依頼 帯域

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/06/08(火) 22:00:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ココア缶2針穴カメラ

本日のハリアナは、WPPD2010 で使用した 「 ココア缶2針穴カメラ(蓋穴)ココア缶2針穴カメラ蓋穴ココア缶2針穴カメラ(底穴)・底穴 」 のテスト撮影です。

普通、テスト撮影というのは本番前に試験的に写してカメラ自体を評価するものなのですが、WPPD2010 でアップした写真 ( →こちら← ) が、どう合成されたのかを確認する為の撮影となり、全く手順が逆となってしまいました(笑)

WPPD2010 への投稿(エントリー)写真は 「ぶっつけ本番」 での撮影でした。先ずはそのアップ写真を再掲載します。VAN HOUTEN COCOA 缶 (ココア100g入り缶) の蓋(フタ)側の穴と底穴の二箇所の針穴 ( 各々0.4mm穴 ) の同時開放での撮影でした。撮影時間 75秒。フジ PRO160NC 4x5シートを 9cmx9cm にトリミングしてあります。

WPPD2010

次の写真 2枚は、5月8日(土)撮影。先ずはココア缶フタ側のみで、WPPD2010 より暗く撮影時間は 5分間でした。

Pinhole Cocoa Can A hole only

簡易ダークバックで、4x5シートフィルムを交換し、同じ場所からココア缶底穴からの撮影。撮影時間は同じく 5分でした。

Pinhole Cocoa Can B hole only

別々に撮ったものを見ても判りにくいだろうと思い、パソコン画像ソフト( Adobe Photoshop Elements )で各々の画像を高さ方向で半分にして画像結合し、さらに各々の残り半分をそれぞれ不透明度 30%位にして重ねたものを下に示します。かなり見にくい合成写真となってしまいました。

PC Software A+B (Virtual composite picture)

何となく雰囲気が、一番最初の 「 フタ穴と底穴同時撮影での画像 」 と似て来たでしょうか。黒地 ( 光が当たらないエリア ) は、もう一方の針穴からの入射光によって露光されますので黒地は残らなくなります。針穴によるブレンド写真は面白いですね。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
WPPD テスト撮影 VAN HOUTEN COCOA VANHOUTENCOCOA PRO160NC 4x5 合成写真 ブレンド写真

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/05/18(火) 23:30:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JPPS・針穴写真展2010開催のご案内

JPPS 針穴写真展 2010 案内私が会員となっている JPPS 【 Japan Pinhole Photographic Society 】 日本針穴写真協会 針穴写真展 2010 が、今年も都内江東区文化センターで 8月に開催されます。今日のハリアナは、その開催のご案内と私の針穴写真です。

開催時期まで、まだ数ヵ月あります。この時期に案内をするというのは、写真展案内ハガキが出来上がりこれから広報活動をして行きましょう!!というものです。

このハガキが出来た頃より、 「さ~て、今年はどんな作品を写真展に出そうかなぁ?!」 と、JPPS 会員は思い走らせ始めるという時期となります。

横浜市磯子区洋光台の 「はまぎん子供宇宙科学館」 で、現在針穴写真を展示しています。  ( 「はまぎんこども宇宙科学館」の 【 過去の 】 企画展紹介ページは、→ こちら ← です。 )  作品 5点のうち何点かを 「そのまま流用しちゃおうかしら?」 と安直に考えたりもするのですが、さ~て、どうなりますか。新規の額装品を考えるのも楽しいものなので、これから色々と考えてみたいと思います。

JPPS 針穴写真展 2010 案内写真

上の写真は写真展案内用のハガキ印刷面です。すべて針穴カメラで撮られた作品です。このハガキを印刷するに際し、JPPS 会員から作品応募を行い実行委員会により選定された作品です。 尚、選ばれた作品は針穴写真展への出展が義務付けられています。

昨年の 針 穴 写 真 展 2009・案内ハガキ に応募し採用して頂いた ( 案内ハガキ の左上端の 6x6 写真が昨年の私の作品です。 ) ことに強く気持ちが傾いてしまって、今年の針穴写真展2010・案内ハガキにも作品を提出し応募してみようと云うことになった次第です。 Yokohama Objet

そして、今年も何とか採用して頂けました(笑・祝)

撮影地は、横浜ランドマークタワー の脇に設置されているモニュメントです。針穴で少しでも箱庭風に見えるとすれば成功と云えるでしょう。

3月13日(土)に行った翌日に初めてこのモニュメントを見つけ、ブローニ 1本を撮りました。この応募した写真は、写し始めて 2枚目のショットでした。

ネット上でこのモニュメントの制作課程を記録したページを見つけましたのでご覧下さい。→ モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー制作プロセス ← 初めてこのモニュメントの下に立ちました。

実にユニークな造形だと思いました。針穴に限らず実に多くの写真家がこのモニュメントを撮り続けたことでしょう。

1994年4月制作からすでに 16年が経過しているものとは思えませんでした。

このショットは、百均カメラの 6x10 で撮っていて本体は通路から 15cmの高さに水平に(水準器は持っていませんので、大体の感じで・・・)置いて固定しました。たいへん広角のカメラなので、正直どのくらいの範囲でフィルム面に写り込むかは、若干のもくろみはあるものの、アバウト感覚でした。10秒のシャッターでした。

3枚目からは 横浜ランドマークタワー の影から太陽が直接顔を出し始めてハレーション写真ばかりとなってしまい、落ち着いたショットは撮ることは出来ませんでした。より箱庭風には撮れ始めましたが・・・。

現像後、水平に置いたこの唯一のショットが一番透明感があり、空に向かって立体感が出ている写真だと思える様になりました。ビルに写った隣りのビル影やランドマークタワーからのビル影太陽の白い光など、撮影者も考えなかった面白い写真が撮れました。

針穴写真展には、6x10 のままでプリントして展示しようかと考えています。





【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
JPPS 写真展 モニュメント 6x6 6x10 ビル影 太陽 箱庭 透明感 立体感

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/05/12(水) 23:35:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CL Vol.5 買いました

2010_0506_書店内今日のハリアナは、CL (カメラ・ライフ) という 年4回刊行の写真誌 を買いました! という内容です。

私がハリアナを始めた頃より、かなり前からハリアナをされている方の連載記事が載るということで、CL購入証デス・・・(笑)先ず書店内での雑誌の並び方を携帯で撮ってから、( ピピッ・・・ガチャ と鳴り響き・ヤバイ! ) 即、内容を見ずにレジへ向かいました。

記事内容は、もちろん針穴のことです。ご自宅から撮ったのでは?と思われる、カッコイイ写真を載せています。

発行所は、玄光社GENKOSHA ) から。価格は、右レシートを見てください。書店道路向いの Veloce で カフェラテ・アイスを飲みながらページを探しました。

記事内容はもちろんのこと、文面そのものが しきはん さんらしく、読み応えがあります。この BLOG を読まれている方にも、ぜひお勧めします。本屋で立ち読みも結構ですが、是非購入され 「針穴のバイブル」 としてご愛読ください。

カメラ・ライフ Web Site は、http://cameralife.jp/ と雑誌内でも紹介されていました。そちらの CL People にも しきはん さんの記事が載っています。



しきはん さんの記事は、2page だけかな?と思っていましたら、別枠の CL Column 「旅人のことば」 にも記事がありました。 MUSIC についての想いを語られています。

なお、次号の カメラ・ライフ Vol.6 は、2010年7月下旬発売予定とのことです。(この辺りは後から追記しました)



そのほかのページを何となく見ていた時、一枚の写真に目が止まりました。フルレ空港_隣接I_水上飛行機( AIR_TAXI )乗り場Palm_Beach_Resort_AIR_TAXIモノクロ写真でした。思わず心の中で「懐かしい!!」 一枚の写真を見て、普段は忘れていた過去の情景が、パァ~っと目の前に思い出されるものなんですね。その写真は「モルディブ水上飛行機」でした。 10年前あたりによく出かけていたモルディブ旅行を思い出してしまいました。

こういう時、ネット検索はとても便利で楽ですね。モルディブ旅行で一番強烈な印象が残っている島は、水上飛行機 ( AIR TAXI ) で、フルレ空港そばの発着場 ( 岸壁に水上飛行機がプールしています・上左はデジカメ・スナップ ) から飛行時間 40分の ラヴィヤニ環礁 の「 パーム ビーチ リゾート 」でしょうか。( 上右は、現地到着直後スナップ )

シングルユースの追加料金を支払ってヴィラ・2階建てコテージに滞在しました。部屋には露天のシャワーやバスタブの他にジャグジーも完備してました。室内のテレビでは日本語国際放送があり邦楽ポピュラーソング・ビデオも流れていました。

目的は?もちろんダイビング三昧でした。コテージすぐそばの砂浜に常に波寄せる音を聞きながらの stay でした。ゲストは 99%がイタリア人らしいのですが、私は終始無言でした(笑) レストランでは毎日が海外映画の雰囲気でした。

当時は日本人スタッフも居て最初の施設案内には楽でした。ダイビング・センターにも金光という苗字の日本人男性インストラクターが居ました。この記事を書く前にネットで調べて見ましたら、このリゾートへの一人でのヴィラ予約は現在でも可能でしたが、日本人スタッフは居ない様です。

最初にモルディブに行く様になった頃は、北マーレ環礁 のリゾート・ホテルに何度も足を運びました。当時は、まるで何かに取り付かれていた様に飽きずに出掛けてました。いま考えると異常とも云えるくらいでした。何が楽しかったんですかねぇ??

私はいつも、スリランカ航空を利用しての旅行でした。最初の頃は、成田からスリランカのコロンボ経由でモルディブのマーレ国際航空で運行されていました。コロンボで別の飛行機に乗換えて離陸を待つのですが、「おいおい、いつになったら出発するんだよ~」という様なローカル線的な運行でした。「便名の UL は、Ultra Late の略だから諦めましょ」という話しが飛び交っていました。

徐々に運行も改善されて、成田からモルディブへの直行便へと変化し(当時、コロンボで内戦があり直行にしたらしいです)、機体も普通席全席で異なるビデオや航空データを見ることが出来るまでにグレードも上がっていきました。成田での発着、慣れた機内、リゾート・ホテルでの優雅な滞在、集中ダイビング、日に焼けた肌とケア、毎回夢心地でした。

バー環礁リーティビーチ・リゾート にも行きました。南マーレ環礁 の ビヤドゥ アイランド リゾート にも行きました。当時は 「モルディブの全環礁を制覇するんだ~」 という野望を持っていました。ナンだそりゃ!?って感じですよね。

今では沖縄の海が一番いいと思っているので、特に海外に行かなくても済んでしまいます。やはり当時は、気持ち的にもバブル全盛期だったんですね。



モルディブはイスラム教徒からなる国なので、ラマダーン の時期にも遭遇しました。首都マーレに立ち寄った時に見た、彼らの行動は「道端に唾を吐き捨てる」というものでした。街を歩くのは男性だけでしたが、誰もが、つばを吐き捨てています。これを最初に見た時は、大変驚かされました。

「例え、自分の"つば"でさえも絶対に飲み込まない」という強い信念からの行為でした。ラマダーン では市内のレストランは全て閉店となります。夕方の寺院内では色んな色のコップに飲み物を準備して、一日の 断食 が終わる 日没を 今か今かと待っている人々であふれていました。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
カメラ・ライフ ハリアナ 針穴 玄光社 GENKOSHA 針穴のバイブル モルディブ 水上飛行機 ダイビング 断食

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/05/06(木) 23:30:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPPD2010せんだいメディアテーク

WPPD2010 で立ち寄った「せんだいメディアテーク」の撮影状況を紹介します。

撮影紹介の前に施設案内から。この施設は、私が住む仙台市が全額出資している財団法人運営の建物です。場所は定禅寺通 (じょうぜんじどおり) と呼ばれる欅(けやき) 街路樹 にあります。毎年9月第2土日に行われる 「 定禅寺ストリートジャズフェスティバル 」 開催エリアにあります。施設へのアクセス案内は → こちら ← をどうぞ。

WPPD2010に 「New百均6x6カメラ」 で撮った写真を載せていきます。
針穴人harianabito 】 world へ ようこそ 』

WPPD Sendai Mediatheque

館内撮影許可プレートを借りた 7Fフロア 非常階段から頭上を見上げてのワイド写真です。シャッター時間は 6秒でした。次に、同じ階段エリアを上から見下ろしたワイド写真です。このショットはこのカメラの超広角の特徴をよく出しています。

WPPD Sendai Mediatheque

階段で撮影中_1階段で撮影中_2階段で撮影中_3三脚足が写り込まずに何とか撮影できました。比較的明るい非常階段で、最初は 10分と計測しましたが、階段が黒系なので撮影中に 2分延長。その直後にさらに延ばして 15分でシャッターを閉じました。その間、私自身は写らない様にウロウロし階段を歩き回って撮影状況をデジカメ(ストロボなし)で下から撮ったりしてました。

次に、太陽が沈み館内照明が外壁ガラスに反射し始めたのを見て、撮影したのが下のシーンです。4分の撮影でした。私とカメラが写っています。左下の黒いエリアに金属反射がありますが、それがカメラです。

WPPD Sendai Mediatheque

次のシーンは、ほとんど同じポイントから左方向に向きを変えて撮りました。暗く写ってしまい、撮影時の色合いも覚えていませんでしたので、PCソフト上で「諧調の反転」をしてみました。撮影時間は、2分でした。

WPPD Sendai Mediatheque

仙台駅近くのヨドバシカメラ仙台店へ現像依頼のため、市内を撮影ポイントを探しながら移動、仙台駅近くの PARCO 9F レストランフロアから、夜の仙台駅周辺を撮りました。ガラス面から余り離さずにセットしたのにも関わらず、意外や意外! しっかりとカメラ背後のレストラン照明などが写っています。こういうのも面白いかも ( 自己満足ですね )

WPPD Sendai Station Area

「New百均6x6カメラ」と「三脚固定板」「New百均6x6カメラ」に「三脚固定板」を付けた撮影セット本日紹介の写真はすべて 「New百均6x6カメラ」 でした。今回初公開となります。本体は百均で購入したツール缶です。ブローニ・フィルムがちょうど入ります。

シャッターを切る方法は、撮影開始に手動スライドシャッターを滑らせて左の様に針穴部を開放します。撮影終了にはスライドシャッターを滑らせて閉じる、これだけです。スライドシャッターは「シャッター開閉時にブレない様にしたいため」です。このシャッターでは、「おおよそ」という感覚での 1秒が限界です。

このカメラでは PRO160NCフィルムしか使いません。例えば、ISO800 フィルムを入れて 1/8秒くらいで撮りたいと云う場面では、6x10 の「New百均カメラ」を別タイプのシャッター に交換して撮影します。【 ※ 注Ⅰ ※: 最下部参照 】

ある日、このカメラを見て(左写真の)缶穴が「可愛い!!」と云われてしまいました(笑) トリマーという工具でドリル穴を大きくする時にこの穴に偶然になってしまったというわけです。

カメラ内部は未完成です。その時その時で内容が変化しています。とりあえず、私だけが撮ることが出来ると云う、愛用の抜群カメラとなっています(笑)そのうち 「New百均6x6カメラ」という名前も「New百均フレキシブ・カメラ」などというモノに変わるかも知れません。もう少し研究して行きたいと思います。



【 ※ 注Ⅰ ※ 】 ここでお断りしますが、私は、あくまでも手動シャッターを心掛けていますので、1/8秒くらいで撮りたい場合でも手動で行っています。「機械式シャッターによる針穴撮影」や「デジタルカメラ利用の針穴写真」については、記事の掲載予定はありません。私は Nikon D300 を持っていますが、水中写真機材としての位置づけです。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
WPPD せんだいメディアテーク 仙台市 定禅寺通 針穴人 harianabito ワイド写真 カメラ スライドシャッター フィルム

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/05/05(水) 22:38:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPPD2010を振り返って

今日のハリアナは、2010年4月25日に行われた「WPPD2010を振り返って」と題し撮影状況をお話ししましょう。仙台市内の針穴友の会( 杜の都針穴写真部 )から、WPPD 当日撮影会参加?を聞かれましたが、単独撮影を希望し今年も一人で、WPPD-2010 を楽しみました。

撮影を始めたのは、午後1時過ぎでした。おおよその撮影ポイントは、頭の中で決めていましたが、最初の撮影ポイント前の満開のところで足が自然と止まり、三脚の足を伸ばし始めていました。



・・・この様な書き出しの日は、記事の内容がダラダラとしてしまう傾向にあります(笑)ので、最初に私の WPPD 掲載ページを示したいと思います。下の矢印内 WPPD2010の私のページ をクリックして下さい。

WPPD2010の私のページ ← 別 Windowで開きます。画像sizeは、700x700 でアップされています。また、写真だけ見る方は、下の 650x650 size画像をご覧下さい。写真をクリックしますと私の Flickr-Site へ ( Flickr の使い方を参照ください )別 Window で開きますが、画像sizeは、500x500 と最も小さくなります。

使用した 「 ココア缶2針穴カメラ (A・B) 」 は、商店街の路面に直接置きました。丸いココア缶なので転がらない様に工夫しています。写真の上部の時計台を確実に写り込む様にカメラ位置を決めました。残念ながら缶のフタと底からの画がズレてしまいました。撮影時間は片方だけなら、2分のところ、同時開放なので半分の時間と考え、1分のところを少し長めにして針穴部を閉じました。

WPPD2010



ここで愛用の三脚を紹介します。2008年6月 に購入した手提げバックの中に納まるモノを使っています。収納状態で 35cm です。5段式です。三脚足に「Velbon Sherpa Active」と書かれていて雲台には「Velbon QHD-41」とあります。中心のエレベータスライド棒は、途中のネジ位置で取り外せます。この「Velbon Sherpa Active QHD-41」だけでモノが特定されるか分かりませんので、確認のため Yahoo! 検索してみました。

検索に合う内容のブログを見つけました。三脚の写真と詳しい説明が載っています。ブログ名は、→ camera好きoyaji ← です。2009年10月02日の「三脚」記事ページに飛びます。(トラックバックURLがありましたが、excite会員専用とのことで機能するか判りませんが、トラバしてみました。コメント入力欄は見つけられませんでした。)

この三脚はとても使い勝手がいいです。とは言っても、他の高額三脚を使ったことがなく参考にはならないと思います(汗) 凹凸路面上に針穴カメラを固定する時などに重宝しています。

WPPD Sendai Ichibancho Vlandome

【 上の写真は、WPPD当日に「New百均6x6カメラ」( 未完成品につき内容は非公開・笑 )で撮影したものです。ブローニ120 フジ PRO160NC シャッター時間は、30秒でした。WPPDエントリー写真の撮影場所とは少し離れていますが、同じ「仙台一番町ぶらんどーむ商店街内です。 】



今年の WPPD(世界ピンホール写真デー) 4月25日の撮影に使用した「ココア缶2針穴カメラ」説明については、すでに 2010年4月26日掲載記事 「 Worldwide Pinhole Photography Day 」で紹介しています。カメラ外観はコチラ ⇒ 「 ココア缶2針穴カメラ (A・B) 」 をクリックして下さい。

WPPD当日の写真の成果は、4x5シート4枚とブローニ120ネガ1本でした。現像仕上り予定は、4月30日にブローニ1本、5月6日に4x5シート4枚の予定でしたので、投稿(エントリー)は連休後になるかな?と考えていました。何度か仕上がり予定が早まって受領したことがあるので、4月30日正午受取を夜に行ったところ、全部現像出来上がっていました。連休が有効に使えるとホッとしました。と云いますのも、私としては最初から 4x5シート写真 にしたかったのです。WPPD参加で、たまには風変わりな写真もイイかなぁ、と思ったわけです。

WPPD Cherry Blossoms and "(New) The Westin Sendai"

【 上の写真もWPPDの日に「New百均6x6カメラ」で撮影しました。シャッター時間は、5秒でした。東北大学片平キャンパス北門近くの並木です。今年のは遅く咲いて満開期間も長かった様に思えます。満開の後方に立つビルが、2010年8月1日オープンの ウェスティンホテル仙台 です。建物が白く飛んでしまいました。 】



WPPD撮影は全てネガフィルムを使いましたが、受取り後、すぐにフィルムを確認したところ、予想の本命写真は「何だコリャ!?」という内容となっていました。ブレンドどころではありませんでした。一度もテスト撮影しないで一発で成功を試みたのか現実となってフィルムに現れました(苦笑) 4x5シート写真の中に 「何とかモノになるかも知れない」 と思った写真をWPPD2010エントリー写真に決めました。

WPPD Cherry Blossoms

【 上の写真もWPPDに「New百均6x6カメラ」で撮影したものです。考えてみると初めてハリアナでを撮りました。枝が長くて僅かな風でも揺れて落ち着くまで、ゆっくりとした時間が流れていました。遠くに見えるのが、今年(2010年8月)オープンの ウェスティンホテル仙台 です。お値段的に近寄れそうにないイメージがあります。 】



エントリー写真は、ちょっと判り辛い内容となっています。4x5シートフィルムでしたが、画像にインパクトが感じられず、パソコン画像ソフトで左右の路面部分を切り取り 9cm x 9 cm の正方形にしました。

右側部の街並みをよく観察すると、似通った「案内と照明器具」が見えます。私が考えて得たことは「上端が下端につながっているのではないか」ということです。未だ、このカメラで片方ずつの針穴で撮ったことがないので、よく解りませんが・・・。機会を見つけて同じ場所で片方ずつ撮って確認してみましょう。

仙台一番町ぶらんどーむ商店街の位置は、→ MAP ← 左の矢印内の MAP をクリックしてください。開いた地図の D-3 エリアには「ぶらんどーむ一番街」と書かれています。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
仙台一番町ぶらんどーむ 商店街 東北大学片平 ウェスティンホテル仙台 三脚 Velbon ブログ PRO160NC 満開

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/05/02(日) 23:45:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Worldwide Pinhole Photography Day

きのう(2010年)4月25日(日)は、Worldwide Pinhole Photography Day世界ピンホール写真デー ) でした。

毎年一日だけ(4月の最終日曜日に)開催される全世界的イベントです。世間一般的には、まだまだ全然知られていない開催イベントと云えるでしょう。世界各国での 00:00~23:59 の間に針穴カメラで撮影した写真を5月末日までの期間中にネット指定サイトにアップし、世界中の人達で共通のイベントを楽しもうと云うものです。

開催趣旨は → こちら ← を見てください。「なるほど!」と考えさせられるテーマが見え隠れします。来年以降も開催されます。今年参加出来なかった方は、来年参加出来る様に準備をしましょう。あなたも意外と簡単に、針穴写真愛好者になれますよ。

先ほど(2010/04/26 20:15現在)、そのサイトの WPPDギャラリー を見ましたら、すでに700人以上の人達がアップしてました。この世はハイ・スピード時代。「いかに素早くアップさせて掲載されるか」ということに力を注いでいる人々もいるのです。

私の針穴写真の WPPDギャラリー へのアップは、たぶん5月連休前後になると思います。このページにもアップ写真を追加掲載したいと思います。現像上がりの印象とかで、新しいページも書くことになると思いますが・・・。

私は、昨日(2010年4月25日)午後から一人で撮影開始しました。3台の針穴カメラを事前に準備し、結局2台のカメラで撮りました。
ココア缶2針穴カメラ(A穴)ココア缶2針穴カメラ(B穴)特に今年は、xiao_shanさん 作の 「バンホーテンカメラ」 のパクリ版 「ココア缶2針穴カメラ」 をこのWPPD用に作りました。ココア缶は、xiao_shanさん が作られたものと同じ 「VAN HOUTEN COCOA(内容量100g)缶」 利用です。二つの外観写真で一つのカメラです。つまり、ココア缶のフタ側と底側に各々針穴部があります。同時に二つ開けたらグチャグチャの写真となるのかしら?頭では、こんな写真なんだろうなぁと思ったりしてました。フィルム面の半分から1/3を覆い隠して撮影したりもしました。旨くブレンドすればいいんだけれど・・・。

針穴の理論値は、直径0.366mmでしたが、久しぶりに穴開けしたと云うこともあって、直径0.40mmとなってしまいました(笑)  その結果、カメラとしての最大長さは103.3mmで、ガイドナンバーは、F256となり、偶然にも 自作オムニ・カメラ と同じとなりました。また、試験撮りをしなかったと云うか、する時間も無くなってしまい、ぶっつけ本番での撮影でした。4x5シートのフジPRO160NCネガフィルムを使いました。ネガフィルムの場合、多少露出オーバーとなってもポジフィルムよりは、ダメージが少なくて済む傾向となりますので、愛用しています。4x5シートは4枚用意して撮影に望みましたが、最初の一枚目は明らかな失敗をしてしまいました。残り3枚のうちの1枚が、大いに期待できるシートとなります。何とか写っていて欲しいものです(笑)

この 「ココア缶2針穴カメラ」 による撮影が完全失敗に終わっても、今年のWPPDに何かしら残せる様に安全を考えて、自作カメラ 「New百均6x6カメラ」 で、ブローニ120・ネガフィルムのフジPRO160NC を1本撮影しました。何かと問題の多いカメラで、未だ外観すらもお見せ出来ないカメラですが、何かしらの写真は撮れたかと思います。撮影は、夜8時まで掛かりました。同じアングルを何枚も撮るのはツマラナイと思い、撮影場所を変えながら、仙台市内を歩き回りました。

そして、いつものカメラ量販店の現像受付へ直行。顔馴染みの男性店員から、「今日は何かあったの?」 と質問され、「今日は、世界ピンホール写真デーでした」 と応えたら、「何処で?」 と聞くので、「世界中で」 と応えてしまいました。  実に「落ち」 のない、噛み合わない会話をしてしまいました(涙・笑)



【 WPPD2010にアップし掲載された URL を 2010/0508 追記しました。 】
http://www.pinholeday.org/gallery/2010/index.php?id=2204



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
世界ピンホール写真デー WPPD 全世界的イベント VANHOUTENCOCOA ガイドナンバー PRO160NC ブローニ ネガフィルム ポジフィルム 自作カメラ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/04/26(月) 20:20:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年WPPDに向けて・・・

4月1日は新年度の始まりだとか・・・

私にはそれは何んら関係せず、今日のハリアナはWPPDの事をお話しましょう。

ハリアナとWPPDは深~い関係にあります。WPPDとは日本語では「世界ピンホール写真デー」なのです。普段は少し略して「世界ピンホールデー」とか云っています。私は2007年、2008年、2009年の過去3回参加しています。

世界ピンホールデー」とは何んなのか、まだご存知ない方に向けてご説明しましょう。全世界的規模の開催イベントで、参加料は毎年無料です。開催日は毎年・4月の最終日曜日となっています。今年は4月25日(日)です。世界各国での午前0時0分00秒から23時59分59秒の間にピンホール・カメラで撮った写真をインターネット上に登録(5月末までにアップ・ロード)し掲載されて、ピンホール・デーを共に楽しみましょう!!という企画イベントです。

それの何が面白いのでしょうか。世界中のピンホール愛好者がこんな写真を撮りましたよ~!って互いに同じネット・ページで見せ合うことが喜びそのものなのです。各自の毎年のハリアナ写真がネット上に残り続けることになります。賞も順位もありません。互いの評価もコメントも投票もありません。各自のブログやフリッカーに載せましたよ~って、書いて楽しんでいるだけです。

あの年はあのカメラで、あの場所で、どんな環境下で撮ったのか、各自のメモリアル的イベントです。



私の過去のWPPD参加作品を紹介しましょう。

初参加の2007年は、インスタント・フィルムで撮りました。近くの喫茶店内で何んと1時間15分も撮っていた様です。いま考えれば驚きですが、当時は真剣にそれだけの時間が必要なんだと思い込んでいたのでしょう(笑)

WPPD2007

当時は「世界ピンホールデー」のそのものは知っていましたが、私にとって縁遠い感じがしていました。WPPD開催日に撮った写真は、この1枚だけだったので、アップするか、迷ったりしました。あまり良い出来ではありませんでした。その喫茶店(仙台市青葉区米ヶ袋にある「茶茶」というお店)のママに撮ったインスタント・フィルムをすぐに差し上げてしまいました。

周りの人からの勧めもありWPPDページにアップしたものが、ネット上に残っています。同じ写真ですが → こちら ← です。私は仙台市内にお住まいのプロ写真家の黒田克夫さん(現在・日本針穴写真協会 東北支部・支部長)に針穴写真の撮影の基礎を学びました。この年のWPPDで使った針穴カメラの針穴も作って戴いたこともあり、その旨コメントを添えました。



2008年は、オール自作カメラで撮りました。その頃、まだブローニ用のカメラを持っていませんでしたので、4×5フィルム・ホルダ利用のカメラでした。前日?本当はその日になってから何とか完成した自分では多少なりとも完成度の低いカメラでした。4×5に8個の針穴部があり、確か5種類の広角の違いがあるという変わり種のカメラでした。事前に光漏れがないかなどのテスト撮影もして、いきなり本番という訳ではありませんでした。写真の中に同じアングルからの写真が8つ入っているというものになりました。

WPPD2008

いま考えると、同じカメラ位置から撮って「広角具合いの違い」を画面上で示したかったのでは?というコダワリがあったのかとも思えます。あの日の午後は、急に雲の間から太陽が顔を出し、慌てて減光用の ND4フィルター を各針穴の前にセット(何んと手持ち!)して個々にシャッターを切った事を思い出します(笑) 今だったら、事前にISO感度の低いフィルムを用意するとか、別の手段を考えるかも知れません。
ネット上にアップしたものが → こちら ← です。

写真は「The 8 Grapes at GIZAN」というタイトルにしました。GIZANとは山形県の銀山温泉です。8つの葡萄・・・何ンのこっちゃぁ?!
背景と写真を反転させ想像して見て下さい。葡萄の実が8粒あるのが判りますか~? 今でもその時に使ったアダプターが、かなり変形してますが残っています。

この写真をいまじっと見ていると、まず気が付くのが写真の中央の丸い画が一番望遠となっているのが判ります。次に温泉街の中央に流れる川(写真では掘割にしか見えません)を見る角度が写真の上方の2つの画と下方の3つの画で大きく異なっています。これにより撮影時には上下が逆に撮影されていることが理解できます。



2009年(去年)は、仙台市内の仙台文学館での撮影でした。屋外撮影でしたが、一応施設からの撮影許可はもらいました。
このブログにもその時の詳しい記事は残っています。「WPPD2009」 という撮影状況の記事と 「WPPD投稿エントリーしました」 という記事です。

WPPD2009

この写真は、日本針穴写真協会の中島さんから戴いたキャノン製のCX-60というX線用カメラを針穴に改造したもので撮っています。急に太陽が出て良いショットとなっていますが、実は、太陽が出る前にブローニ・フィルムをすでに2本くらい撮ってしまい、そろそろ帰ろうかと思っていた矢先に太陽が出たことを覚えています。



今年の「世界ピンホールデー」は、どんな写真をアップすることが出来るでしょうか。新作の自作カメラを製作し臨むつもりです。撮影フィルムは、4×5で6×6にトリミングしようかと考えています。針穴部は2箇所です。オムニ系の変形タイプというところでしょうか。

主材料は、VHココア缶です。私も会員となっています JPPS日本針穴写真協会)会員(と思われます・未だお逢いしたことがありません)xiao_shan さんBLOG ページに「・・・カメラ化のために設計されたんじゃないかと思ってしまいます・・・」と書いてあり・・・
xiao_shanさん「VAN HOUTEN ANAMORPHIC CAMERA」http://www.flickr.com/photos/xiao_shan/1374548363/
BLOG 内に三脚に固定され撮影状況が載っていたことを覚えていました。これを書きながら、フリッカー・ページを探しましたところ、その画像を見つけましたので無断で掲載します。こういうことをする為にトラックバックがあるということらしいのですが、承認を得る前に、写真タイトルは変えずに掲載させて戴きました。【後日、写真掲載をご了解いただきました。xiao_shanさん、ありがとうございました。】

完璧なパクリ・カメラでは申し訳ありませんので、ちょっと違う感じに作る事が出来れば、と考えています。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
WPPD 世界ピンホール写真デー 世界ピンホールデー 愛好者 JPPS 日本針穴写真協会 BLOG カメラ フィルム トリミング

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/04/01(木) 23:45:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジPRO160NCブローニが無くなってしまうヨ~

今日のハリアナは「フジPRO160NC ブローニ・フィルムが無くなってしまいます。」という話しです。

いつまでNCは販売しているのでしょうか。まとめ買いして置く必要があるでしょうか? ・・・と云いつつ、先日ヨドバシ・カメラ仙台店にあった残りの5本をとりあえず買い求めました。全国のヨドバシ・カメラ店舗には、一部に在庫はある様なイメージです。しかしながら、全国の フジPRO160NC ブローニ・ファンやオークションに一年後にでも売りに出そうかなどと考えているヤカラがいるかも知れませんので、アッという間になくなってしまうかも知れません。他にもТ64の4×5シート・フィルムなど、かなりの品番で販売を終了するようです。最近のデジタルへの移行にはフィルム・メーカーもお手上げ状態というところでしょうか。

ご参考に、富士フィルム でのフィルム一覧をご確認ください。従来の商品がかなり生産終了となっています。
    ◎ リバーサルフィルム   ◎ 黒白フィルム   ◎ プロ用ネガフィルム

TOYOMA 旧登米高等尋常小学校

私が知っているスタジオ撮影を中心として商売している 写真屋さん でも、かなり前から(ふと考えれば10年くらい前からやっていましたかね)デジタル・カメラで証明写真を撮って、即アップルへ転送して画像処理しプリントという仕組みを構築されていましたので、プロの分野でもデジタル化は止まらないのだと思います。

ところが、水中写真はデジタル化は進んでいない様に思えます。皆デジカメ一眼を購入してそれと共に水中でも撮影出来るようにハウジング(水圧に耐える構造のもの)も高価であるにもかかわらず購入するも、銀塩フィルムでの青い海の色がデジタル一眼(私はD300を持っています)では出ないのです。濃い青色が出ません。すでに対策を含めて最近では解決されたか私には分かりませんが、辛い状態にあります。

そんな為か、F100カメラも捨てるに捨てられないと言うわけです。したがって、そのハウジングなども。



NCの代わりとなるフジのネガ・カラーは、フジPRO160NS ブローニですかね。他にも一般用のネガフィルムも残ってはいます。去年の8月に1本だけNSを使ったことがあります。登米町の旧登米高等尋常小学校前の写真屋さんを見つけ、あそこならブローニがあるかも・・・出来れば NC ブローニと思ってたずねたのですが、NS ならあるよ、と云われたわけです。NSってどういうフィルムなんだろうかと思いつつ、あの時は本当に助かりました。少し高かったという感もありましたが、そんなことは贅沢です。救いの神と言ったところでした。

その NS で撮ったショットの一枚を上にアップしました。私としては、かなり気に入っている写真です。

今でもあの時のワクワク感を覚えています。建物の表側はネット上でも何度も見かけますが、この写真は、建物の裏の普段では絶対に撮られることはないだろうと思われる箇所です。建物の歴史すらも感じます。6×10の自作の百均カメラ(主な材料が百均の筆箱の缶と百均からの材料だからです)で、どの様に写るか三脚を調整したり、かなり慎重にセットしたことも記憶しています。出来上がりも想像した以上のものがありました。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
フジフィルム PRO160NC PRO160NS ブローニ 銀塩 水中カメラ ハウジング 登米 旧登米高等尋常小学校 教育資料館

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/03/25(木) 00:30:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴カメラの撮影方法

きのうの何んとも中途半端な記事の終わり方から、少し方向転換。しかも新たな記事にしてしまおうという話題が、『針穴カメラの撮影【実践編】』です。 ・・・ハリアナ写真をされる方ならば誰でも知っている話題です。

本当は、きのうの記事の続きなんですけどね(笑)



本日のテーマをはじめて目にする方のために(昨日とかなり重複しますが、)撮影時に必要な環境から解説したいと思います。

いろいろ自分なりに失敗を重ねて今に至っていますので、ここで解説することが「失敗を繰り返さない成功の元」かな?とも思って、とりあえず撮影環境が変わるたびに確認しているだけのことです。私のやり方を強制するものではありませんし、この方法を守らなければ針穴カメラは撮れないというものでもありません。熟練された方などは感性的に撮影時間などを割り出してしまうので、たいへん驚かされてしまうハリアナの世界です。



【針穴カメラ】・・・自作または既製品の針穴カメラを用意します。それと撮影に必要なことは、カメラ自体のガイドナンバー(F値)を事前に掴んでおくということです。私は忘れてしまいがちなので、カメラの後ろにテープなどでガイドナンバーを表示しています。

F値が分からなければカメラ構造から割り出す必要があります。

フィルム面と針穴までの距離(長さL)が必要です。針穴の大きさ(直径Φ)も必要です。数式からF=L÷Φとなります。長さL=25ミリ、針穴の直径Φ=0.18ミリならば、ガイドナンバー(F)=25÷0.18≒139となります。実はこれが私の「New百均6×6カメラ」のガイドナンバーです。このカメラの外寸は、7.5センチ×11センチ×2.5センチです。

デジカメ】・・・私が使っているデジカメPENTAX Optio E50 です。ハリアナをするのに何故デジカメを持つ必要があるの?意味ないジャン!ということなのですが、安価に済ませるための手段なのです。私が PENTAX Optio E50 を買い求めた時には、2万円弱でした。

ここでのデジカメ購入要件は再生時に撮影のシャッター速度と絞り値が表示されることです。私のデジカメは、たまたま8.1メガピクセルという性能カメラでしたが、そんな性能は必要ありません。同じ型番のデジカメは、このBLOG記入時に(新品としての)価格はすでに9,000円を切っていますので、それでも十分です。電池は単3電池2本を使うタイプのものです。

【シャッター時間と絞り値の2片】・・・これは昨日のページにも掲載しましたが、下にも再度掲載します。
シャッター時間と絞り値

上の方はシャッター時間です。目盛から「second(2)、second(1)、minute」 と書いてある部分までです。下の方の目盛には絞り値が書いてあります。上の図をクリックして別ページに拡大のJPEGファイルが表示されますので印刷します。次に「second(2)、second(1)、minute」 と書かれている部分の下あたりをカッターで切って、2枚の紙切れ(2片)にします。この2片が「シャッター時間」と「絞り値」の指標となります。

【筆記用具】・・・鉛筆とメモ紙は、撮影時の記録となります。使用フィルムのISO記録などにも使います。



デジカメを針穴カメラ面に直に置いてシャッターを切ります。デジカメで撮るのには2つの目的があります。1つ目は、デジカメを針穴カメラ面に置くことで、針穴カメラ中心の方向が確認できます。当然ながら広角の広がり方は想像もできないくらい「New百均6×6カメラ」の方がデジカメよりも広いので、中心方向だけの確認となります。2つ目は、露出(被写体の明るさ)を読み取って撮影しようとする針穴カメラのシャッター時間を求める為です。

昨日の 山形のハリアナ(警備員から職質!笑) の1ショットのデジカメ・データは、ISO100に合わせている状態で、1⁄8secとf2.8でした。(以前、このデジカメ感度設定をISO100に合わせずに、オートにしていて大変なミスを招いたことを思い出します。)

2片の紙きれを使って、シャッター時間の目盛の1⁄8secのところに絞り値f2.8の目盛を合わせると、下の位置関係となります。使用したフィルムはISO100ですので「New百均6×6カメラ」のガイドナンバー(F値)139の絞り値に合うシャッター時間を読み取ります。下の図から5分と分かります。フィルムはRDP3のリバーサル・フィルムです。

1/8秒と2.8の組み合わせ

あくまでも、フィルム中央でのシャッター時間が5分なのです。フィルム端には5分では光は十分届きません。また、室内撮影はオーバー目に撮る傾向が強いという、私の経験上から、6分となったというわけです。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
実践編 話題 解説 環境 距離 デジカメ 性能 広角 露出 オート

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/03/19(金) 22:10:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形でハリアナ(警備員から職質!笑)

本日のハリアナは山形駅西口の 霞城セントラル での1ショットです。
霞城はKAJOと読みます。地上24階の山形市内高層ビルです。

JR山形駅西口に2001年1月1日にオープン。2009年10月現在、山形市内の建築物では最高の高さのとなっています。 実は、昨年(2009年)4月までは存在すら知りませんでした。昨年5月には、このビルの23階フロアーの山形市市民活動支援センター内で 第1回杜の都針穴写真部写真展 を開催させて頂きました。

その1階フロアーでのハリアナです。どこかで見た様な感じの写真です。
山形市 霞城(Kajo)セントラル 1F

ふと、フロアーの頭上を見上げるとダウン・ライトが沢山あり、絵的に面白いかも?という撮影のキッカケです。フロアーに黄色のカメラ・バックを置き、その上に7.5センチ×11センチ×2.5センチの自作カメラ(最近の自分なりの呼び名は「New百均6×6カメラ」という位置づけです。)を無造作に置きます。

そして、デジカメを針穴カメラ面に置いてシャッター。デジカメ中心の方向を確認します。当然ながら広角の広がり方はぜんぜん想像もできないくらい広いので、中心だけの確認となります。そして、デジカメの設定でISO100にしてありますので、撮影したものの絞りとシャッタースピードを読みます。

上の撮影では、そのデジカメ・データは、1⁄8secとf2.8でした。これまた手製のと云うかどこにでもある様な、シャッター時間絞り値の2枚の紙切れをバックから取り出し、撮影時間を割り出します。・・・言葉だけでは理解できない方も居るかも知れませんので、この際、下に示しましょう。

シャッター時間と絞り値

何とかJPEGファイルとして掲載しました。上の部分はシャッター時間です。シャッター時間の目盛りの部分から「second(2)、second(1)、minute」 と書いてあるところまでです。その下の方は、絞り値の目盛りが書いてあります。上の図にマウスの矢印を移動して左クリックすると拡大のJPEGファイルが開きます。それを印刷(プリント)します。そして「second(2)、second(1)、minute」 と書かれている部分の下あたりを切って、2枚の紙切れ(2片)にします。その2片が「シャッター時間」と「絞り値」の指標となります。

この2片から、針穴カメラに合うシャッター時間が割り出せます。

<あっという間に時間となりましたので、次回とします。>

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
山形 建築物 高層ビル 自作 撮影時間 シャッター時間 絞り JPEGファイル 指標 カメラ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/03/18(木) 23:40:00|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田でハリアナ

今日のハリアナは、秋田ポートタワー・セリオン の続きです。( 前回のCDU2記事は → こちら ← )

一言で云うなら、「秋田のの降りかたの凄さ」です。
CDU2撮影の翌日、再び無料エレベータで100m展望タワーに登って一休み。

が舞って来たなぁ、と思っていたらアッという間にまわりは模様。こりゃ土崎駅まで歩いて行くのは大変だな・・・と思っていたら、ますますがひどくなっていきます。その時の様子が下 ↓ の絵です。

この写真をクリックすると、私のフリッカー掲載サイトのページが別ウィンドウで開きます。http://www.flickr.com/photos/harianabito/4438696524/「秋田土崎  1:外は次第に雪模様」なお、この画像より小さなものとなります。

6×6で撮りましたが、展望台から撮った時に窓枠が入っていたのでPC上でトリミングしてあります。横殴りの吹雪になっちゃいました。風を伴う地吹雪になれば雪が頬に刺さり痛くて歩いてられません。

この写真をクリックすると、私のフリッカー掲載サイトのページが別ウィンドウで開きます。http://www.flickr.com/photos/harianabito/4437921519/「秋田土崎  2:外は猛吹雪状態」なお、この画像より小さなものとなります。

3枚目のショットは雪が次第に消え天候回復して来た様子です。最初の2枚は5秒。3枚目は1秒でした。30分足らずで風景はアッという間に雪模様。ビックリですね。

この写真をクリックすると、私のフリッカー掲載サイトのページが別ウィンドウで開きます。http://www.flickr.com/photos/harianabito/4437922279/「秋田土崎  3:外はアッという間の積雪」なお、この画像より小さなものとなります。

最後は、秋田駅ホーム秋田新幹線こまち」が(右から左方向へ)入線して来た場面です。ちょっとシャッター時間を長く開け過ぎて先頭車両が左方向へ抜けて行ってしまいました。

この写真をクリックすると、私のフリッカー掲載サイトのページが別ウィンドウで開きます。http://www.flickr.com/photos/harianabito/4438702178/「秋田駅 秋田新幹線「こまち」入線」なお、この画像より小さなものとなります。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
エレベータ吹雪 猛吹雪 秋田駅 ホーム 秋田新幹線 こまち PROVIA ブローニーフィルム

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/03/17(水) 18:00:00|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてのCDU2

今日のハリアナは、初めてのCDU2撮影です。

なかなか、面白いフィルムですね。西日太陽がモロに入っていても14秒で撮ってました。小型の未だ三脚穴が付いていない未完成の New-100Yen-Can カメラでの撮影でした。F139で、今のところ120で6×6を11枚撮れます。マスクがいい加減で、どう改善すれば良いか「問題・大あり」のカメラです。とりあえず撮れますが、フィルム・カウンターに難があり私にしか撮れません。現像上がりで「カット位置不明フィルム」と書かれて来て思わず笑ってしまいました。なるほどね。そりゃそうだわ。

New-100Yen-Can Camera CDUⅡ Akita

どこかのネット・ページに「間違っても100フィート巻で購入してはいけない。すぐに飽きてしまうフィルム。」というのを見た気がしますが、果たして私にはどうでしょうか。いずれにせよ、タングステン・フィルムはモノ珍しさがあります。今回秋田市に行く用事が出ましたので、少し寄り道して秋田そばの100m展望タワー 秋 田 ポ ー ト タ ワ ー ・ セ リ オ ン に行ってきました。

New-100Yen-Can Camera CDUⅡ Akita

というか、わざわざタワーすぐ隣りの ホテル を予約して、タワー側の部屋から夕焼け空を撮ろうと言う計画でした。

結果は、午後3時頃までは太陽出ていたのに、日没時は夕日とならず終い。あぁ・・・残念。
それでは、夜間照明の風景かと、よせばイイのに感度の悪いCDU2で撮ろうと思った私が悪かった。92分間撮っても ↓ ご覧の通りでした。何んたってISOが10~6の世界のフィルムですからね。

New-100Yen-Can Camera CDUⅡ Akita

タワーの左上 ↑ 方向に フィルムの傷か? UFO? かもよ 

ギラギラ太陽での風景などが、このフィルムはとても似合いそうですね。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
針穴写真 秋田市 土崎 西日 太陽 タワー 日没 夕日 夜間

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/03/02(火) 23:30:00|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真額装 ~その4~ マット切り作業(2)

昨日に続き、写真額装 ~その4~ マット切り作業(2) という話題です。

マット裏面にカット・ラインを引く ←作業台に何か保護する敷物か厚紙を置いて、その上にマットを裏側にして置きます。定規でマット端からのマット窓寸法のラインをなるべく細い鉛筆で引きます。私は手元の2H鉛筆を使っています。これが『マット切りのカット線』となります。左の写真は画質が荒くてよくわからないと思いますが、四辺の『マット切りのカット線』を引いたところです。太く強く書く必要はありません。細くても構いませんが「揺らぎのない」直線で引きます。

二辺が交差する箇所は交差してから2cmくらいずつ余分に引きます。

マット切りのセットのしかた ←次に、昨日マット切りの環境で紹介した場面でのカッター・マットと1m定規の間に対象のマットを入れます。マットを置く方向は、左の画像では常にマット端となる方向が左側となります。その上にマット切り用カッター(MAT-45P)を置きます。

型番の45とは45度の角度でマットを切断するという意味です。先ほど引いた直線からカッター刃が入り込み、マット端方向に45度の角度で切断するという訳です。つまりマット厚分を切断するのではなく、マット厚×√(ルート)2=1.41倍の厚さとなります。相当な厚さです。



【 質問 1 】これを何回で切ると思いますか?(答:)男性の力では3~4回に分けて切るのがやっとです。・・・そうなんです。このマット切りには力が必要なのです。非力な女性ならば、5~6回で切るつもりでカットする必要があります。

次に【 質問 2 】最初の1回目は、どのくらいの深さに刃を入れますか?(答:)私は2~3mmにとどめています。例えば、定規を当てて薄いプラスチック板をカッターナイフで切断しようとします。力任せに切ろうとすると、最初はうまく切れ始めても、途中でぐにゃりと曲がってそれてしまいます。それと同じイメージです。

マット切りの技は、最初にカッター刃をマットに入れて切り始める段階では、余り力を入れずに、『マット切りのカット線』から離脱させずに、カッター溝を作るイメージである程度浅めに、一定のスピードで、持続してまっすぐに、最後まで一度も休むことなく、カッター刃を動かせるか、に懸かっています。



( 赤字体箇所を 2010年8月6日に追記しました )

線が交差している2箇所でマット切り用カッターの刃先がちょうど『マット切りのカット線』に触れる様に何度かマット(紙)を動かし調整します。交差2箇所とも刃先が合ったらそこでマット(紙)の調整は完了です。マット(紙)の調整位置を維持保存するため、パーマセルテープなどでカッターマット台や作業机などに固定させます。少なくても2箇所以上、長辺を切る場合には6箇所くらい貼り付けます。

次に1m定規が「宙ぶらりん」状態なので、『マット切りのカット線』に合わせて定規を固定させる意味で、マット切り用カッターの刃先を『マット切りのカット線』に合わせる事ができる様に定規の位置を左右にずらしながら、パーマセル・テープで定規をマット(紙)に固定させます。最初に線が交差している2箇所をマット切り用カッターの刃先がちょうど『マット切りのカット線』に触れる様に定規の位置を動かして合わせた位置でパーマセルテープなどで定規をマット(紙)やカッターマット台や作業机などに固定させます。長辺を切る場合には、線が交差している2箇所の他に、あと2~3箇所、定規の位置をパーマセルテープなどで定規をマット(紙)などに固定させます。赤字体箇所はとても重要でした。2010年8月6日私はこれを怠ってマット紙を1枚失敗させてしまいました。

パーマセルテープなどを貼っても、完全な固定ではないので、定規は左右に多少の遊びがあります。写真の上端から下方向にマット用のカッターを滑らせて行きます。カッター刃が『マット切りのカット線』から離れない様に、刃の動きに注目しながら定規を右方向に押したり、マット切り用カッターを左方向に押したりして左右に調整しつつ、先程の技を実践します。

最初のカットは余り力を入れていないので、マット裏面の上を滑らせてマット切り用カッターを上から下へ動かすことが出来ます。交差2箇所の外方向にも2cmくらい余分に刃を入れます。

1回目に深く刃を入れ過ぎると、カッターが暴走して制御が利かなくなり、どんどん『マット切りのカット線』から離れて行き、取り返しの効かない状態に陥ってしまいます。『マット切りのカット線』から離れたカッター溝は修正することは出来ません。

次に、2回目のカッター刃の進め方です。2回目はかなり大胆に1回目のカッター溝に刃を入れながら深めにしてマット(紙)を切ります。イメージとしては約3~7割程度の深さです。女性の場合は3割程度でしょうか。ここでマット切りをした人は気が付くでしょう。カッター溝から一度も外れずに移動し安心感が出てきます。多少深く刃を入れてもカッターは暴走しません。それでも無理せずに力を温存します。この段階からは1m定規は、ただ添えるだけのモノになります。

3回目は8~9割の深さとなります。あるいは最後までカッター刃を上から押さえ付けて全てを切り落とせる場合も出て来ます。マットの表側にはカラー部分の別な紙が貼りつけてある様なので、最後にそれをきちんと切り落とすイメージが必要です。

最後の4回目は、カッターを入れる全スパンで最後まで(マットの表面まで)カッターの刃が抜き通せたかを感じ取ります。大丈夫だという確信がないまま、マット(紙)を取り外してしまい結果的に切れていない場合には、再度セットして切り抜かなくてはなりません。多少の誤魔化しは可能です。

交差2箇所の部分は、うまく切らないと4つの角が切り落とせなくなります。交差する直線を完全に過ぎるまでマット切り用カッター刃を押し進めれば、角部分は簡単に切り落とせます。一辺切り終えるたびにマット表面まできちんと切れているか確認します。

マット切りの完了! ←そうやって、四辺とも切り落としたものが左の写真です。かなり右腕が痛くなって疲れました。今回は慎重に処理した事もあって中々素晴らしい状態にマット切りが出来ました。

やはり慣れが経験となってより良い結果を生むような気がしています。



額装の完了! ←額装した状態の作品です。全紙で6×6にマット切りしています。ワイン・レッド色のマットを初めて使用しました。この作品は横浜市内での写真展会場に展示されます。作品は横浜市内撮影で「山手町16番地」とタイトルしました。どうぞ作品・額装とも会場にてご覧下さい。このブログの別ページに写真展の案内を載せていますが、こちらのページにも再掲載します。

作品は、マミヤ RB67 電動フィルムホルダーの6×8で撮影したものを6×6にトリミングして、リバーサル・フィルムからダイレクトプリントしたものです。

写真展会場の場所は、横浜市洋光台駅近くの 「 はまぎんこども宇宙科学館 」 です。「ピンホールカメラと☆キラリ☆光のあそび展」という企画展で、3月6日(土)より6月13日(日)の長期間開催されます。詳しくは、私が会員となっています 日本針穴写真協会の紹介ページ をご覧下さい。  ( 「はまぎんこども宇宙科学館」の 【 過去の 】 企画展紹介ページは、→ こちら ← です。 )  この企画展は、日本針穴写真協会 が全面的に協力して開催されるもので、40点のハリアナ写真が展示されます。私のハリアナは5点展示されることになりました。当初は新作2点だけ出す予定でしたが、さらに3点追加することにしました。

作品展示するものは5点です。全紙3点、四切2点で、うち全紙2点は新作額装です。



以上4回にわたって「写真額装」と題し私の know-how の全てを曝け出しました。なお、私の know-how をそのまま実践されるか否かは、自己の判断と責任において実行して下さい。結果として被害に合われた場合でも、当方は一切の責任を負いません。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ピンホールカメラ ピンホール カメラ 山手町 会員 撮影 マミヤ トリミング ダイレクトプリント ブログ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/25(木) 23:20:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真額装 ~その3~ マット切り作業(1)

今日のハリアナは昨日に続き、写真額装 ~その3~ マット切り作業 です。

マット切り作業は、額装となる額縁をどういうTYPEのものにするかと云うことに関係して来ます。私が所属している杜の都針穴写真部で昨年開催された写真展で額縁を統一しようという事になり、部員のE藤さんの呼びかけのもと決まった型番の額縁を今でもそのまま愛用しています。それは 富士フィルム アルミ(金属)額縁A29 という製品です。私が利用しているカメラ量販店では全紙サイズの A29 額縁は3,960円です。

フレーム色をブラックに、マット色を濃鼠(コイネズ)に統一するため、軽量TYPEの額縁としてアルミ額縁を選択したものです。今回の様に仙台から横浜市へ配送依頼を出す時に持ち運び易くて助かります。いつまでもこのA29を使い続けるかは分かりませんが、この型番で話を進めます。

また、A29 という製品の額縁には チクマ 製のマットがそのまま使えるということで、今では何も考えずに チクマ 製の「抜無マット」をカメラ量販店から買って来ています。価格は全紙マット1枚808円です。



自分でマット切りをやり始める迄は、私には到底「無理」と考えていました。最初の頃の額装画材屋さんに何から何まで全てお任せしていました。良いものにする為にはお金が掛かるものです。いま考えると目が飛び出るくらいの費用が掛かっていたのです。

次の段階はマット切りだけを外注依頼するというものでした。チクマ でもマット購入・マット切り含めてオーダーを出せます。ただし、端から30cm以上取らなければオーダーは受けられない等の制約があります。納期に2週間必要というものでした。街のホームセンターでも同じ様にマット切りを外注出来ますが、その店でマットを購入しないとダメな様なのです。(マット切り費用だけでは商売になりませんから、当たり前と云えなくもない・・・。)

自分でマット切りを始め出したのは、外注納期までの時間がないので自分で切るしかないという状況下の選択でした。最初の失敗はかなり辛いものがありました。その失敗が50cm定規を2本つないで1m定規にするというアイディアを生みました。



今回作業した、全紙6×6プリント用マット切りの話しに戻りましょう。

昨日の話題で計測した写真プリントの四辺の寸法記録を出してください。まれにプリントでの不具合で上下の寸法の不一致、左右の寸法の不一致で(極端なことを云えば)菱形になっている場合がありますので、正方形となるプリント寸法を割り出します。

次に、マットの窓寸法よりもプリント・サイズは10mmくらいの「重なり(かさなり)」が必要とされています。私は(先ほどの正方形となるプリント寸法に対して)1箇所4~5mmの重なりで考えています。左右あるいは上下で2倍となり8~10mmの重なりを考えています。

私は、単純ミスをしないようにA4用紙などにマンガというか略図を書きながら寸法を書きとめています。一度切ってしまったマットは、後で間違いに気が付いても元には戻らないのです。(当たり前か)

私なりの「マット切りの環境」を少しだけ示して、続編は次回とします。
マット切りの環境
←A4カッター・マットを3枚机に並べパーマセル・テープ(以下勝手に「Pテープ」と略)で固定します。透明な50cm定規2本をPテープでつなぎ1m定規とします。

マット(紙)をカッター・マットの上に置き、その上に1m定規を載せた状態で1m定規の両端をカッター・マットにPテープで固定します。写真はマット(紙)を取り除いた状態です。

カッター・マットは3枚で630円でした。50cm定規2本で1,344円しました。1m定規はプリント寸法の計測などでも使いますのでメーカー品を購入しています。定規端の目盛がない部分は5mmずつあり、2本で10mmとなっています。マット切り用のカッターは、NTカッター製のMAT-45Pというものを使っています。1,890円しました。パーマセル・テープは1,110円でした。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
額縁 額装 杜の都針穴写真部 カッター 定規 MAT-45P 計測 harianabito BLOG 画材屋

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/24(水) 23:15:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真額装 ~その2~ 裏打ち作業

きのうに続きまして、写真額装 ~その2~ 裏打ち作業です。

裏打ち」とは何んでしょうか?

先ず、薄いプリントを補強する働きがあります。プリントの裏面に糊付けされている面を貼り付ける訳ですから、かなりの補強となります。また、プリント面を波打ち状態にせずに見た目にも綺麗なプリント面とすることも出来ます。長期間展示する場合などは、展示会場の湿気を呼び込みプリント自体が伸びてしまい「たるんで」来ることにより、額装のやり方次第では写真プリントが変形してしまうこともあります。それを抑える働きがあります。

裏打ちシートは各メーカーから販売されている?と思いますが、私は今まで富士フィルムのモノしか使ったことがありません。

その富士フィルム製でも2種類発売されています。エンド・ユーザーの希望でしょうか。

1つは「バックシート」という商品名です。裏打ちしたプリントは約0.8mmになると書かれています。グレー地にグリーン文字で印刷されています。版画用のゴム製ローラーが必要と書かれています。推奨された用具を準備の上、作業されることをお勧めします。文房具店に行って版画用ローラーを探しましたが見つからず、私はローラーなしで裏打ちして見ましたら、とりあえず問題なく作業することは出来ました。

もう1つの方は「額装用プリント裏打ちシート」という商品名です。裏打ちしたプリントは約1mmになると書かれています。こちらはダンボール入りの商品です。

違いは糊のパターンの違いと裏打ちシートの厚さです。価格的には変わりありません。扱い易さとしては最初の方だという印象です。糊面に貼ってある剥離シートが厚いので剥がし易いのです。もう一方の方は、糊面に貼ってある剥離シートが薄くて最初の取っ掛かりでマゴつくかも知れません。小さい六切りサイズなどでどちらも一度は試して見ることをお勧めします。どちらも慣れは必要だと思います。私はダンボール入りの商品の方で裏打ちをしています。

富士フィルムの「プリント裏打ちシート」と「バックシート」の製品紹介ページは、→ こちら ← です。 ( ※ この BLOG記事 の掲載後に FUJIFILM でネット掲載ページが変更されました。フジフイルムモール の掲載ページは、→ こちら ← です。)

どのサイズでもどちらの商品でも1箱に5枚のシートが入っています。私が購入しているカメラ量販店での価格は全紙サイズで1箱3,440円です。1シート当り688円です。これを高価品と考えるか必要経費と考えるかは考え方次第の様な気がします。



裏打ち作業に入る前に、事前に済ませておく作業が残っていました。

それは、プリントの有効寸法を測って置くということです。
写真店から受け取って来たプリントは、透明か半透明な袋に入っていると思います。その袋に入ったままの状態で定規で有効寸法を記録します。ここで注意することがあります。縦と横の二辺だけでなく、四辺とも測ることをお勧めします。これは、後工程のマット切り寸法を決める際に役立ちます。



それでは、裏打ち作業の実践と参りましょう。

最初に行うことは、両手に二重の手袋をするということです。 最初にゴム製の手袋を両手にします。その上に新品もしくは洗濯されている白手袋を両手にします。これは画材屋さんから聞いたやり方です。手の脂が災いとなります。この二重の手袋は、フィルム・スキャンの場合も有効です。

私は、ゴム製の手袋は、家にあった使い捨ての「レックスグローブ」という100枚入りの天然ゴムラテックス極うす手袋のLサイズを使っています。500円くらいのものらしいです。粉付きなので外側の粉を叩いたりして取り除きます。

次に プリントの裏面のゴミを取り除きましょう。 静電気で細かなゴミを吸い寄せていることも考えて裏面をまんべんなく拭き取って下さい。両手の白手袋で拭いてしまおうという横着をしてはいけません(笑) 現実的にこの作業をしなかったためにゴミと思われる凹凸がプリント表面に出てしまったことがあります。貼り始めた裏打ちシートは、貼り直すことは出来ません。凹凸原因のゴミは後から取り除けません。

裏打ちシートを糊付け面を上にして(剥離シートはまだ貼ってあります)その上にプリントを置きます。もちろん画像面は上にしてあります。裏打ちシートとプリントの大きさを合わせます。四辺の余りを考えて下さい。適当に重ねて作業を始めてしまうと適当にしか仕上がりません。

尚、裏打ちの内容そのものは各商品の説明書を熟読されて作業してください。このページで全てを解説することは割愛させて頂きます。説明書に書かれていない注意点を含む know-how を示すことが目的です。

6×6などのプリントは、プリントにかなりの余白というか、無駄なエリアがあり切り捨てなくてはならない場合があります。額装に明らかにジャマになる場合のみ切断を考えます。 そして、あまり際どい箇所で切断しないのが後々無難です。プリント上がりで入っていた袋をプリント面に置いて、その上に定規を当てます。カッター刃は一度に深く入れないようにしています。 最初はプリント部分のみを切断する位の気持ちで切ります。裏打ち部分も2~3回で切る様にします。プリント切断面にバリが立ちますので、カッターで角のバリを切り落とします。これをしないとマットとの間に隙間が出来てしまいます。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
裏打ち 富士フィルム バックシート ダンボール 白手袋 シート 天然ゴム ラテックス 剥離 バリ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/23(火) 20:30:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真額装 ~その1~ プリントの扱い方

今日のハリアナの話題は、近々開催予定の針穴写真展へ提出する、久しぶりに作品の額装を100% 自分自身で加工した know-how のすべてを曝け出してしまおうというものです。

加工作業の話に入る前に、針穴写真展の詳細について紹介したいと思います。

場所は、横浜市洋光台駅近くの 「 はまぎんこども宇宙科学館 」 です。「ピンホールカメラと☆キラリ☆光のあそび展」という企画展で、3月6日(土)より6月13日(日)の長期間開催されます。詳しくは、私が会員となっています 日本針穴写真協会の紹介ページ をご覧下さい。  ( 「はまぎんこども宇宙科学館」の 【 過去の 】 企画展紹介ページは、→ こちら ← です。 )  この企画展は、日本針穴写真協会 が全面的に協力して開催されるもので、40点のハリアナ写真が展示されます。私のハリアナは5点展示されることになりました。当初は新作2点だけ出す予定でしたが、さらに3点追加することにしました。

明日配送する予定の5点は、全紙3点、四切2点で、うち全紙2点は新作額装です。

額装品は、ブローニ120のネガフィルム1点とリバーサルフィルム1点です。どちらも以前に横浜市内で撮影していたものの中から選びましたので、今回はプリント依頼からでした。



額装 know-how 重要ポイント【1】: 気を付けている様で意外とミスをしている事があります。 それは、プリントの扱い方です。

プリントを受け取ってから次工程までの間は、プリントには、なるべく触らないことです。これが中々出来ないのです。どんな濃淡で仕上がったのだろうか、と気になってプリントを何んと素手でしかも片手だけで、さっと取り出して見たりしまいがちです。これが後で災いを呼ぶのです。プリントは薄くて折れ曲がりやすいものです。シワも簡単に付きます。折れ曲がらない様に気を付けたつもりでも、結構折れジワが付いてしまっているものです。一度折れジワが付いたらもう大変。これが取れないのです。シワもプリント面に残さないためには、我慢してプリントは紙袋から取り出さない。これが重要ポイント【1】です。

などと、言っている私がこのポイントを忘れてミスを犯しているのです。今回もあとの作業中に折れジワを見つけてしまいました。端の方に細かなもありました。さすがに素手でプリントを直接触ることはなくなりましたので、指紋や汚れはありませんでした。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
額装 撮影 横浜市 洋光台 企画展 写真展 ネガフィルム リバーサルフィルム シワ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/22(月) 22:30:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気軽・新作カメラ

本日のハリアナは、自分でも何台目になるのか、わからなくなりつつある・・・
新作・針穴カメラのテスト撮影の紹介です。

今回は、かなり "お気軽カメラ" を目指しています。
本体の材料は、百円ショップ・缶箱です。毎回 なかなか良い材料が見つからなくて困ります。

先ずは、テスト画像をご覧下さい。
Yurakucho Marion 有楽町マリオン
以前、f256 さん の掲載ページを見てショックと云うか体に衝撃を感じた、有楽町マリオン9階のエスカレータ・ホールでの 完全・パクリ写真 です(笑)  f256 さん もここで撮影方法などを考えたりしてたんだなぁ、と思う私でした。

巡回のガードマンがチラリとこちらを眺めつつ何も言わぬまま、エスカレータを下って行きました。かなり小さい玩具の様な物体を持つ、挙動不審者に見間違われたかも知れません。誰もアレをカメラとは見ないでしょう。

新作針穴カメラに未だ三脚は付いていません。その為、床と直立の金属板に斜めにしてカメラセットしました。針穴カメラ前面にデジカメを添えてデジカメのシャッターを切ります。再生画面を見て傾斜修正しています。広角度合いはデジカメとは全く違いますので、現実的には成り行きです。

画面をクリックしても私の Flickrページ にジャンプするだけで、この画面以上は大きくなりません。Flickrページ には撮影データも書いていますのでご覧ください。

実は、有楽町マリオンの写真は、かなり失敗しています。意図的に他の画像を重ね撮りしていませんので、偶然の産物というか、まあ、試し撮りですから・・・などと云って誤魔化してしまいそうです。

有楽町の翌日は、仙台市内で撮影しました。
Sendai Mediatheque せんだいメディアテーク
以前、xiao_shan さんFlickrページを見つけ、「他県の方が仙台を写している」と云う驚きを感じた、同じ施設内でのパクリ写真です。パクリと云ってもかなり違う感じに撮れています。 xiao_shan さん は、どこから撮ったのだろうと思ってしまう私です。

私は、施設地下1階の駐車場から写しました。子供落下防止の為か、ガラス板が貼ってあり、中心からは撮れません。

・・・先ほどの失敗とは?

66のフレームなのに、なぜか645のフィルム巻上げをして撮っていたのです。66と645に切替え出来る様にと考えたのが、失敗の元でした。フィルム巻上げ中にやっと気が付いたのは、なんと9枚目(66では7枚目辺り)でした。66での9枚目で正規のフレームに戻しながら、笑っちゃいました。何という失敗でしょうか。でもあの有楽町マリオンが消えてしまったと思うとガックリでした。

カメラの現物は、ここでは紹介しません。外観は変わらない様な気もします。三脚穴とかで少し突起物が出るくらいでしょうか。

カメラ・データは、ガイドナンバー F139、L=25mm、針穴=0.18mmです。
針穴は、50倍マイクロ・スコープで計測しながら、薄地用の絹くけ針(手芸屋さんで購入)で開けています。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
気軽 有楽町 有楽町マリオン 玩具 せんだいメディアテーク パクリ テスト撮影 フィルム 撮影方法 Flickr


テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/13(土) 12:30:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台・どんと祭

今日のハリアナは、1月の「仙台どんと祭」です。

私が撮ったハリアナ写真は、近くの 大日如来 という「」と「」の守り神で知られている所です。撮った写真をよく見たら、御神火の中にライオンの様な、ヒツジの様な姿が写り込んでいるではありませんか。

何かの御利益か、はたまた私への何かの暗示でしょうか・・・そんなことはないか。

下の写真は、愛用の百均カメラ6×10をPC上で6×6に切抜きしたものです。
フジ PRO160NC 2分30秒でした。デジカメ撮影し計測データ (シャッター速度1/25秒, 絞り2.8) を自作の換算メジャーを使って、百均カメラ・ガイドナンバーのF140に合うシャッター時間そのままで撮りました。

1/14/2010 Sendai Donto-Sai 仙台どんと祭( ↑ クリックしても、これ以上は拡大されず、私のフリッカーに飛ぶだけです。)

毎年私の街で行われている、正月明け14日夜の「どんと祭(どんとさい)」を改めて調べてみました。ネット情報では「 宮城県を中心に呼ばれる祭りの呼称 」として取り上げられていますが、さらに調べて見ると、全国各地で祭事の趣旨や名称にこそ多少の違いがあっても、色々な形で風習が守られていると知りました。

ネット上の フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 に、小正月 に行われる火祭りの行事として「 左義長 (三毬杖・さぎちょう)」という総称があることも判りました。その解説ページの中に宮城県の「どんと祭」の項目もあり解説されていました。

小正月 行事の全国調査集計 」というNPOサイトもネット上で見つけましたのでご覧下さい。「どんど焼き」は「日本の国民行事である」と宣言しています。 小正月 行事に興味ある方にとっては、この調査報告は大いに役立つ資料となるでしょう。

正月を迎えるために飾った、神棚飾り、門柱の松飾り、玄関頭上の飾りもの、あるいは古くなったお守りなどを古新聞紙などで包んで近くの神社などの「どんと祭」会場へ14日の日中から夜にかけて持って行きます。

したがって家庭ゴミとして出すなどということは、よほど仙台の習慣を知らない人でもない限り「もっての他」という扱いです。全国的には 大崎八幡神社 の「どんと祭」が有名らしく規模も大きく、私も気まぐれで4年に一度くらい行ったりもしますが、往復2時間歩くことを考えると最近では近場の神社に行く事が多くなってしまいました。

1/14/2010 Sendai Donto-Sai 仙台どんと祭 ( ↑ クリックしても、これ以上は拡大されず、私のフリッカーに飛ぶだけです。)

上の写真は、やはり愛用の百均カメラ6×10をPC上の処理で6×8に切抜きしたものです。このブログでは、横幅に制限がありますので、1枚目の写真より小さな感じとなってしまっています。

フジ PRO160NC 5分で撮りました。デジカメ撮影し計測データは、シャッター速度1/25, 絞り2.8と一枚目と変わりありませんでしたが、相反則不規 (そうはんそくふき)を多少なりとも意識して1枚目の倍のシャッター時間としました。しかし参列者が祈祷の列を作って並んでいますので、さらに長時間露光してしまうと人影が消えてしまい無人となり変な写真となることを心配して、5分にとどめました。

現実的に、私が針穴撮影中にカメラと御神火の間に怪訝そうに私を数分間じっと見ていた男性は、全く写り込んでいません。

この日ハリアナ撮影中、二人の方から『針穴ですか?』と尋ねられました。
結構、知名度が高くなって来ていると感じます。

このブログ記事で「 相反則不規 」についてネット解説ページを探していましたら、私が会員となっています 日本針穴写真協会Nさんのページ が、最も詳しく解説されていましたのでリンクを張りました。
さすがだと改めて思いました。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
仙台 どんと祭 火祭り 風習 photo PRO160NC 露光 フリッカー


テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/05(金) 07:30:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

針穴人【 harianabito 】

Author: 針穴人【 harianabito 】
仙台市青葉区 在住
male ・ wife, 2-sons, 1-daughter


針穴写真暦 9 年
日本針穴写真協会 会員
杜の都針穴写真部 所属

harianabito[@]infoseek.jp まで[ ] を外してお便り下さい

☆...その他にこんな事も...☆
水中写真暦 21 年
ダイビング暦 780 本
( 水中滞在 653 時間 )
Digital一眼レフ・水中世界(Flickr)

【 '13/06/15 針穴と水中写真 】Joint-Site
  針穴写真・掲載中
  水中写真・掲載中
http://www.adoberevel.com/

FC2カウンター

〔 作者 : きゃぴ堂

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

携帯電話でもご覧になれます!

QR

最新記事

BLOG特集記事のご案内

写真額装の考え方 1 2 3 4 5
写真額装の全作業 1 2 3 4
マットパネル加工 1 2
針穴写真機の製作 1 2 3
針穴の撮影方法 1 2 3 4
Omniscope製作 1 2 3 4 5 6
ふたつの栄螺堂 1 2 3 4 5 6
はまぎん作品紹介 1 2

カテゴリ

ぴあ映画生活ページ紹介 (14)
最近見たシアター映画 (13)
2015年 針穴写真 (9)
宮城県 (7)
山形県 (1)
2014年 針穴写真 (2)
2013年 針穴写真 (13)
宮城県 (1)
埼玉県 (1)
東京都 (3)
群馬県 (4)
2012年 針穴写真 (31)
宮城県 (4)
東京都 (11)
神奈川県 (3)
群馬県 (2)
新潟県 (3)
長野県 (1)
2011年 針穴写真 (29)
青森県 (2)
岩手県 (1)
宮城県 (7)
山形県 (1)
東京都 (4)
神奈川県 (1)
群馬県 (1)
長野県 (2)
富山県 (1)
大阪府 (2)
2010年 針穴写真 (46)
秋田県 (2)
宮城県 (13)
山形県 (1)
東京都 (5)
神奈川県 (1)
富山県 (4)
大韓民国(SEOUL) (4)
2009年 針穴写真 (25)
青森県 (5)
宮城県 (3)
福島県 (3)
2008年 針穴写真 (8)
水中写真 (13)
未分類 (5)

BLOG内検索で即JUMP!

リンク

日本針穴写真協会

針穴友の会  針穴友の会

このブログをリンクに追加する

問合せ入力ページへ

下記URLをクリック下さい。針穴人【 harianabito 】への問い合わせ入力ページに移動します。

http://form1.fc2.com/form/?id=512228

針穴のこと、自作カメラのこと、水中写真のこと、ダイビングのこと、何でもお問い合わせ下さい。日本針穴写真協会への加入方法、杜の都針穴写真部の活動についてもご案内します。

月別アーカイブ

最新トラックバック

<< 今日のハリアナ写真 >>

<< 東北の風景 >>
Powered by BlogPeople

ユーザータグ ( 2010/1/8~ )

PRO160NC ハリアナ ブローニ トリミング カメラ 針穴写真 harianabito ダイビング 慶良間 写真展 百均カメラ フィルム 仙台市 撮影 三脚 額装 針穴人 WPPD ソウル 仙台 針穴 パーマセルテープ ピンホールカメラ 広角 裏打ち JPPS 自作カメラ 新宿 写真 デジカメ BLOG 木製パネル ブログ 撮影時間 モニュメント 全紙 富山地方鉄道 スーパーファイン フリフリ バックシート 富士フィルム 天然ゴム ラテックス 杜の都針穴写真部 額縁 マット切り カッター 東大門 撮影ポイント シャッター時間  世界ピンホール写真デー 浅草 露出 ACROS 都内 クレーム 半切 太陽 フードコート FUJI 大韓民国 スキャンニング 富山 スキャナ ネット予約 VANHOUTENCOCOA クリスピア ケラマ JCT フリフリ棒 プリント せんだいメディアテーク Omniscope 透明感 有楽町 沖縄 裏打ちシート テスト撮影 水中写真 水張りテープ ネガフィルム たまや桜 4x5 合成写真 マイ桜 ブレンド写真 さくら COCOA 開花 銀塩 VAN 桜プロジェクト 弘前城 青森県 携帯電話 世界ピンホールデー サンゴ 慶留間 ゲルマ 久場 教育資料館 珊瑚 箱庭 愛好者 旧登米高等尋常小学校 水中カメラ 登米 ハウジング Nikon 産卵 デジタル カメラ・ライフ 全世界的イベント スライドシャッター ポジフィルム 玄光社 ガイドナンバー GENKOSHA ワイド写真 仙台一番町ぶらんどーむ ウェスティンホテル仙台 満開 PRO160NS 定禅寺通 商店街 東北大学片平 HOUTEN 針穴のバイブル タイトル 6x6 針穴撮影 プロ仕様 Velbon ビル影 6x10 遮光板 断食 外交官の家 MAT-45P モルディブ 装てん 水上飛行機 220フィルム 立体感 吹雪 撮影方法 Flickr 気軽 玩具 パクリ 有楽町マリオン  フリッカー 宮城県 横浜市 洋光台 手袋 白手袋 シート 剥離 ダンボール  企画展 リバーサルフィルム シワ 露光 photo はりあな ピンホール写真 仙台空港 オムニ写真 photograph はりあなびと Diving 宮城県女川町 ダイビング・ステージ・アリエル 空港 弘前市 どんと祭 火祭り 風習  Dog ワンコ 青森犬 ハリアナ写真 バリ 定規 山形 建築物 高層ビル 自作 ブローニーフィルム PROVIA ホーム 秋田新幹線 こまち 絞り JPEGファイル 距離 性能 オート 環境 解説 指標 実践編 話題 秋田駅 猛吹雪 画材屋 計測 会員 秋田市 ピンホール マミヤ 日本針穴写真協会 山手町 ダイレクトプリント 土崎  エレベータ  D300 夜間 夕日 西日 タワー 日没 フジフィルム 色の三原色 露出計 定義山 撮影地 適正露出 岩出山バルーンフェスティバル 大倉ダム 監視カメラ 東京国際フォーラム 警備員 地下街 伊勢丹 シャッター 青森市営バス パネル製作 F30サイズ 水刷毛 両面接着シート 内接ジャスト ホームセンタームサシ ピクセル 新青森駅 青森駅 141ビル ヨドバシカメラ ジェラシージェラート 理科室のオルガン ハングル 地下鉄5号線 永登浦市場 金浦空港 デミグラスソース 東大門歴史文化公園 T-money 韓国 特典旅行 青唐辛子 ウィキペディア Kodak 冷麺 醤油ベース 味噌ベース 針穴集合写真 フレーム 仙台駅東口 両替 換算 オブジェ ハングル語 地下鉄 ウォン 年賀状 ファンレター 百均 毛髪 F30 有明 大黒 不具合 若林区 震度 津波 大地震 HOLGA改造カメラ 上諏訪 信濃大町 東京タワー 花火 スカイ・ツリー 明善寺(山形市) 庄司屋 善光寺 長野市 黒部ダム 室堂 有明(長野) 松本市 揺れ 地震 ネット注文 マット切断 梱包材 マットパネル加工 落とし穴 機械加工 マット加工 伊豆市長 同姓同名 Yahoo!検索 Google検索 剥離紙 スプレーのり 共同浴場 霊湯大湯 弘南鉄道 大鰐線 中央弘前 大鰐温泉 ダークバック 大阪 阿波座ジャンクション 阿波座JCT スプール マイレージ 海外旅行 レベル補正 焼き増し 印刷用紙 濃淡見本 北陸本線 デジタル処理 時間計測 衝突 接触 接写 アングル 魚津 私鉄 富山駅 富山市 松川 塩倉橋 大和百貨店 ポイント切替 欅平 新魚津 宇奈月温泉 宇奈月 鐘釣 絞り値 シャッター速度 ヒストグラム 光の三原色 プリント依頼 帯域 板そば 自動レベル補正 演目 MC7 海底砂漠 ヤシャハゼ 噺家 DVD 渡嘉敷島 ヨドバシ ヨドバシ・カメラ 蔵王 リフト プログラム・モード アザハタ ニシバマ 阿嘉島 ダイバー BCD マンジュウヒトデ 中央通り シャッター通り 渋滞 シャッターチャンス 撮影意図 ビル 使用カメラ 東北自動車道 お盆 百円硬貨 駒形橋 東京スカイツリー 高速バス 表参道 代々木上原 120 加工 マスク 遮蔽 ホームセンター New百均カメラ 露出オーバー 施設 礼拝堂 画像処理ソフト 寺院  自己採点 モノクロ ハレーション 失敗 ゴム手袋 冷房 感性 現像 富山城址公園 県庁前公園 百円ショップ 筆箱缶 点呼 プリント裏打ちシート マット紙 薀蓄 記事 マット窓 45度 押上 剥離フィルム 引き抜き用紙 リスク 吾妻橋 105mmMacro 

BLOG全記事表示リンク

「全ての記事の表示」ページ・オープン