FC2ブログ

    針穴人【 harianabito 】

皆さん!こんにちは。 '06年からの 針穴人【 harianabito 】 の活動をブログに綴って参ります。

2015/06/05珊瑚の産卵

2015/06/05ナイトダイビングで珊瑚の産卵を見ることが出来ました。

2015/06/05ナイトダイビングで珊瑚の産卵を見ることが出来ました。

伊江島、ワジー(湧出) というポイントを陸からビーチエントリーしました。

今回お世話になったダイビング・ショップは、伊江島ダイビングサービス さんです。

2015/06/05ナイトダイビングで珊瑚の産卵を見ることが出来ました。

お断りしますが、二枚ともピンホール写真ではありません。

最初の写真の機材は、RICOH WG-4 です。一昨年に購入した -14m深 まで水中プロテクターなしで持ち込めるデジカメです。

このカメラを購入した唯一の理由は、・・・先ずは、下の動画をご覧ください。



珊瑚の産卵の瞬間を 1cmマクロで撮影したものてす。

マクロ照明を点灯し、1cmの固定距離でピント合わせしています。

驚くことに、上の動画だけでも、20個以上のタマゴを一斉放出しているのが分ります。



色々ケアして戴いた、ダイビング・ショップの 湯野川さん に感謝いたします。お世話様でした。


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/06(土) 23:30:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日の水中ベスト動画

沖縄県伊江島で、2015/06/03の日中のダイビング中に、珊瑚の産卵に遭遇しました。

沖縄県伊江島で、2015/06/03の日中に珊瑚の産卵を確認しました。これはピンホール写真ではありません。

これはピンホール写真ではありません。何かモヤッとした白い霧状のものが見えるでしょう?

このモヤッとしたものが、珊瑚の小さな卵 らしいのです。

画像ではよく分らないと思いますので、動画を下に貼り付けます。僅か5秒間の動画ですので、ご勘弁ください。

私のブログでは動画アップは初めてとなります。

水中での撮影機材は、GoPro HERO3+ です。1080p SuperView 24fps で撮影したものを編集して5秒間にしています。




なお、高画質再生(HQ)をするには、FC2動画の有料会員登録が必要となります。

もう一度再生する時は、左下端の再生ボタンをクリックしてください。

わずか、5秒の動画ですが、全画面に切替えてご覧ください。


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/03(水) 23:00:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月2日・本日の水中ワンショット

2015/06/02の伊江島ダイビングでの水中写真、ワンショットです。これはピンホール写真ではありません。

2015/06/02の伊江島ダイビングでの水中写真、ワンショットです。これはピンホール写真ではありません。

今日は、ベストショットと云える水中写真はありませんでした。

それでは仕方ないので、本日のワンショットとして紹介します。

洞窟の真っ暗闇の中にいた、マツカサです。さかなの区別には、殆んど興味がない私メでございます(笑)

要するに、アカマツカサなのか、マルマツカサなのか、ナミマツカサなのか、ヨゴレマツカサなのか、ワカランということです。

この種の魚で背ビレを広げている状態を余り見たことが無く、写っていたので、コレを選んだというワケです。

恐らく、かなりユッタリとした実に穏やかな状態にいて、背ビレを広げていた・・・のではないかと思います。


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/02(火) 23:00:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月1日・本日の水中ベストショット

2015/06/01の伊江島ダイビングでの水中写真、ベストショットです。これはピンホール写真ではありません。

2015/06/01の伊江島ダイビングでの水中写真、ベストショットです。これはピンホール写真ではありません。

これを撮ったのは、夕方‏‎16:43でした。水深 -3.8m深で魚がサンゴの隙間に体を詰め込んで、外敵から身を守り、すでにお休みになっていたところを見つけて撮ったものです。

同じ写真の一部を拡大したものです。これはピンホール写真ではありません。

同じ写真の魚だけを切り抜いて拡大したものです。これはピンホール写真ではありません。

魚の表面をご覧ください。ナマ傷だらけです。可哀相に。

魚の声が聞こえてきそうです。 「これからも、ボク頑張って生きていくモン」 と。


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/01(月) 23:55:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月31日 Best Shot

沖縄県国頭郡の伊江島、二日目のベストショットです。

2015/05/31の伊江島ダイビングでの水中写真、ベストショットです。これはピンホール写真ではありません。

これは、デジカメ水中写真であり、ピンホール写真ではありません。

これで、本日のベストショットなの?

と、声が聞こえそうなので、フエヤッコダイ だけを抜き取ったものが、下の通りです。

同じ写真の一部を拡大したものです。これはピンホール写真ではありません。

最初からこのくらいの迫力あるショットが撮れていれば、プロカメラマンになっていますよ(笑)

これもデジカメ水中写真であり、ピンホール写真ではありません。

両方の胸ビレで海水を泳いでるのが良く分かりますね。

今日は、ひどい目にも合いました。

この「リュウキュウフクロウニ」の毒針に触れてしまいました(悲)

リュウキュウフクロウニ という、有毒なウニに不用意に触れてしまい、右手中指に猛烈な痛みを味わってしまいました。

突然の指の痛み ⇒ ヤバイものに触れてしまったのは確かだ! ⇒ これから痛みが増すのか? ⇒ 正しい対処方法を知る必要もある ⇒ どんなモノに触れてしまったのか? ⇒ 先ずは、ソイツを写真に写して置くことだ! ⇒ カメラでパチリ ⇒ 液晶ディスプレイを見た瞬間、あぁ、これかよ~ ⇒ と、思うものの、現物を直に見ることは出来なかった ⇒ 何故ならば、毒の塊りを見たくなかったから(笑)

という具合でした。今日の昼過ぎに刺されてから、9時間経過した今、痛みは知らない内に消えてました。

ボートの上で見たら、指先が少し切れて割れてました(恐)

9時間経過した今、若干腫れているかと思えば、そうかもしれませんが、あるいは、ちょっと熱を伴っているかも?

こんな痛みは、久しぶりです。
何故か、パニックには、全くなりませんでした(笑)


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/31(日) 21:30:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日より伊江島ダイビング

2015年5月28日に仙台空港~関空~那覇空港に移動。那覇市内に一泊し翌日、やんばる急行バス乗車し、11時本部港からフェリー乗船、伊江島到着。民宿・渚さんに宿泊。本日より、ダイビング三昧の始まりです。

沖縄県伊江島でダイビング。本日のベストショットです。これはピンホール写真ではありません。

これは、デジカメ写真であり、ピンホール写真ではありません。

移動中の29日午前に発生した鹿児島県、口永良部島の爆発的噴火には、とても驚いています。避難を余儀なくされた島民の方々の心痛を思うと辛いのですが・・・。

さて、上の本日のベストショット。魚の習性ですかね。ダイビング・ショップの方が教えてくれても、直ぐには理解できず。二度目でやっと私も分ったのですが、お分かりでしょうか?

デジカメ撮影時間とダイビング・コンピューターの記録から、水深 -21.1m での撮影でした。
使用機材は、オリンパス デジカメ XZ-2 を防水プロテクター PT-054 に入れています。いまネットで XZ-2 を検索したら、既に中古品しか売っていないのかと思ったら、未だ新品を買える様です。

水中専用ストロボは、イノン D-2000 を2灯使っています。カメラのストロボと同調を取るため、光ケーブルでそれぞれに接続しています。ざっと、こんな感じです。

ストロボの電池は、1灯当りアルカリ電池を4本入れて発光させます。ダイビング機材は、六角ネジなど、細かい部材までどれも高く、ピンホールカメラとは大違いです(笑)


【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/30(土) 19:00:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年5月慶良間ダイビングまとめ

先月 ( 2010年 5月 ) 26日から 30日、沖縄・慶良間に行ってきました。本日はそのまとめです。まとめと言ってもダイビング内容を詳細に紹介しても、読むだけで大変なので、以前に載せなかった水中写真を中心にアップして、まとめとします。

♪一人旅は気楽なもんだ~♪ということで、今回の小旅行も一人でした。沖縄・慶良間 ( ケラマ ) 行きの目的は、珊瑚の産卵を再度、この目で見てみようというものでした。しかし、結果は私が行った期間内では、産卵には遭遇できず非常に残念でした。

慶良間諸島内でも渡嘉敷島付近で産卵があったと後日の那覇市内の新聞でわかりましたが、近くの阿嘉島付近では珊瑚の産卵はありませんでした。結局、阿嘉島付近での珊瑚の産卵は、5月31日に見られた様子です。産卵時期は、海中水温とか海流とかが関係しているのでしょうか。

・・・早々水中写真アップと参りましょう。久しぶりの沖縄・ケラマでのダイビング、初日一本目は、「佐久原 (サクバル) の鼻」でした。写真 ( 左の縦長 ) は、最初に撮ったものです。

May 2010, Okinawa Kerama Diving 海上に浮かんでいる船の下から。↓右横↓
一緒にエントリーしたダイバーを配置。

May 2010, Okinawa Kerama Diving













同じ日の二本目、「久場西 (久場島の西側)」
エントリー直後の同じ様な場面。

私の住む宮城県や隣県の山形県でのダイビングでは、透明度が著しく悪くて、こんな透明感ある場面には出くわしません。それで、ついつい撮ってしまうんです(笑)

完全な洞窟ではありませんが、岩の隙間から光が差し込むポイントとのこと。外部の 2灯のストロボを OFF にして撮る様にとの指示でした。

May 2010, Okinawa Kerama Diving 水中の中層に浮いているダイバーです。装備の BCD というジャケットに空気を入れて、中層に浮くと重力感がなくなり、完全無重力状態となり、気持ちがゆったりとなります。

May 2010, Okinawa Kerama Diving













先月、沖縄からアップしたものと同じ写真です。写りこんでいるダイバーで全体の大きさが判りますね。
May 2010, Okinawa Kerama Diving May 2010, Okinawa Kerama Diving











水中での広角写真と超クローズアップ写真です。二台のカメラを水中に持って行っているのではなく、ダイビングダイビングの間の陸上休息時間にレンズや水中耐圧ハウジング・ポートなどを交換しています。ちなみに、右の隠れエビは、体長 8mmくらいだと思います。マンジュウヒトデという、丸いフランスパンの様なヒトデの裏側に隠れていたものを見つけ、拡大撮影したものです。
May 2010, Okinawa Kerama Diving May 2010, Okinawa Kerama Diving











最終日の一本目 「ニシバマ」 という慶良間では、超有名ポイントです。アザハタの根に年間通して定住している 「アザハタ」 です。常に泳ぎっぱなしは疲れるのか、時々砂地に着定してポーズを取っています。相当カメラ慣れしているアザハタ君です。右の根はエキジット点に近い場所にあります。やはり、ニシバマです。なかなか、根全体を写すのは難しいですね。かなり写した枚数の中の1ショットです。



二日半に潜った回数 (ダイバー間では使ったタンク本数で云うことが多いです)は、8本でした。合計の潜水時間は、409分間 (= 6時間 49分間) でした。平均潜水時間は、51分間。最大水深は、ニシバマでの -26m でした。海中温度は、最低 25.0℃、最高 25.9℃でした。30分間以降では 5mm厚ウエット・スーツでは、寒くて辛くなります。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
慶良間 ダイビング 渡嘉敷島 阿嘉島 水中写真 ダイバー BCD マンジュウヒトデ ニシバマ アザハタ

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/10(木) 23:50:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も慶良間でダイビング

今日も沖縄慶良間でのダイビングです。今日 2010年 5月 28日も 3本(回)ダイビングしました。珊瑚の産卵は今夜(満月・大潮)は、始まらない様です。明日の午前中でやめて那覇に夕方戻るつもりなので、今回の珊瑚産卵目的の小旅行は、目的果たせずで終わってしまいます。残念。まあ来年もありますから(昔一度、珊瑚の産卵に遭遇した事があります)いつか、デジカメ一眼( Nikon D300)に収める事もできるでしょう。

May 2010, Okinawa Kerama Diving

ぜんぜん良い写真が無かったので、海底砂漠というポイントの「 ヤジャハゼ 」一枚だけを載せて、今日もショート・エンドです。( Nikon D300 105mmマクロ+MC7 コンバータ・画像はトリミングなし )

☆ 画像編集 ( 「自動レベル補正」 のみ ) したものへ後日差し替えました。 ☆

いま針穴写真でのブローニ現像依頼していて、本日上がりでした。沖縄滞在中ですので、仙台に戻り来週( 6月 )にアップしたいと思います。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
沖縄 慶良間 ケラマ Nikon D300 105mmMacro MC7 ダイビング 海底砂漠 ヤシャハゼ

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2010/05/28(金) 21:50:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄でダイビング

今日は、久しぶりの水中写真です。
・・・と言いつつ、沖縄慶良間諸島)の慶留間ゲルマ)のペンションに来てました。今日3本(回)潜りました。下の写真は、久場西でのワン・ショットです。洞窟ではありませんが、太陽の光が岩の隙間から差し込んでいます。

May 2010, Okinawa Kerama Diving

そんな訳でちょっとの間、ハリアナはお休み。珊瑚産卵(もちろん Nikon 一眼デジカメ D300 撮影)が目的だったのですが、短期間の滞在中に産卵には遭わない様な気配がしています。
今日は珍しく、かなり短いコメントでした。・・・はるか沖縄ケラマより。

May 2010, Okinawa Kerama Diving

☆ 下のみ、画像編集 ( 「自動レベル補正」 のみ ) したものへ後日差し替えました。 ☆

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
沖縄 慶良間 ケラマ 慶留間 ゲルマ ダイビング 久場 珊瑚 サンゴ 産卵

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2010/05/27(木) 21:10:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年初潜り・宮城県女川

私の今年初潜りは1月16日でした。この日の仙台市内は昨夜からの積雪2cmの状態でした。私は今シーズン初めての雪道走行で、恐々運転するも殆んど滑らず、まあそれでも安全運転をしながら、朝寝坊してしまったので、急ぐ気持ちで市内の diving shop に向かいました。

今日の参加者は、若いIご夫婦と私の3人でした。
最近の近場でのdivingは、いつも PADI-shop 「 diving stage ariel 」(←クリックすると shop「ツアー報告」が開きます) です。

shop出発予定時刻の7時ジャストに到着し、先ず、本日の代金支払いと安全潜水宣言書(?)他にサインしてから、慌しく、shop女性インストラクター運転によるshopのワゴン車に乗り換え、高速道路利用し、石巻市を経由して女川町へ向かいました。


今年の初潜り・女川(石浜)この日の気温は仙台市でも最高2℃だとか。はっきり言って寒いです。

こんな日にダイビングだなんて信じられません(笑)

しかも、このshopのネット記事では10℃を正月に切ったらしく、辛い一日となるかも知れません。

それでも太陽は眩しく降り注いでいます。これで風が吹かなければ、最高なんだけど・・・。

現地着は9時半過ぎでした。

タンクやdiving機材やカメラ類をエントリー近くの堤防脇へ運び準備開始です。

先ず、スーツを着る前にトイレを済ませます。
ダイビングをするとトイレが近くなります。水圧と寒さからトイレが近くなると云われています。

このブログではdivingに詳しくない方も見てますので、diving時の衣服の紹介をします。



今年の初潜り・女川(石浜)diving用下着、その実態は、スキー用アンダー・ウェア(mont-bell)上下を着ています。

これは保温性が高く自分の体温で暖かさを保ちます。

その上に、下はスポーツ・ジャージを着ます。
上は、長袖のポロシャツ類を2枚重ね着します。
厚手の靴下は、昔スキーで使ったものを2枚重ねています。

でも、2枚重ねても全然暖かくなりません。暖かいイメージだけです。

ある人は、ホッカイロを肌着に付けたりしますが、私は付けません。ホッカイロは空気に反応して暖かくなるので、余り空気をスーツ内に入れない私の場合は、殆んど反応せずに暖かくならないのです。


つぎに、ネオプレーン3.5ミリ厚のドライ・スーツを着ます。



今年の初潜り・女川(石浜)これを着ると衣類は基本的に濡れません。

それでも色々な理由で濡れることがあります。これを水没と云います。

私の場合も左足膝近くで毎回水没しています。原因はウニの刺(トゲ)を刺してしまったことがある為です。

修理を依頼すれば補修は可能です。修理費が掛かりますが・・・。首と両手の部分が、きつく作られている為、首はかなりの苦しさを覚えます。頭に血が回らないのでは?と心配してしまうくらいです。水漏れを防ぐ為なので我慢します。

さらに、その苦しい首部分では、内側に数cmゴムを折り曲げます。

スーツを完全に密封させる部分として、背中に大きなジッパーが付いています。



今年の初潜り・女川(石浜)体への吸気口(空気タンクとホースで接続します)は胸の中央にあります。

排気口は左肩と左手ひじの中間にあります。余分なドライスーツ内の空気をこの排気口(バルブ) から外(海中など)へ排気します。両足首に750gのアンクル・ウェイトを付けます。これは足側に空気溜まりが出来ても足だけが、フワッと浮かない様にするために重りを付けておく事で抑える働きがあります。

頭部に5mm厚のフードを被ります。顔の部分だけが切り取られていて、耳と首と頭部が直接海水に触れない様にします。

特にドライスーツの首部分にフードを重ねる箇所はマクれていないか、ダブついていないか 、両手で確認します。少しでも重なりが変だとその隙間から海水が首に入りゾクゾク感が止まりません。

次に左腕にダイビング・コンピュータをセットします。



今年の初潜り・女川(石浜)私が使っているのは、プロ・アラジンというもので、かなり以前に海外の空港で買ったものです。 空気タンクの残圧が表示されます。プロ・アラジンは海水に反応して自動的に起動します。

左手に5mm厚のグローブをします。右手は未だグローブは付けません。右手は色々な細かい準備のために外しておきます。 左手首にCASIOのダイバー時計を付けます。そして、divingスタート・モードにセットします。

次はスノーケル付きのマスク(水中ゴーグル)を頭の後ろにベルトをかけて被ります。ベルトがヨレテいないか手で確認します。マスクが顔にフィットしているかも確かめます。私のマスクには近視のレンズが付いています。

私の場合、その次はウエイト・ベストを着ます。これはちょっと判り辛いですが、要するに鉛の重り玉をベスト状のものに セット出来るようになっているものを背負い込みます。私はこのベストに8kgのウエイトを付けます。これが重くて大変です。よっこいしょ、と。

そしてBCDというdiving専用ジャケットを着ます。このジャケットには空気タンクが取りつけられる様になっています。これを背負うと、もう大変です。重い~!となってしまいます。

最後に、右手にグローブをはめて、陸上での準備は完了です。 あ~、やれやれ。という感じです。

これから苦しい(?)Divingの始まりです。



ちなみに、この日は、1本目に69分、2本目は70分DIVEでした。水温8℃で。あ~寒い(笑)



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
針穴人 harianabito はりあなびと photograph 水中写真 ダイビング Diving 仙台市 ダイビング・ステージ・アリエル 宮城県女川町

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/19(火) 07:30:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
今年も 針穴人【 harianabito 】 として、よろしくお願いします。

年明け前に、近くの神社へ元朝参りに出掛けました。"一番祈祷" と云うのでしょうか。
23時40分くらいに神殿に入り、年が明けるのを静かな気持ちで待ちます。

今年は例年になく正座でのシビレが極端にならず、不思議な年明けでした。
何か良いことがありそう?!



昨年暮れに探し出したサイト(※)の操作方法を今一度説明したいと思います。

(※):このサイトは、Yahoo!検索で「Photoshop 無料」と入力し報道記事を見つけました。最初の表示ページは不思議なディスプレーとなっていて、落ちてきたスナップ写真を上に押し上げると写真がジャンプします。一度やってみると面白さが分かります。それと、HPの表示が毎回違うのは何故なんでしょうか。   

年末のダイビングの Nikon D300水中写真5枚をアップしました。
ネット上の画像処理機能でクリアな色彩に調整してあります。シャープ度も調整変更してあります。

外部サイトの紹介とアルバムの開き方やスライドショーなどの基本操作のみを説明します。
http://harianabito.photoshop.com/
↑ ここをクリックすると新しいウィンドウで外部ページが開きます。

随時、水中写真・針穴写真をこのアルバムに貼り付けて行きたいと思います。

外部ページが開き、ホンの少し待ちますとアルバムらしきものとなります。
(ログインから設定まで全部英文だったので、動作がいまいち解りません。)

【 操作手順の説明画像3枚を 2010/0508 差替え変更しました。 】

操作手順の1として「 harianabito's Gallery 」 の左側の「下向き▼ボタン」をクリックします。下の箇所です。
http://harianabito.photoshop.com/ 操作方法-1

「All Albums」のアルバムが表示されました。マウス(矢印)を当てるとアルバム外枠が白く変化します。
http://harianabito.photoshop.com/ 操作方法-2

アルバムの写真をダブルクリックすると、アルバムが開いて写真が表示されます。
http://harianabito.photoshop.com/ 操作方法-3

写真をダブルクリックしますと、写真が拡大表示されます。
右上端の「最大画面表示にするボタン」をクリックしてフルスクリーンとなります。



3Dスライド・ショーがとても特徴的なサイトです。
【 操作手順の説明画像を 2010/0508 下に一枚追加しました。 】

http://harianabito.photoshop.com/ 操作方法-5

私が設定した「 Take Your Shot 」という曲がエンドレスで流れます。設定時は10曲の中から選ぶことが出来ました。1曲30秒間視聴してどれにするか決めます。

このサイトは、アメリカの Adobe が運営している基本的な部分は無料のサイトです。IDも簡単に取得できました。アメリカ国内限定?の表示がされた様にも思えましたが大丈夫でしょうか。

Photoshop は昔から使っていて慣れ親しんでいるソフトです。細かい機能は知りませんが、多用する機能はこのサイト内で十分処理できます。数値的な設定ではなく視覚的な選択や設定が中心となります。

画像ファイルを2GBまで無料で保存することが出来ます。未だアップしていませんが、動画も殆んどの形式で取り扱える様です。アップした画像をネット上の無料の画像処理ソフトで加工して保存しアルバムにも保存して公開できます。無論全くのプライベート・スペースとして非公開でも構いません。

画像処理ソフトはパソコンでの内部メモリを大きく使います。DVD内部ドライブを持たないノート・ブックでメモリを軽くして使用したい場合などに有効でしょう。2GB以上が必要な場合は有料対応となります。

Flickr などのサイトから画像コピーが出来ます。このサイトにログインしていて、私の Flickr サイトにも同時ログインしたところ、Flickrの写真枚数が表示されて一時慌てましたが、自動取込み動作はなかったので安心しました。

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/01(金) 16:37:55|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうひとつの趣味を再開しました

いよいよ一年の最終日となり、あと数時間で新年です。
一年って早いですね。

と、云いつつ、年の最後の日に全く新感覚のサイトを見つけ、デジカメ一眼レフ水中写真をアップしました。12月下旬のダイビングでの5枚を載せました。ご覧下さい。画像閲覧サイトの紹介とダイビングについての説明をします。

http://harianabito.photoshop.com/
 ↑ ここをクリックすると新しいウィンドウで外部ページが開きます。

(ログインから設定まですべて英文だったので、操作方法や動作がイマイチ解りません。)

少し待つとアルバムらしきものが表示されます。先ず中央部少し上の「 harianabito's Gallery 」の左側の「下向き▼ボタン」をクリックします。「All Albums」のアルバムが表示されます。アルバムの写真をダブルクリックするとアルバムが開きます。一番左端の写真をダブルクリックすると、拡大表示されます。

画面右上端の「最大画面表示ボタン」をクリックすると、フルスクリーンとなります。

操作ガイド

①~③がスライドショーです。3通りの動作があります。音楽も流れます。
①のボタンでの3D表示のスライドショーが新鮮で面白いと思います。

④は平面的な手動の写真送りモードです。
画面表示サイズ切替ボタンが3つあります。

ファイル・ダウンロードは出来ない様に設定してあります。



続いて、ダイビングの説明です。

今年1月以来全然してなかったダイビングを12月23日(祝)に再開し、3本潜って経験本数を700本としました。27日(日)にも2本潜りました。場所は、宮城県牡鹿郡女川町で、ポイント名は「石浜」(いしはま)です。防波堤の外側がエントリー地点です。当日は、磯焼け調査も兼ねた特別許可を得てのダイビングでした。

陸上4~6℃、海水温度11℃なので、30分くらいまでは、海の中の方が暖かく感じます。30分過ぎからは、急に寒くなり、カメラ被写体が見つけられないと厳しい寒さが体を覆います。それでも平均1時間前後のダイビングです。水深は最大で12mくらいなので初心者向きかも知れません。

ドライ・スーツ着用です。ダイビング・スーツの下には、スキー用の上下の下着に下はジャージ。上半身は厚手の長袖ポロシャツを約2枚重ね着します。あるいは上下ツナギの防寒着だけの人もいます。

頭には5ミリ厚のフードを着用し、5ミリ厚の5本指のグローブをします。両足首にそれぞれ750gのウェイトを着け、ウェイト・ベストに2キロ玉のウエイトを4つ入れます。そして潜水用ジャケットの左右ポケットにそれぞれ1kgのウエイトを入れてます。全部で11.5kgの(鉛の)ウエイトとなります。

~ジャーン!ウエイトや機材が重くてつらいダイビングの始まりです!~

・・・と思いつつ、10リットルの鉄の空気タンクを背中に背負います。

10リットルに200倍の圧縮空気が入っていますので、2000リットルの空気を海の中で吸う訳です。10m水深では気圧が倍となりますので、陸上の吸気量の2倍の空気を肺に取り込むため、実際は1000リットルの空気を使ってダイビングするわけです。

一眼レフのデジカメ Nikon D300に105ミリ・マクロレンズを付け、防水水圧に足りる耐蝕アルミ合金鋳物の水中ハウジングに入れて海の中に入ります。水中ストロボを2灯付けます。左右からストロボを発光させることで被写体に影が出にくくするというウンチクです。

海水にエントリーするまでが辛く重い足取りですが、海の中に入れば浮力がドライスーツやらフードやらグローブなど色々と出て無重力状態となります。正確に言えば、無重力に対して「若干のマイナス」状態となります。ドライ・スーツの中にエアーを入れたり排気したりして浮力の調整をします。これによってホバーリング状態を作り出すわけです。

そんなわけで・・・

~自分の身もウエイトも機材もカメラも何もかもがフワフワと浮いて、楽しいダイビングの始まりです!~

私は女川・石浜のポイントに140回くらい潜っていますが、何処にどんな生物がいるか未だ分かりません。暗くて見通しが利かない為でしょうか。今回アップした「赤いダンゴウオ」も「ナメフウセンウオ」も自分では探し出せません。ガイドをしてくれるショップのインストラクターの方から教えてもらうしかありません。

岩場に貼り付いている「ナメフウセンウオ」は、10cm前にいても見つけられません。同色化して隠れている魚だからです。「赤いダンゴウオ」は、ホヤの上に乗っていたところをガイドの人が見つけてくれました。魚の下ヒレが吸盤となっていてホヤの表面に貼り付いています。上下逆さまでジッとしていましたが、何をしているんでしょうか。ダンゴウオ・スペシャリティーという資格を取ったのですが、生息生態は謎だらけです。


テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2009/12/31(木) 19:30:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうひとつの趣味

このブログは針穴写真がメインです。
もうひとつの趣味、それは水中写真です。近い将来は、別ブログに移動すると思います。記事がまとまって来て、針穴写真か水中写真か、どっちのブログか判らなくなってしまったら、そっくり水中写真の方を移動させるつもりです。 それまでの間、こんな写真の世界もあるんだなぁと眺めて下さい。

私とダイビングの始まりは、確か1992か93年でした。いわゆるオープン・ウォーターっていう資格を取りました。この資格がないと基本的には海に潜れません。ダイバーの中には無資格でやっている人もいます。海外などに出掛けているリゾート・ダイバーなどにそういう人がたまに居ます。つまり、リゾート・ホテルなどで体験ダイビングをして気に入ったものの、国内でお金をかけてきちんとライセンスを取得するのは面倒だし、海外のリゾート・ホテルで「おなじみさん」として潜れるんだし、という人がそれに当たります。
私の隠れ家
話しがそれてしまいました。針穴写真は、私での頭の中では水中写真にとても似ています。

水中写真を撮ろうとした時、いわゆるバカチョン的カメラで、とりあえずは写ります。陸上で使い慣れたコンパクト・デジカメを水中に持って行くのであれば、カメラ・メーカー製のハウジングを購入する必要があります。
そうすれば、「写った!」ということにはなります。
きちんと写そうとすれば、それなりの準備と工夫と撮影テクニックが必要となります。水中では、オートフォーカスが利く様で利かないというのが現実です。初心者はオートフォーカスという機能を過信し過ぎます。フォーカス・ロックしても写している本人が水中で微妙に動いてしまいます。また、写そうとする魚も動きます。そういう事を踏まえて、フォーカス・ロックのあとに、カメラを前後させて(あるいは自分の体を前後させて)ファインダー内で被写体に正確にピントが合わせる様にしなければなりません。

そうやって撮った写真が上の写真です。これは、C-770UZというデジカメで撮った様に記憶しています。レンズの前にクローズ・アップ・レンズを2枚付けています。ホヤの上にちょこんと乗っていたダンゴウオという小さな魚を見つけて撮りました。

わたしって綺麗?
上の写真は、沖縄で撮ったモノです。とても奇妙な形をしたエビですか?カニですか?これも小物です。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2008/09/29(月) 01:18:44|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

針穴人【 harianabito 】

Author: 針穴人【 harianabito 】
仙台市青葉区 在住
male ・ wife, 2-sons, 1-daughter


針穴写真暦 9 年
日本針穴写真協会 会員
杜の都針穴写真部 所属

harianabito[@]infoseek.jp まで[ ] を外してお便り下さい

☆...その他にこんな事も...☆
水中写真暦 21 年
ダイビング暦 780 本
( 水中滞在 653 時間 )
Digital一眼レフ・水中世界(Flickr)

【 '13/06/15 針穴と水中写真 】Joint-Site
  針穴写真・掲載中
  水中写真・掲載中
http://www.adoberevel.com/

FC2カウンター

〔 作者 : きゃぴ堂

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

携帯電話でもご覧になれます!

QR

最新記事

BLOG特集記事のご案内

写真額装の考え方 1 2 3 4 5
写真額装の全作業 1 2 3 4
マットパネル加工 1 2
針穴写真機の製作 1 2 3
針穴の撮影方法 1 2 3 4
Omniscope製作 1 2 3 4 5 6
ふたつの栄螺堂 1 2 3 4 5 6
はまぎん作品紹介 1 2

カテゴリ

ぴあ映画生活ページ紹介 (14)
最近見たシアター映画 (13)
2015年 針穴写真 (9)
宮城県 (7)
山形県 (1)
2014年 針穴写真 (2)
2013年 針穴写真 (13)
宮城県 (1)
埼玉県 (1)
東京都 (3)
群馬県 (4)
2012年 針穴写真 (31)
宮城県 (4)
東京都 (11)
神奈川県 (3)
群馬県 (2)
新潟県 (3)
長野県 (1)
2011年 針穴写真 (29)
青森県 (2)
岩手県 (1)
宮城県 (7)
山形県 (1)
東京都 (4)
神奈川県 (1)
群馬県 (1)
長野県 (2)
富山県 (1)
大阪府 (2)
2010年 針穴写真 (46)
秋田県 (2)
宮城県 (13)
山形県 (1)
東京都 (5)
神奈川県 (1)
富山県 (4)
大韓民国(SEOUL) (4)
2009年 針穴写真 (25)
青森県 (5)
宮城県 (3)
福島県 (3)
2008年 針穴写真 (8)
水中写真 (13)
未分類 (5)

BLOG内検索で即JUMP!

リンク

日本針穴写真協会

針穴友の会  針穴友の会

このブログをリンクに追加する

問合せ入力ページへ

下記URLをクリック下さい。針穴人【 harianabito 】への問い合わせ入力ページに移動します。

http://form1.fc2.com/form/?id=512228

針穴のこと、自作カメラのこと、水中写真のこと、ダイビングのこと、何でもお問い合わせ下さい。日本針穴写真協会への加入方法、杜の都針穴写真部の活動についてもご案内します。

月別アーカイブ

最新トラックバック

<< 今日のハリアナ写真 >>

<< 東北の風景 >>
Powered by BlogPeople

ユーザータグ ( 2010/1/8~ )

PRO160NC ハリアナ ブローニ トリミング カメラ 針穴写真 harianabito ダイビング 慶良間 写真展 百均カメラ フィルム 仙台市 撮影 三脚 額装 針穴人 WPPD ソウル 仙台 針穴 パーマセルテープ ピンホールカメラ 広角 裏打ち JPPS 自作カメラ 新宿 写真 デジカメ BLOG 木製パネル ブログ 撮影時間 モニュメント 全紙 富山地方鉄道 スーパーファイン フリフリ バックシート 富士フィルム 天然ゴム ラテックス 杜の都針穴写真部 額縁 マット切り カッター 東大門 撮影ポイント シャッター時間  世界ピンホール写真デー 浅草 露出 ACROS 都内 クレーム 半切 太陽 フードコート FUJI 大韓民国 スキャンニング 富山 スキャナ ネット予約 VANHOUTENCOCOA クリスピア ケラマ JCT フリフリ棒 プリント せんだいメディアテーク Omniscope 透明感 有楽町 沖縄 裏打ちシート テスト撮影 水中写真 水張りテープ ネガフィルム たまや桜 4x5 合成写真 マイ桜 ブレンド写真 さくら COCOA 開花 銀塩 VAN 桜プロジェクト 弘前城 青森県 携帯電話 世界ピンホールデー サンゴ 慶留間 ゲルマ 久場 教育資料館 珊瑚 箱庭 愛好者 旧登米高等尋常小学校 水中カメラ 登米 ハウジング Nikon 産卵 デジタル カメラ・ライフ 全世界的イベント スライドシャッター ポジフィルム 玄光社 ガイドナンバー GENKOSHA ワイド写真 仙台一番町ぶらんどーむ ウェスティンホテル仙台 満開 PRO160NS 定禅寺通 商店街 東北大学片平 HOUTEN 針穴のバイブル タイトル 6x6 針穴撮影 プロ仕様 Velbon ビル影 6x10 遮光板 断食 外交官の家 MAT-45P モルディブ 装てん 水上飛行機 220フィルム 立体感 吹雪 撮影方法 Flickr 気軽 玩具 パクリ 有楽町マリオン  フリッカー 宮城県 横浜市 洋光台 手袋 白手袋 シート 剥離 ダンボール  企画展 リバーサルフィルム シワ 露光 photo はりあな ピンホール写真 仙台空港 オムニ写真 photograph はりあなびと Diving 宮城県女川町 ダイビング・ステージ・アリエル 空港 弘前市 どんと祭 火祭り 風習  Dog ワンコ 青森犬 ハリアナ写真 バリ 定規 山形 建築物 高層ビル 自作 ブローニーフィルム PROVIA ホーム 秋田新幹線 こまち 絞り JPEGファイル 距離 性能 オート 環境 解説 指標 実践編 話題 秋田駅 猛吹雪 画材屋 計測 会員 秋田市 ピンホール マミヤ 日本針穴写真協会 山手町 ダイレクトプリント 土崎  エレベータ  D300 夜間 夕日 西日 タワー 日没 フジフィルム 色の三原色 露出計 定義山 撮影地 適正露出 岩出山バルーンフェスティバル 大倉ダム 監視カメラ 東京国際フォーラム 警備員 地下街 伊勢丹 シャッター 青森市営バス パネル製作 F30サイズ 水刷毛 両面接着シート 内接ジャスト ホームセンタームサシ ピクセル 新青森駅 青森駅 141ビル ヨドバシカメラ ジェラシージェラート 理科室のオルガン ハングル 地下鉄5号線 永登浦市場 金浦空港 デミグラスソース 東大門歴史文化公園 T-money 韓国 特典旅行 青唐辛子 ウィキペディア Kodak 冷麺 醤油ベース 味噌ベース 針穴集合写真 フレーム 仙台駅東口 両替 換算 オブジェ ハングル語 地下鉄 ウォン 年賀状 ファンレター 百均 毛髪 F30 有明 大黒 不具合 若林区 震度 津波 大地震 HOLGA改造カメラ 上諏訪 信濃大町 東京タワー 花火 スカイ・ツリー 明善寺(山形市) 庄司屋 善光寺 長野市 黒部ダム 室堂 有明(長野) 松本市 揺れ 地震 ネット注文 マット切断 梱包材 マットパネル加工 落とし穴 機械加工 マット加工 伊豆市長 同姓同名 Yahoo!検索 Google検索 剥離紙 スプレーのり 共同浴場 霊湯大湯 弘南鉄道 大鰐線 中央弘前 大鰐温泉 ダークバック 大阪 阿波座ジャンクション 阿波座JCT スプール マイレージ 海外旅行 レベル補正 焼き増し 印刷用紙 濃淡見本 北陸本線 デジタル処理 時間計測 衝突 接触 接写 アングル 魚津 私鉄 富山駅 富山市 松川 塩倉橋 大和百貨店 ポイント切替 欅平 新魚津 宇奈月温泉 宇奈月 鐘釣 絞り値 シャッター速度 ヒストグラム 光の三原色 プリント依頼 帯域 板そば 自動レベル補正 演目 MC7 海底砂漠 ヤシャハゼ 噺家 DVD 渡嘉敷島 ヨドバシ ヨドバシ・カメラ 蔵王 リフト プログラム・モード アザハタ ニシバマ 阿嘉島 ダイバー BCD マンジュウヒトデ 中央通り シャッター通り 渋滞 シャッターチャンス 撮影意図 ビル 使用カメラ 東北自動車道 お盆 百円硬貨 駒形橋 東京スカイツリー 高速バス 表参道 代々木上原 120 加工 マスク 遮蔽 ホームセンター New百均カメラ 露出オーバー 施設 礼拝堂 画像処理ソフト 寺院  自己採点 モノクロ ハレーション 失敗 ゴム手袋 冷房 感性 現像 富山城址公園 県庁前公園 百円ショップ 筆箱缶 点呼 プリント裏打ちシート マット紙 薀蓄 記事 マット窓 45度 押上 剥離フィルム 引き抜き用紙 リスク 吾妻橋 105mmMacro 

BLOG全記事表示リンク

「全ての記事の表示」ページ・オープン