FC2ブログ

    針穴人【 harianabito 】

皆さん!こんにちは。 '06年からの 針穴人【 harianabito 】 の活動をブログに綴って参ります。

横浜でハリアナ

今日のハリアナは、今年(2010年) 3月14日に横浜でハリアナした時のものです。実は、以前にもこの BLOG でも紹介した針穴画像があるのですが、今日のは、その他に撮った写真もあるので、一挙に紹介してしまおうというものです。
Yokohama's Monument
←この写真は、まもなく「日本針穴写真協会 針穴写真展2010」で一般公開されます。開催期間は、8月11日(水)~ 8月15日(日)で、都内 江東区文化センター の展示室と展示ロビーがその会場です。入場料無料でどなたでも入場できます。
Yokohama's Monument (More)
右の→写真は、フィルム撮り始めのショットです。いちおう最初のショットで 横浜ランドマークタワー に敬意を表して(?)写真の中央に配置しようかと思ったのですが、どうでしょうか。

使用したカメラは、百円ショップで購入の筆箱缶を改造したもので、フィルムは FUJI PRO160NC という今では販売されていないカラー・ネガフィルムで、撮影時間は 10秒でした。撮影したモニュメントは、横浜ランドマークタワー の東側にあります。

針穴は、現像上がりがどんな感じに写っているか、未知数の部分が多い様に思えます。逆にそれが面白い部分でもある訳で、自分の狙いの写真の通り撮れると言うのは、ちょっと難しいと思っています。

Yokohama's Monument (More) Yokohama's Monument (More) Yokohama's Monument (More) こういう風に写真に写したいんだけれど・・・と思っても、現像上がりのフィルムを見ると入れたい部分は入っているものの、こじんまりと写ってしまっていて、迫力に欠けてしまった、ということが良くあります(笑)

かと云って、同じアングルでさらに寄って撮り直して置くというのも、芸がない様な気がします。感性で一枚一枚を撮っていき偶然の結果を求めるというのがハリアナらしいと最近思うのです。

Yokohama's Monument (More)

今日のハリアナ写真は、全部 2010年 3月14日撮影で、モニュメントフィルム一本撮り切ってしまっています。あの頃は、そうだったのでしょうか(苦笑)

Yokohama's Monument (More)

横浜ランドマークタワーの建物で隠れていた太陽が、3枚目から急に現れて太陽光がモロに入ってしまい、ハレーションだらけの写真となってしまいました。太陽を直接フィルムに入れない様なアングルもあったと思うのですが、意識的に入れていることが、うかがい知れます。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ハリアナ BLOG 百円ショップ 筆箱缶 PRO160NC モニュメント フィルム 現像 感性 ハレーション

スポンサーサイト



テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/07/19(月) 23:50:00|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年WPPDに向けて・・・

4月1日は新年度の始まりだとか・・・

私にはそれは何んら関係せず、今日のハリアナはWPPDの事をお話しましょう。

ハリアナとWPPDは深~い関係にあります。WPPDとは日本語では「世界ピンホール写真デー」なのです。普段は少し略して「世界ピンホールデー」とか云っています。私は2007年、2008年、2009年の過去3回参加しています。

世界ピンホールデー」とは何んなのか、まだご存知ない方に向けてご説明しましょう。全世界的規模の開催イベントで、参加料は毎年無料です。開催日は毎年・4月の最終日曜日となっています。今年は4月25日(日)です。世界各国での午前0時0分00秒から23時59分59秒の間にピンホール・カメラで撮った写真をインターネット上に登録(5月末までにアップ・ロード)し掲載されて、ピンホール・デーを共に楽しみましょう!!という企画イベントです。

それの何が面白いのでしょうか。世界中のピンホール愛好者がこんな写真を撮りましたよ~!って互いに同じネット・ページで見せ合うことが喜びそのものなのです。各自の毎年のハリアナ写真がネット上に残り続けることになります。賞も順位もありません。互いの評価もコメントも投票もありません。各自のブログやフリッカーに載せましたよ~って、書いて楽しんでいるだけです。

あの年はあのカメラで、あの場所で、どんな環境下で撮ったのか、各自のメモリアル的イベントです。



私の過去のWPPD参加作品を紹介しましょう。

初参加の2007年は、インスタント・フィルムで撮りました。近くの喫茶店内で何んと1時間15分も撮っていた様です。いま考えれば驚きですが、当時は真剣にそれだけの時間が必要なんだと思い込んでいたのでしょう(笑)

WPPD2007

当時は「世界ピンホールデー」のそのものは知っていましたが、私にとって縁遠い感じがしていました。WPPD開催日に撮った写真は、この1枚だけだったので、アップするか、迷ったりしました。あまり良い出来ではありませんでした。その喫茶店(仙台市青葉区米ヶ袋にある「茶茶」というお店)のママに撮ったインスタント・フィルムをすぐに差し上げてしまいました。

周りの人からの勧めもありWPPDページにアップしたものが、ネット上に残っています。同じ写真ですが → こちら ← です。私は仙台市内にお住まいのプロ写真家の黒田克夫さん(現在・日本針穴写真協会 東北支部・支部長)に針穴写真の撮影の基礎を学びました。この年のWPPDで使った針穴カメラの針穴も作って戴いたこともあり、その旨コメントを添えました。



2008年は、オール自作カメラで撮りました。その頃、まだブローニ用のカメラを持っていませんでしたので、4×5フィルム・ホルダ利用のカメラでした。前日?本当はその日になってから何とか完成した自分では多少なりとも完成度の低いカメラでした。4×5に8個の針穴部があり、確か5種類の広角の違いがあるという変わり種のカメラでした。事前に光漏れがないかなどのテスト撮影もして、いきなり本番という訳ではありませんでした。写真の中に同じアングルからの写真が8つ入っているというものになりました。

WPPD2008

いま考えると、同じカメラ位置から撮って「広角具合いの違い」を画面上で示したかったのでは?というコダワリがあったのかとも思えます。あの日の午後は、急に雲の間から太陽が顔を出し、慌てて減光用の ND4フィルター を各針穴の前にセット(何んと手持ち!)して個々にシャッターを切った事を思い出します(笑) 今だったら、事前にISO感度の低いフィルムを用意するとか、別の手段を考えるかも知れません。
ネット上にアップしたものが → こちら ← です。

写真は「The 8 Grapes at GIZAN」というタイトルにしました。GIZANとは山形県の銀山温泉です。8つの葡萄・・・何ンのこっちゃぁ?!
背景と写真を反転させ想像して見て下さい。葡萄の実が8粒あるのが判りますか~? 今でもその時に使ったアダプターが、かなり変形してますが残っています。

この写真をいまじっと見ていると、まず気が付くのが写真の中央の丸い画が一番望遠となっているのが判ります。次に温泉街の中央に流れる川(写真では掘割にしか見えません)を見る角度が写真の上方の2つの画と下方の3つの画で大きく異なっています。これにより撮影時には上下が逆に撮影されていることが理解できます。



2009年(去年)は、仙台市内の仙台文学館での撮影でした。屋外撮影でしたが、一応施設からの撮影許可はもらいました。
このブログにもその時の詳しい記事は残っています。「WPPD2009」 という撮影状況の記事と 「WPPD投稿エントリーしました」 という記事です。

WPPD2009

この写真は、日本針穴写真協会の中島さんから戴いたキャノン製のCX-60というX線用カメラを針穴に改造したもので撮っています。急に太陽が出て良いショットとなっていますが、実は、太陽が出る前にブローニ・フィルムをすでに2本くらい撮ってしまい、そろそろ帰ろうかと思っていた矢先に太陽が出たことを覚えています。



今年の「世界ピンホールデー」は、どんな写真をアップすることが出来るでしょうか。新作の自作カメラを製作し臨むつもりです。撮影フィルムは、4×5で6×6にトリミングしようかと考えています。針穴部は2箇所です。オムニ系の変形タイプというところでしょうか。

主材料は、VHココア缶です。私も会員となっています JPPS日本針穴写真協会)会員(と思われます・未だお逢いしたことがありません)xiao_shan さんBLOG ページに「・・・カメラ化のために設計されたんじゃないかと思ってしまいます・・・」と書いてあり・・・
xiao_shanさん「VAN HOUTEN ANAMORPHIC CAMERA」http://www.flickr.com/photos/xiao_shan/1374548363/
BLOG 内に三脚に固定され撮影状況が載っていたことを覚えていました。これを書きながら、フリッカー・ページを探しましたところ、その画像を見つけましたので無断で掲載します。こういうことをする為にトラックバックがあるということらしいのですが、承認を得る前に、写真タイトルは変えずに掲載させて戴きました。【後日、写真掲載をご了解いただきました。xiao_shanさん、ありがとうございました。】

完璧なパクリ・カメラでは申し訳ありませんので、ちょっと違う感じに作る事が出来れば、と考えています。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
WPPD 世界ピンホール写真デー 世界ピンホールデー 愛好者 JPPS 日本針穴写真協会 BLOG カメラ フィルム トリミング

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/04/01(木) 23:45:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真額装 ~その3~ マット切り作業(1)

今日のハリアナは昨日に続き、写真額装 ~その3~ マット切り作業 です。

マット切り作業は、額装となる額縁をどういうTYPEのものにするかと云うことに関係して来ます。私が所属している杜の都針穴写真部で昨年開催された写真展で額縁を統一しようという事になり、部員のE藤さんの呼びかけのもと決まった型番の額縁を今でもそのまま愛用しています。それは 富士フィルム アルミ(金属)額縁A29 という製品です。私が利用しているカメラ量販店では全紙サイズの A29 額縁は3,960円です。

フレーム色をブラックに、マット色を濃鼠(コイネズ)に統一するため、軽量TYPEの額縁としてアルミ額縁を選択したものです。今回の様に仙台から横浜市へ配送依頼を出す時に持ち運び易くて助かります。いつまでもこのA29を使い続けるかは分かりませんが、この型番で話を進めます。

また、A29 という製品の額縁には チクマ 製のマットがそのまま使えるということで、今では何も考えずに チクマ 製の「抜無マット」をカメラ量販店から買って来ています。価格は全紙マット1枚808円です。



自分でマット切りをやり始める迄は、私には到底「無理」と考えていました。最初の頃の額装画材屋さんに何から何まで全てお任せしていました。良いものにする為にはお金が掛かるものです。いま考えると目が飛び出るくらいの費用が掛かっていたのです。

次の段階はマット切りだけを外注依頼するというものでした。チクマ でもマット購入・マット切り含めてオーダーを出せます。ただし、端から30cm以上取らなければオーダーは受けられない等の制約があります。納期に2週間必要というものでした。街のホームセンターでも同じ様にマット切りを外注出来ますが、その店でマットを購入しないとダメな様なのです。(マット切り費用だけでは商売になりませんから、当たり前と云えなくもない・・・。)

自分でマット切りを始め出したのは、外注納期までの時間がないので自分で切るしかないという状況下の選択でした。最初の失敗はかなり辛いものがありました。その失敗が50cm定規を2本つないで1m定規にするというアイディアを生みました。



今回作業した、全紙6×6プリント用マット切りの話しに戻りましょう。

昨日の話題で計測した写真プリントの四辺の寸法記録を出してください。まれにプリントでの不具合で上下の寸法の不一致、左右の寸法の不一致で(極端なことを云えば)菱形になっている場合がありますので、正方形となるプリント寸法を割り出します。

次に、マットの窓寸法よりもプリント・サイズは10mmくらいの「重なり(かさなり)」が必要とされています。私は(先ほどの正方形となるプリント寸法に対して)1箇所4~5mmの重なりで考えています。左右あるいは上下で2倍となり8~10mmの重なりを考えています。

私は、単純ミスをしないようにA4用紙などにマンガというか略図を書きながら寸法を書きとめています。一度切ってしまったマットは、後で間違いに気が付いても元には戻らないのです。(当たり前か)

私なりの「マット切りの環境」を少しだけ示して、続編は次回とします。
マット切りの環境
←A4カッター・マットを3枚机に並べパーマセル・テープ(以下勝手に「Pテープ」と略)で固定します。透明な50cm定規2本をPテープでつなぎ1m定規とします。

マット(紙)をカッター・マットの上に置き、その上に1m定規を載せた状態で1m定規の両端をカッター・マットにPテープで固定します。写真はマット(紙)を取り除いた状態です。

カッター・マットは3枚で630円でした。50cm定規2本で1,344円しました。1m定規はプリント寸法の計測などでも使いますのでメーカー品を購入しています。定規端の目盛がない部分は5mmずつあり、2本で10mmとなっています。マット切り用のカッターは、NTカッター製のMAT-45Pというものを使っています。1,890円しました。パーマセル・テープは1,110円でした。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
額縁 額装 杜の都針穴写真部 カッター 定規 MAT-45P 計測 harianabito BLOG 画材屋

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/24(水) 23:15:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

針穴人【 harianabito 】

Author: 針穴人【 harianabito 】
仙台市青葉区 在住
male ・ wife, 2-sons, 1-daughter


針穴写真暦 9 年
日本針穴写真協会 会員
杜の都針穴写真部 所属

harianabito[@]infoseek.jp まで[ ] を外してお便り下さい

☆...その他にこんな事も...☆
水中写真暦 21 年
ダイビング暦 780 本
( 水中滞在 653 時間 )
Digital一眼レフ・水中世界(Flickr)

【 '13/06/15 針穴と水中写真 】Joint-Site
  針穴写真・掲載中
  水中写真・掲載中
http://www.adoberevel.com/

FC2カウンター

〔 作者 : きゃぴ堂

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

携帯電話でもご覧になれます!

QR

最新記事

BLOG特集記事のご案内

写真額装の考え方 1 2 3 4 5
写真額装の全作業 1 2 3 4
マットパネル加工 1 2
針穴写真機の製作 1 2 3
針穴の撮影方法 1 2 3 4
Omniscope製作 1 2 3 4 5 6
ふたつの栄螺堂 1 2 3 4 5 6
はまぎん作品紹介 1 2

カテゴリ

ぴあ映画生活ページ紹介 (14)
最近見たシアター映画 (13)
2015年 針穴写真 (9)
宮城県 (7)
山形県 (1)
2014年 針穴写真 (2)
2013年 針穴写真 (13)
宮城県 (1)
埼玉県 (1)
東京都 (3)
群馬県 (4)
2012年 針穴写真 (31)
宮城県 (4)
東京都 (11)
神奈川県 (3)
群馬県 (2)
新潟県 (3)
長野県 (1)
2011年 針穴写真 (29)
青森県 (2)
岩手県 (1)
宮城県 (7)
山形県 (1)
東京都 (4)
神奈川県 (1)
群馬県 (1)
長野県 (2)
富山県 (1)
大阪府 (2)
2010年 針穴写真 (46)
秋田県 (2)
宮城県 (13)
山形県 (1)
東京都 (5)
神奈川県 (1)
富山県 (4)
大韓民国(SEOUL) (4)
2009年 針穴写真 (25)
青森県 (5)
宮城県 (3)
福島県 (3)
2008年 針穴写真 (8)
水中写真 (13)
未分類 (5)

BLOG内検索で即JUMP!

リンク

日本針穴写真協会

針穴友の会  針穴友の会

このブログをリンクに追加する

問合せ入力ページへ

下記URLをクリック下さい。針穴人【 harianabito 】への問い合わせ入力ページに移動します。

http://form1.fc2.com/form/?id=512228

針穴のこと、自作カメラのこと、水中写真のこと、ダイビングのこと、何でもお問い合わせ下さい。日本針穴写真協会への加入方法、杜の都針穴写真部の活動についてもご案内します。

月別アーカイブ

最新トラックバック

<< 今日のハリアナ写真 >>

<< 東北の風景 >>
Powered by BlogPeople

ユーザータグ ( 2010/1/8~ )

PRO160NC ハリアナ ブローニ トリミング カメラ 針穴写真 harianabito ダイビング 慶良間 写真展 百均カメラ フィルム 仙台市 撮影 三脚 額装 針穴人 WPPD ソウル 仙台 針穴 パーマセルテープ ピンホールカメラ 広角 裏打ち JPPS 自作カメラ 新宿 写真 デジカメ BLOG 木製パネル ブログ 撮影時間 モニュメント 全紙 富山地方鉄道 スーパーファイン フリフリ バックシート 富士フィルム 天然ゴム ラテックス 杜の都針穴写真部 額縁 マット切り カッター 東大門 撮影ポイント シャッター時間  世界ピンホール写真デー 浅草 露出 ACROS 都内 クレーム 半切 太陽 フードコート FUJI 大韓民国 スキャンニング 富山 スキャナ ネット予約 VANHOUTENCOCOA クリスピア ケラマ JCT フリフリ棒 プリント せんだいメディアテーク Omniscope 透明感 有楽町 沖縄 裏打ちシート テスト撮影 水中写真 水張りテープ ネガフィルム たまや桜 4x5 合成写真 マイ桜 ブレンド写真 さくら COCOA 開花 銀塩 VAN 桜プロジェクト 弘前城 青森県 携帯電話 世界ピンホールデー サンゴ 慶留間 ゲルマ 久場 教育資料館 珊瑚 箱庭 愛好者 旧登米高等尋常小学校 水中カメラ 登米 ハウジング Nikon 産卵 デジタル カメラ・ライフ 全世界的イベント スライドシャッター ポジフィルム 玄光社 ガイドナンバー GENKOSHA ワイド写真 仙台一番町ぶらんどーむ ウェスティンホテル仙台 満開 PRO160NS 定禅寺通 商店街 東北大学片平 HOUTEN 針穴のバイブル タイトル 6x6 針穴撮影 プロ仕様 Velbon ビル影 6x10 遮光板 断食 外交官の家 MAT-45P モルディブ 装てん 水上飛行機 220フィルム 立体感 吹雪 撮影方法 Flickr 気軽 玩具 パクリ 有楽町マリオン  フリッカー 宮城県 横浜市 洋光台 手袋 白手袋 シート 剥離 ダンボール  企画展 リバーサルフィルム シワ 露光 photo はりあな ピンホール写真 仙台空港 オムニ写真 photograph はりあなびと Diving 宮城県女川町 ダイビング・ステージ・アリエル 空港 弘前市 どんと祭 火祭り 風習  Dog ワンコ 青森犬 ハリアナ写真 バリ 定規 山形 建築物 高層ビル 自作 ブローニーフィルム PROVIA ホーム 秋田新幹線 こまち 絞り JPEGファイル 距離 性能 オート 環境 解説 指標 実践編 話題 秋田駅 猛吹雪 画材屋 計測 会員 秋田市 ピンホール マミヤ 日本針穴写真協会 山手町 ダイレクトプリント 土崎  エレベータ  D300 夜間 夕日 西日 タワー 日没 フジフィルム 色の三原色 露出計 定義山 撮影地 適正露出 岩出山バルーンフェスティバル 大倉ダム 監視カメラ 東京国際フォーラム 警備員 地下街 伊勢丹 シャッター 青森市営バス パネル製作 F30サイズ 水刷毛 両面接着シート 内接ジャスト ホームセンタームサシ ピクセル 新青森駅 青森駅 141ビル ヨドバシカメラ ジェラシージェラート 理科室のオルガン ハングル 地下鉄5号線 永登浦市場 金浦空港 デミグラスソース 東大門歴史文化公園 T-money 韓国 特典旅行 青唐辛子 ウィキペディア Kodak 冷麺 醤油ベース 味噌ベース 針穴集合写真 フレーム 仙台駅東口 両替 換算 オブジェ ハングル語 地下鉄 ウォン 年賀状 ファンレター 百均 毛髪 F30 有明 大黒 不具合 若林区 震度 津波 大地震 HOLGA改造カメラ 上諏訪 信濃大町 東京タワー 花火 スカイ・ツリー 明善寺(山形市) 庄司屋 善光寺 長野市 黒部ダム 室堂 有明(長野) 松本市 揺れ 地震 ネット注文 マット切断 梱包材 マットパネル加工 落とし穴 機械加工 マット加工 伊豆市長 同姓同名 Yahoo!検索 Google検索 剥離紙 スプレーのり 共同浴場 霊湯大湯 弘南鉄道 大鰐線 中央弘前 大鰐温泉 ダークバック 大阪 阿波座ジャンクション 阿波座JCT スプール マイレージ 海外旅行 レベル補正 焼き増し 印刷用紙 濃淡見本 北陸本線 デジタル処理 時間計測 衝突 接触 接写 アングル 魚津 私鉄 富山駅 富山市 松川 塩倉橋 大和百貨店 ポイント切替 欅平 新魚津 宇奈月温泉 宇奈月 鐘釣 絞り値 シャッター速度 ヒストグラム 光の三原色 プリント依頼 帯域 板そば 自動レベル補正 演目 MC7 海底砂漠 ヤシャハゼ 噺家 DVD 渡嘉敷島 ヨドバシ ヨドバシ・カメラ 蔵王 リフト プログラム・モード アザハタ ニシバマ 阿嘉島 ダイバー BCD マンジュウヒトデ 中央通り シャッター通り 渋滞 シャッターチャンス 撮影意図 ビル 使用カメラ 東北自動車道 お盆 百円硬貨 駒形橋 東京スカイツリー 高速バス 表参道 代々木上原 120 加工 マスク 遮蔽 ホームセンター New百均カメラ 露出オーバー 施設 礼拝堂 画像処理ソフト 寺院  自己採点 モノクロ ハレーション 失敗 ゴム手袋 冷房 感性 現像 富山城址公園 県庁前公園 百円ショップ 筆箱缶 点呼 プリント裏打ちシート マット紙 薀蓄 記事 マット窓 45度 押上 剥離フィルム 引き抜き用紙 リスク 吾妻橋 105mmMacro 

BLOG全記事表示リンク

「全ての記事の表示」ページ・オープン