FC2ブログ

    針穴人【 harianabito 】

皆さん!こんにちは。 '06年からの 針穴人【 harianabito 】 の活動をブログに綴って参ります。

東京ジャーミイでハリアナ

お盆中の2010年8月15日に都内・代々木上原東京ジャーミイ に行ってきました。目的は勿論ハリアナです。行くキッカケは、xiao_shan さんの 東京ジャーミイの針穴写真 をかなり前に見つけて覚えていたというワケです。

先日 JPPS 針穴写真展2010 会場内にて、xiao_shan さんと初めてお会いする事が出来て、この方があの方なんだ~!とか、意外と若い方なんだねぇとか、妙に感激に浸ってしまいました(笑)

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

どこかで見たことがある様な写真になってしまいました。ココは都内でも有名な撮影ポイントの様で、カメラを持った見学者が私以外にも結構ウロウロしてました。同じ施設なら、よほど違った目線でないと特徴のある写真は撮れそうもありません。

・・・などと、書いたのは、結構イイ写真が撮れたんですよ(笑) その写真はこの BLOG には載せていませんが、まぁ、当分の間、お蔵入りでしょうかね(笑)

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

礼拝堂に入って左側の側面です。3分撮りました。上の写真も同じです。

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

礼拝堂入り口の上部です。なかなか旨く撮れました。これも、3分でした。

堂内は見た目には相当明るく見えていますが、実は結構暗いので果たして、3分で絵が出ているものか疑問にも思います。そこで、長めに撮ったのが下のショットです。7分間で撮りました。画像処理ソフトを使って明るく表示していますので、フィルム端が明るくなる様に「フリフリ棒による露出改善の世界」が待っているというところでしょうか。

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

この日は、日曜日でしかも終戦記念日でした。正午はココにいました。寺院内では12:15~45に礼拝があり、その時間帯は外に出て炎天下の中、周囲を撮ってました。

Tokyo Camii 東京ジャーミイ

上の写真は、6秒くらいでした。

このショットのあと、全体的に透明感が出るような「かなり露出オーバー」な写真を狙って、40秒くらいシャッターを開けてみたものの、ぜんぜん露出オーバーにならず仕舞い。いったい何分開けていたら全体が真っ白になるような写真が撮れるのでしょうか。

最後の一枚は、お蔵入りとなったショットでした。・・・不思議なことが起きたのです。私が色々考えて三脚セットした画角フレームの中に、カメラを持って外周りの天井を撮り始めた女性が、今まさに私がシャッターを切ろうとした瞬間に入ったのです。うしろ姿だったので、そのまま撮らせて頂きました(笑)

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
代々木上原 撮影ポイント カメラ 施設 礼拝堂 画像処理ソフト フリフリ棒 寺院 透明感 露出オーバー

スポンサーサイト



テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

  1. 2010/08/25(水) 22:50:00|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPPD2010せんだいメディアテーク

WPPD2010 で立ち寄った「せんだいメディアテーク」の撮影状況を紹介します。

撮影紹介の前に施設案内から。この施設は、私が住む仙台市が全額出資している財団法人運営の建物です。場所は定禅寺通 (じょうぜんじどおり) と呼ばれる欅(けやき) 街路樹 にあります。毎年9月第2土日に行われる 「 定禅寺ストリートジャズフェスティバル 」 開催エリアにあります。施設へのアクセス案内は → こちら ← をどうぞ。

WPPD2010に 「New百均6x6カメラ」 で撮った写真を載せていきます。
針穴人harianabito 】 world へ ようこそ 』

WPPD Sendai Mediatheque

館内撮影許可プレートを借りた 7Fフロア 非常階段から頭上を見上げてのワイド写真です。シャッター時間は 6秒でした。次に、同じ階段エリアを上から見下ろしたワイド写真です。このショットはこのカメラの超広角の特徴をよく出しています。

WPPD Sendai Mediatheque

階段で撮影中_1階段で撮影中_2階段で撮影中_3三脚足が写り込まずに何とか撮影できました。比較的明るい非常階段で、最初は 10分と計測しましたが、階段が黒系なので撮影中に 2分延長。その直後にさらに延ばして 15分でシャッターを閉じました。その間、私自身は写らない様にウロウロし階段を歩き回って撮影状況をデジカメ(ストロボなし)で下から撮ったりしてました。

次に、太陽が沈み館内照明が外壁ガラスに反射し始めたのを見て、撮影したのが下のシーンです。4分の撮影でした。私とカメラが写っています。左下の黒いエリアに金属反射がありますが、それがカメラです。

WPPD Sendai Mediatheque

次のシーンは、ほとんど同じポイントから左方向に向きを変えて撮りました。暗く写ってしまい、撮影時の色合いも覚えていませんでしたので、PCソフト上で「諧調の反転」をしてみました。撮影時間は、2分でした。

WPPD Sendai Mediatheque

仙台駅近くのヨドバシカメラ仙台店へ現像依頼のため、市内を撮影ポイントを探しながら移動、仙台駅近くの PARCO 9F レストランフロアから、夜の仙台駅周辺を撮りました。ガラス面から余り離さずにセットしたのにも関わらず、意外や意外! しっかりとカメラ背後のレストラン照明などが写っています。こういうのも面白いかも ( 自己満足ですね )

WPPD Sendai Station Area

「New百均6x6カメラ」と「三脚固定板」「New百均6x6カメラ」に「三脚固定板」を付けた撮影セット本日紹介の写真はすべて 「New百均6x6カメラ」 でした。今回初公開となります。本体は百均で購入したツール缶です。ブローニ・フィルムがちょうど入ります。

シャッターを切る方法は、撮影開始に手動スライドシャッターを滑らせて左の様に針穴部を開放します。撮影終了にはスライドシャッターを滑らせて閉じる、これだけです。スライドシャッターは「シャッター開閉時にブレない様にしたいため」です。このシャッターでは、「おおよそ」という感覚での 1秒が限界です。

このカメラでは PRO160NCフィルムしか使いません。例えば、ISO800 フィルムを入れて 1/8秒くらいで撮りたいと云う場面では、6x10 の「New百均カメラ」を別タイプのシャッター に交換して撮影します。【 ※ 注Ⅰ ※: 最下部参照 】

ある日、このカメラを見て(左写真の)缶穴が「可愛い!!」と云われてしまいました(笑) トリマーという工具でドリル穴を大きくする時にこの穴に偶然になってしまったというわけです。

カメラ内部は未完成です。その時その時で内容が変化しています。とりあえず、私だけが撮ることが出来ると云う、愛用の抜群カメラとなっています(笑)そのうち 「New百均6x6カメラ」という名前も「New百均フレキシブ・カメラ」などというモノに変わるかも知れません。もう少し研究して行きたいと思います。



【 ※ 注Ⅰ ※ 】 ここでお断りしますが、私は、あくまでも手動シャッターを心掛けていますので、1/8秒くらいで撮りたい場合でも手動で行っています。「機械式シャッターによる針穴撮影」や「デジタルカメラ利用の針穴写真」については、記事の掲載予定はありません。私は Nikon D300 を持っていますが、水中写真機材としての位置づけです。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
WPPD せんだいメディアテーク 仙台市 定禅寺通 針穴人 harianabito ワイド写真 カメラ スライドシャッター フィルム

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/05/05(水) 22:38:00|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年WPPDに向けて・・・

4月1日は新年度の始まりだとか・・・

私にはそれは何んら関係せず、今日のハリアナはWPPDの事をお話しましょう。

ハリアナとWPPDは深~い関係にあります。WPPDとは日本語では「世界ピンホール写真デー」なのです。普段は少し略して「世界ピンホールデー」とか云っています。私は2007年、2008年、2009年の過去3回参加しています。

世界ピンホールデー」とは何んなのか、まだご存知ない方に向けてご説明しましょう。全世界的規模の開催イベントで、参加料は毎年無料です。開催日は毎年・4月の最終日曜日となっています。今年は4月25日(日)です。世界各国での午前0時0分00秒から23時59分59秒の間にピンホール・カメラで撮った写真をインターネット上に登録(5月末までにアップ・ロード)し掲載されて、ピンホール・デーを共に楽しみましょう!!という企画イベントです。

それの何が面白いのでしょうか。世界中のピンホール愛好者がこんな写真を撮りましたよ~!って互いに同じネット・ページで見せ合うことが喜びそのものなのです。各自の毎年のハリアナ写真がネット上に残り続けることになります。賞も順位もありません。互いの評価もコメントも投票もありません。各自のブログやフリッカーに載せましたよ~って、書いて楽しんでいるだけです。

あの年はあのカメラで、あの場所で、どんな環境下で撮ったのか、各自のメモリアル的イベントです。



私の過去のWPPD参加作品を紹介しましょう。

初参加の2007年は、インスタント・フィルムで撮りました。近くの喫茶店内で何んと1時間15分も撮っていた様です。いま考えれば驚きですが、当時は真剣にそれだけの時間が必要なんだと思い込んでいたのでしょう(笑)

WPPD2007

当時は「世界ピンホールデー」のそのものは知っていましたが、私にとって縁遠い感じがしていました。WPPD開催日に撮った写真は、この1枚だけだったので、アップするか、迷ったりしました。あまり良い出来ではありませんでした。その喫茶店(仙台市青葉区米ヶ袋にある「茶茶」というお店)のママに撮ったインスタント・フィルムをすぐに差し上げてしまいました。

周りの人からの勧めもありWPPDページにアップしたものが、ネット上に残っています。同じ写真ですが → こちら ← です。私は仙台市内にお住まいのプロ写真家の黒田克夫さん(現在・日本針穴写真協会 東北支部・支部長)に針穴写真の撮影の基礎を学びました。この年のWPPDで使った針穴カメラの針穴も作って戴いたこともあり、その旨コメントを添えました。



2008年は、オール自作カメラで撮りました。その頃、まだブローニ用のカメラを持っていませんでしたので、4×5フィルム・ホルダ利用のカメラでした。前日?本当はその日になってから何とか完成した自分では多少なりとも完成度の低いカメラでした。4×5に8個の針穴部があり、確か5種類の広角の違いがあるという変わり種のカメラでした。事前に光漏れがないかなどのテスト撮影もして、いきなり本番という訳ではありませんでした。写真の中に同じアングルからの写真が8つ入っているというものになりました。

WPPD2008

いま考えると、同じカメラ位置から撮って「広角具合いの違い」を画面上で示したかったのでは?というコダワリがあったのかとも思えます。あの日の午後は、急に雲の間から太陽が顔を出し、慌てて減光用の ND4フィルター を各針穴の前にセット(何んと手持ち!)して個々にシャッターを切った事を思い出します(笑) 今だったら、事前にISO感度の低いフィルムを用意するとか、別の手段を考えるかも知れません。
ネット上にアップしたものが → こちら ← です。

写真は「The 8 Grapes at GIZAN」というタイトルにしました。GIZANとは山形県の銀山温泉です。8つの葡萄・・・何ンのこっちゃぁ?!
背景と写真を反転させ想像して見て下さい。葡萄の実が8粒あるのが判りますか~? 今でもその時に使ったアダプターが、かなり変形してますが残っています。

この写真をいまじっと見ていると、まず気が付くのが写真の中央の丸い画が一番望遠となっているのが判ります。次に温泉街の中央に流れる川(写真では掘割にしか見えません)を見る角度が写真の上方の2つの画と下方の3つの画で大きく異なっています。これにより撮影時には上下が逆に撮影されていることが理解できます。



2009年(去年)は、仙台市内の仙台文学館での撮影でした。屋外撮影でしたが、一応施設からの撮影許可はもらいました。
このブログにもその時の詳しい記事は残っています。「WPPD2009」 という撮影状況の記事と 「WPPD投稿エントリーしました」 という記事です。

WPPD2009

この写真は、日本針穴写真協会の中島さんから戴いたキャノン製のCX-60というX線用カメラを針穴に改造したもので撮っています。急に太陽が出て良いショットとなっていますが、実は、太陽が出る前にブローニ・フィルムをすでに2本くらい撮ってしまい、そろそろ帰ろうかと思っていた矢先に太陽が出たことを覚えています。



今年の「世界ピンホールデー」は、どんな写真をアップすることが出来るでしょうか。新作の自作カメラを製作し臨むつもりです。撮影フィルムは、4×5で6×6にトリミングしようかと考えています。針穴部は2箇所です。オムニ系の変形タイプというところでしょうか。

主材料は、VHココア缶です。私も会員となっています JPPS日本針穴写真協会)会員(と思われます・未だお逢いしたことがありません)xiao_shan さんBLOG ページに「・・・カメラ化のために設計されたんじゃないかと思ってしまいます・・・」と書いてあり・・・
xiao_shanさん「VAN HOUTEN ANAMORPHIC CAMERA」http://www.flickr.com/photos/xiao_shan/1374548363/
BLOG 内に三脚に固定され撮影状況が載っていたことを覚えていました。これを書きながら、フリッカー・ページを探しましたところ、その画像を見つけましたので無断で掲載します。こういうことをする為にトラックバックがあるということらしいのですが、承認を得る前に、写真タイトルは変えずに掲載させて戴きました。【後日、写真掲載をご了解いただきました。xiao_shanさん、ありがとうございました。】

完璧なパクリ・カメラでは申し訳ありませんので、ちょっと違う感じに作る事が出来れば、と考えています。

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
WPPD 世界ピンホール写真デー 世界ピンホールデー 愛好者 JPPS 日本針穴写真協会 BLOG カメラ フィルム トリミング

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/04/01(木) 23:45:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形でハリアナ(警備員から職質!笑)

本日のハリアナは山形駅西口の 霞城セントラル での1ショットです。
霞城はKAJOと読みます。地上24階の山形市内高層ビルです。

JR山形駅西口に2001年1月1日にオープン。2009年10月現在、山形市内の建築物では最高の高さのとなっています。 実は、昨年(2009年)4月までは存在すら知りませんでした。昨年5月には、このビルの23階フロアーの山形市市民活動支援センター内で 第1回杜の都針穴写真部写真展 を開催させて頂きました。

その1階フロアーでのハリアナです。どこかで見た様な感じの写真です。
山形市 霞城(Kajo)セントラル 1F

ふと、フロアーの頭上を見上げるとダウン・ライトが沢山あり、絵的に面白いかも?という撮影のキッカケです。フロアーに黄色のカメラ・バックを置き、その上に7.5センチ×11センチ×2.5センチの自作カメラ(最近の自分なりの呼び名は「New百均6×6カメラ」という位置づけです。)を無造作に置きます。

そして、デジカメを針穴カメラ面に置いてシャッター。デジカメ中心の方向を確認します。当然ながら広角の広がり方はぜんぜん想像もできないくらい広いので、中心だけの確認となります。そして、デジカメの設定でISO100にしてありますので、撮影したものの絞りとシャッタースピードを読みます。

上の撮影では、そのデジカメ・データは、1⁄8secとf2.8でした。これまた手製のと云うかどこにでもある様な、シャッター時間絞り値の2枚の紙切れをバックから取り出し、撮影時間を割り出します。・・・言葉だけでは理解できない方も居るかも知れませんので、この際、下に示しましょう。

シャッター時間と絞り値

何とかJPEGファイルとして掲載しました。上の部分はシャッター時間です。シャッター時間の目盛りの部分から「second(2)、second(1)、minute」 と書いてあるところまでです。その下の方は、絞り値の目盛りが書いてあります。上の図にマウスの矢印を移動して左クリックすると拡大のJPEGファイルが開きます。それを印刷(プリント)します。そして「second(2)、second(1)、minute」 と書かれている部分の下あたりを切って、2枚の紙切れ(2片)にします。その2片が「シャッター時間」と「絞り値」の指標となります。

この2片から、針穴カメラに合うシャッター時間が割り出せます。

<あっという間に時間となりましたので、次回とします。>

【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
山形 建築物 高層ビル 自作 撮影時間 シャッター時間 絞り JPEGファイル 指標 カメラ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/03/18(木) 23:40:00|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真額装 ~その4~ マット切り作業(2)

昨日に続き、写真額装 ~その4~ マット切り作業(2) という話題です。

マット裏面にカット・ラインを引く ←作業台に何か保護する敷物か厚紙を置いて、その上にマットを裏側にして置きます。定規でマット端からのマット窓寸法のラインをなるべく細い鉛筆で引きます。私は手元の2H鉛筆を使っています。これが『マット切りのカット線』となります。左の写真は画質が荒くてよくわからないと思いますが、四辺の『マット切りのカット線』を引いたところです。太く強く書く必要はありません。細くても構いませんが「揺らぎのない」直線で引きます。

二辺が交差する箇所は交差してから2cmくらいずつ余分に引きます。

マット切りのセットのしかた ←次に、昨日マット切りの環境で紹介した場面でのカッター・マットと1m定規の間に対象のマットを入れます。マットを置く方向は、左の画像では常にマット端となる方向が左側となります。その上にマット切り用カッター(MAT-45P)を置きます。

型番の45とは45度の角度でマットを切断するという意味です。先ほど引いた直線からカッター刃が入り込み、マット端方向に45度の角度で切断するという訳です。つまりマット厚分を切断するのではなく、マット厚×√(ルート)2=1.41倍の厚さとなります。相当な厚さです。



【 質問 1 】これを何回で切ると思いますか?(答:)男性の力では3~4回に分けて切るのがやっとです。・・・そうなんです。このマット切りには力が必要なのです。非力な女性ならば、5~6回で切るつもりでカットする必要があります。

次に【 質問 2 】最初の1回目は、どのくらいの深さに刃を入れますか?(答:)私は2~3mmにとどめています。例えば、定規を当てて薄いプラスチック板をカッターナイフで切断しようとします。力任せに切ろうとすると、最初はうまく切れ始めても、途中でぐにゃりと曲がってそれてしまいます。それと同じイメージです。

マット切りの技は、最初にカッター刃をマットに入れて切り始める段階では、余り力を入れずに、『マット切りのカット線』から離脱させずに、カッター溝を作るイメージである程度浅めに、一定のスピードで、持続してまっすぐに、最後まで一度も休むことなく、カッター刃を動かせるか、に懸かっています。



( 赤字体箇所を 2010年8月6日に追記しました )

線が交差している2箇所でマット切り用カッターの刃先がちょうど『マット切りのカット線』に触れる様に何度かマット(紙)を動かし調整します。交差2箇所とも刃先が合ったらそこでマット(紙)の調整は完了です。マット(紙)の調整位置を維持保存するため、パーマセルテープなどでカッターマット台や作業机などに固定させます。少なくても2箇所以上、長辺を切る場合には6箇所くらい貼り付けます。

次に1m定規が「宙ぶらりん」状態なので、『マット切りのカット線』に合わせて定規を固定させる意味で、マット切り用カッターの刃先を『マット切りのカット線』に合わせる事ができる様に定規の位置を左右にずらしながら、パーマセル・テープで定規をマット(紙)に固定させます。最初に線が交差している2箇所をマット切り用カッターの刃先がちょうど『マット切りのカット線』に触れる様に定規の位置を動かして合わせた位置でパーマセルテープなどで定規をマット(紙)やカッターマット台や作業机などに固定させます。長辺を切る場合には、線が交差している2箇所の他に、あと2~3箇所、定規の位置をパーマセルテープなどで定規をマット(紙)などに固定させます。赤字体箇所はとても重要でした。2010年8月6日私はこれを怠ってマット紙を1枚失敗させてしまいました。

パーマセルテープなどを貼っても、完全な固定ではないので、定規は左右に多少の遊びがあります。写真の上端から下方向にマット用のカッターを滑らせて行きます。カッター刃が『マット切りのカット線』から離れない様に、刃の動きに注目しながら定規を右方向に押したり、マット切り用カッターを左方向に押したりして左右に調整しつつ、先程の技を実践します。

最初のカットは余り力を入れていないので、マット裏面の上を滑らせてマット切り用カッターを上から下へ動かすことが出来ます。交差2箇所の外方向にも2cmくらい余分に刃を入れます。

1回目に深く刃を入れ過ぎると、カッターが暴走して制御が利かなくなり、どんどん『マット切りのカット線』から離れて行き、取り返しの効かない状態に陥ってしまいます。『マット切りのカット線』から離れたカッター溝は修正することは出来ません。

次に、2回目のカッター刃の進め方です。2回目はかなり大胆に1回目のカッター溝に刃を入れながら深めにしてマット(紙)を切ります。イメージとしては約3~7割程度の深さです。女性の場合は3割程度でしょうか。ここでマット切りをした人は気が付くでしょう。カッター溝から一度も外れずに移動し安心感が出てきます。多少深く刃を入れてもカッターは暴走しません。それでも無理せずに力を温存します。この段階からは1m定規は、ただ添えるだけのモノになります。

3回目は8~9割の深さとなります。あるいは最後までカッター刃を上から押さえ付けて全てを切り落とせる場合も出て来ます。マットの表側にはカラー部分の別な紙が貼りつけてある様なので、最後にそれをきちんと切り落とすイメージが必要です。

最後の4回目は、カッターを入れる全スパンで最後まで(マットの表面まで)カッターの刃が抜き通せたかを感じ取ります。大丈夫だという確信がないまま、マット(紙)を取り外してしまい結果的に切れていない場合には、再度セットして切り抜かなくてはなりません。多少の誤魔化しは可能です。

交差2箇所の部分は、うまく切らないと4つの角が切り落とせなくなります。交差する直線を完全に過ぎるまでマット切り用カッター刃を押し進めれば、角部分は簡単に切り落とせます。一辺切り終えるたびにマット表面まできちんと切れているか確認します。

マット切りの完了! ←そうやって、四辺とも切り落としたものが左の写真です。かなり右腕が痛くなって疲れました。今回は慎重に処理した事もあって中々素晴らしい状態にマット切りが出来ました。

やはり慣れが経験となってより良い結果を生むような気がしています。



額装の完了! ←額装した状態の作品です。全紙で6×6にマット切りしています。ワイン・レッド色のマットを初めて使用しました。この作品は横浜市内での写真展会場に展示されます。作品は横浜市内撮影で「山手町16番地」とタイトルしました。どうぞ作品・額装とも会場にてご覧下さい。このブログの別ページに写真展の案内を載せていますが、こちらのページにも再掲載します。

作品は、マミヤ RB67 電動フィルムホルダーの6×8で撮影したものを6×6にトリミングして、リバーサル・フィルムからダイレクトプリントしたものです。

写真展会場の場所は、横浜市洋光台駅近くの 「 はまぎんこども宇宙科学館 」 です。「ピンホールカメラと☆キラリ☆光のあそび展」という企画展で、3月6日(土)より6月13日(日)の長期間開催されます。詳しくは、私が会員となっています 日本針穴写真協会の紹介ページ をご覧下さい。  ( 「はまぎんこども宇宙科学館」の 【 過去の 】 企画展紹介ページは、→ こちら ← です。 )  この企画展は、日本針穴写真協会 が全面的に協力して開催されるもので、40点のハリアナ写真が展示されます。私のハリアナは5点展示されることになりました。当初は新作2点だけ出す予定でしたが、さらに3点追加することにしました。

作品展示するものは5点です。全紙3点、四切2点で、うち全紙2点は新作額装です。



以上4回にわたって「写真額装」と題し私の know-how の全てを曝け出しました。なお、私の know-how をそのまま実践されるか否かは、自己の判断と責任において実行して下さい。結果として被害に合われた場合でも、当方は一切の責任を負いません。



☆写真額装の作業は、下のページをクリックください。別Window が開きます。
  「プリントの扱い方」  「裏打作業」  「マット切り作業(1)」  「マット切り作業(2)



【 この記事の BLOG TAG 】(10-TAGまで):
ピンホールカメラ ピンホール カメラ 山手町 会員 撮影 マミヤ トリミング ダイレクトプリント ブログ

テーマ:ピンホール - ジャンル:写真

  1. 2010/02/25(木) 23:20:00|
  2. 2010年 針穴写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

針穴人【 harianabito 】

Author: 針穴人【 harianabito 】
仙台市青葉区 在住
male ・ wife, 2-sons, 1-daughter


針穴写真暦 9 年
日本針穴写真協会 会員
杜の都針穴写真部 所属

harianabito[@]infoseek.jp まで[ ] を外してお便り下さい

☆...その他にこんな事も...☆
水中写真暦 21 年
ダイビング暦 780 本
( 水中滞在 653 時間 )
Digital一眼レフ・水中世界(Flickr)

【 '13/06/15 針穴と水中写真 】Joint-Site
  針穴写真・掲載中
  水中写真・掲載中
http://www.adoberevel.com/

FC2カウンター

〔 作者 : きゃぴ堂

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

携帯電話でもご覧になれます!

QR

最新記事

BLOG特集記事のご案内

写真額装の考え方 1 2 3 4 5
写真額装の全作業 1 2 3 4
マットパネル加工 1 2
針穴写真機の製作 1 2 3
針穴の撮影方法 1 2 3 4
Omniscope製作 1 2 3 4 5 6
ふたつの栄螺堂 1 2 3 4 5 6
はまぎん作品紹介 1 2

カテゴリ

ぴあ映画生活ページ紹介 (14)
最近見たシアター映画 (13)
2015年 針穴写真 (9)
宮城県 (7)
山形県 (1)
2014年 針穴写真 (2)
2013年 針穴写真 (13)
宮城県 (1)
埼玉県 (1)
東京都 (3)
群馬県 (4)
2012年 針穴写真 (31)
宮城県 (4)
東京都 (11)
神奈川県 (3)
群馬県 (2)
新潟県 (3)
長野県 (1)
2011年 針穴写真 (29)
青森県 (2)
岩手県 (1)
宮城県 (7)
山形県 (1)
東京都 (4)
神奈川県 (1)
群馬県 (1)
長野県 (2)
富山県 (1)
大阪府 (2)
2010年 針穴写真 (46)
秋田県 (2)
宮城県 (13)
山形県 (1)
東京都 (5)
神奈川県 (1)
富山県 (4)
大韓民国(SEOUL) (4)
2009年 針穴写真 (25)
青森県 (5)
宮城県 (3)
福島県 (3)
2008年 針穴写真 (8)
水中写真 (13)
未分類 (5)

BLOG内検索で即JUMP!

リンク

日本針穴写真協会

針穴友の会  針穴友の会

このブログをリンクに追加する

問合せ入力ページへ

下記URLをクリック下さい。針穴人【 harianabito 】への問い合わせ入力ページに移動します。

http://form1.fc2.com/form/?id=512228

針穴のこと、自作カメラのこと、水中写真のこと、ダイビングのこと、何でもお問い合わせ下さい。日本針穴写真協会への加入方法、杜の都針穴写真部の活動についてもご案内します。

月別アーカイブ

最新トラックバック

<< 今日のハリアナ写真 >>

<< 東北の風景 >>
Powered by BlogPeople

ユーザータグ ( 2010/1/8~ )

PRO160NC ハリアナ ブローニ トリミング カメラ 針穴写真 harianabito ダイビング 慶良間 写真展 百均カメラ フィルム 仙台市 撮影 三脚 額装 針穴人 WPPD ソウル 仙台 針穴 パーマセルテープ ピンホールカメラ 広角 裏打ち JPPS 自作カメラ 新宿 写真 デジカメ BLOG 木製パネル ブログ 撮影時間 モニュメント 全紙 富山地方鉄道 スーパーファイン フリフリ バックシート 富士フィルム 天然ゴム ラテックス 杜の都針穴写真部 額縁 マット切り カッター 東大門 撮影ポイント シャッター時間  世界ピンホール写真デー 浅草 露出 ACROS 都内 クレーム 半切 太陽 フードコート FUJI 大韓民国 スキャンニング 富山 スキャナ ネット予約 VANHOUTENCOCOA クリスピア ケラマ JCT フリフリ棒 プリント せんだいメディアテーク Omniscope 透明感 有楽町 沖縄 裏打ちシート テスト撮影 水中写真 水張りテープ ネガフィルム たまや桜 4x5 合成写真 マイ桜 ブレンド写真 さくら COCOA 開花 銀塩 VAN 桜プロジェクト 弘前城 青森県 携帯電話 世界ピンホールデー サンゴ 慶留間 ゲルマ 久場 教育資料館 珊瑚 箱庭 愛好者 旧登米高等尋常小学校 水中カメラ 登米 ハウジング Nikon 産卵 デジタル カメラ・ライフ 全世界的イベント スライドシャッター ポジフィルム 玄光社 ガイドナンバー GENKOSHA ワイド写真 仙台一番町ぶらんどーむ ウェスティンホテル仙台 満開 PRO160NS 定禅寺通 商店街 東北大学片平 HOUTEN 針穴のバイブル タイトル 6x6 針穴撮影 プロ仕様 Velbon ビル影 6x10 遮光板 断食 外交官の家 MAT-45P モルディブ 装てん 水上飛行機 220フィルム 立体感 吹雪 撮影方法 Flickr 気軽 玩具 パクリ 有楽町マリオン  フリッカー 宮城県 横浜市 洋光台 手袋 白手袋 シート 剥離 ダンボール  企画展 リバーサルフィルム シワ 露光 photo はりあな ピンホール写真 仙台空港 オムニ写真 photograph はりあなびと Diving 宮城県女川町 ダイビング・ステージ・アリエル 空港 弘前市 どんと祭 火祭り 風習  Dog ワンコ 青森犬 ハリアナ写真 バリ 定規 山形 建築物 高層ビル 自作 ブローニーフィルム PROVIA ホーム 秋田新幹線 こまち 絞り JPEGファイル 距離 性能 オート 環境 解説 指標 実践編 話題 秋田駅 猛吹雪 画材屋 計測 会員 秋田市 ピンホール マミヤ 日本針穴写真協会 山手町 ダイレクトプリント 土崎  エレベータ  D300 夜間 夕日 西日 タワー 日没 フジフィルム 色の三原色 露出計 定義山 撮影地 適正露出 岩出山バルーンフェスティバル 大倉ダム 監視カメラ 東京国際フォーラム 警備員 地下街 伊勢丹 シャッター 青森市営バス パネル製作 F30サイズ 水刷毛 両面接着シート 内接ジャスト ホームセンタームサシ ピクセル 新青森駅 青森駅 141ビル ヨドバシカメラ ジェラシージェラート 理科室のオルガン ハングル 地下鉄5号線 永登浦市場 金浦空港 デミグラスソース 東大門歴史文化公園 T-money 韓国 特典旅行 青唐辛子 ウィキペディア Kodak 冷麺 醤油ベース 味噌ベース 針穴集合写真 フレーム 仙台駅東口 両替 換算 オブジェ ハングル語 地下鉄 ウォン 年賀状 ファンレター 百均 毛髪 F30 有明 大黒 不具合 若林区 震度 津波 大地震 HOLGA改造カメラ 上諏訪 信濃大町 東京タワー 花火 スカイ・ツリー 明善寺(山形市) 庄司屋 善光寺 長野市 黒部ダム 室堂 有明(長野) 松本市 揺れ 地震 ネット注文 マット切断 梱包材 マットパネル加工 落とし穴 機械加工 マット加工 伊豆市長 同姓同名 Yahoo!検索 Google検索 剥離紙 スプレーのり 共同浴場 霊湯大湯 弘南鉄道 大鰐線 中央弘前 大鰐温泉 ダークバック 大阪 阿波座ジャンクション 阿波座JCT スプール マイレージ 海外旅行 レベル補正 焼き増し 印刷用紙 濃淡見本 北陸本線 デジタル処理 時間計測 衝突 接触 接写 アングル 魚津 私鉄 富山駅 富山市 松川 塩倉橋 大和百貨店 ポイント切替 欅平 新魚津 宇奈月温泉 宇奈月 鐘釣 絞り値 シャッター速度 ヒストグラム 光の三原色 プリント依頼 帯域 板そば 自動レベル補正 演目 MC7 海底砂漠 ヤシャハゼ 噺家 DVD 渡嘉敷島 ヨドバシ ヨドバシ・カメラ 蔵王 リフト プログラム・モード アザハタ ニシバマ 阿嘉島 ダイバー BCD マンジュウヒトデ 中央通り シャッター通り 渋滞 シャッターチャンス 撮影意図 ビル 使用カメラ 東北自動車道 お盆 百円硬貨 駒形橋 東京スカイツリー 高速バス 表参道 代々木上原 120 加工 マスク 遮蔽 ホームセンター New百均カメラ 露出オーバー 施設 礼拝堂 画像処理ソフト 寺院  自己採点 モノクロ ハレーション 失敗 ゴム手袋 冷房 感性 現像 富山城址公園 県庁前公園 百円ショップ 筆箱缶 点呼 プリント裏打ちシート マット紙 薀蓄 記事 マット窓 45度 押上 剥離フィルム 引き抜き用紙 リスク 吾妻橋 105mmMacro 

BLOG全記事表示リンク

「全ての記事の表示」ページ・オープン